外観から想像できないほどに広々とした空間を持つ家です

東京都杉並区でユニークな家を発見しました。

びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。なんでも、ここは、川と道が鋭角に交わった三角形の敷地であり、様々な制約の中でプランニングされたとのこと。

でも、さらにびっくりしたのが、その室内空間。写真を見せてもらうと、想像もできないくらいに広いんです。

開放感あふれる室内空間

Photo by 谷川ヒロシ

ご夫婦と小さな女の子。三人が住んでいる居住スペースには、住みやすそうな工夫が随所に見られます。

■ダイニングキッチン

Photo by 谷川ヒロシ

階段を上がり二階へ。三角形の底辺にあたる平面的に一番広いスペースにダイニングキッチンはありました。屋根に向かって広がる天井の高い空間は、とても気持ちがいい!

■リビング

Photo by 谷川ヒロシ
Photo by 谷川ヒロシ

建物の中央部は、天井が低くなっていますが、その両側の壁は、全面が窓。片側の窓を開ければ外側のベランダとつながります。内と外の境界がなくなると一気にオープンに。これは、リラックスできそう。

■予備室

Photo by 谷川ヒロシ
Photo by 谷川ヒロシ

三角形の頂点にあたる空間。大きな窓からの明るい光が、開放感を与えてくれます。予備室からの眺めは、仕切りがない分、かなり縦に距離がある印象に。しかも、この空間の真下が駐車場となっているのもポイント。

■ロフト

Photo by 谷川ヒロシ
Photo by 谷川ヒロシ

建物の中央上部には、ロフト。そこには、2つの大きな天窓が設置されています。川を見下ろしたり、空を仰ぎ見ることも!ロフトの奥は、ダイニングキッチンとつながっているので広々と感じられます。

外観からは…
やはり想像できない

Photo by 谷川ヒロシ

このギャップ、スゴいですよね。

外観からは、いくら想像力を膨らましても、広々とした室内を想像することはできません。

限られた土地で豊かに暮らす。そこはアイディアで解決できるんですね。もし、将来、家を建てるなら、是非、参考にしたいと感じました。

Licensed material used with permission by 水石浩太建築設計室
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
ジャカルタから少し南にあるこの家。2006年より政府の住宅プロジェクトとして未来の住むこと、働くこと、誰かに会うことを考えて改築されてきました。人口が増え...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナブルな...
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
これは、メキシコのデザイナー、Juan Carlos Ramos氏が描いたモダンなピラミッド形住宅のコンセプト。ビジュアルインパクトがかなり大ですが、住み...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...