春の模様替えには「グリーンを置く」が一番でしょ

新生活がはじまり、毎日バタバタと慌ただしくしていても、しっかりと季節感は感じていたい。

休日に模様替えをしよう。ガラッとあちこち変えなくたって、部屋のどこかに植物を取り入れるだけで春の新緑を感じられる。置くだけでカンタンな上に、雰囲気はだいぶ違って見えるのだ。

ただいま!一番好きな場所は玄関です

5ed319c5c3c18047b6ed94465ce042c9330c87a1

観葉植物を並べるだけで玄関はパッと賑やかになる。声をかけていると愛着も湧いてくるから不思議。

陽が当たりづらく空気がこもりやすいなら、サンスベリアなどはおすすめ。耐陰性があり、水やりも月一回くらいで大丈夫。

テラス席気分でお茶する幸せ

50f91e3767ee0ee0f583680210b1ff08a4b3e55e

テーブルの雰囲気をもっと開放的で軽やかに。ポイントは透明感。

折れてしまった観葉植物を、透明な瓶やグラスに水挿しするだけでもOK。新しい根っこが出て鉢に移せるものもあるので一石二鳥。エアプランツを直置きしてもいい感じ。

アートスペースをつくっちゃえ!

91b89305241263aa08376cc0fa2e4e236904cb7f670482fe270196b57215b4e5fd442c048328893e

オブジェを置く感覚でキャラクターのある植物を。サボテンだけでなく、つたが伸びて広がるアイビーなどを合わせてちょっとだけ色気をプラス。お気に入りの鉢カバーをアレンジして遊んでも楽しい。

一日のはじまりとおわりは
みどりを感じる寝室で

Ce7dead22407823267f88037080804ed784b1400A3072a93cb0207a4535eb6dbf4d563fdf533cd7d

目覚めてすぐ、みどりが目に入ってくるって嬉しい。寝る時にもなんだか胸がスッとする。

部屋の高いところは乾燥しやすいので、寝室にハンギングするなら、乾燥に強い植物のほうがベター。つるが伸びるホヤは動きがでやすく、花も咲く。S字フックでカーテンレールや棚にかけて試してみよう。

ちょこんと佇んでいる
それだけで元気がでます

0cad9e5d55f53f133ecf283abdd2b97b86c2e4fb

顔を洗ったり、ハミガキをしたり。目の前にいる自分とにらめっこする時間が、ぼんやりとみどりを眺める時間に変わる。活力って、こういう小さなところからも生まれる。

ワイヤープランツやグリーンネックレスは、水挿しして増やせる。水のあげ過ぎには要注意。

なんちゃって菜園でキッチンを華やかに

51566101ab1572f1266b35a6ce5f38a922697bff

気分次第で、まな板を叩くリズムだって軽やかになる。ミントなど、ハーブを置いておくと便利だし、心にもゆとりを持てる。

ってな具合で、模様替えのアイデアひとつで心は弾むものだ。休日にパートナーと協力して、どう工夫しようかと頭をひねるのも刺激的。

冷蔵庫の中も模様替えしちゃう?

C3d18e543ff7407a3b333ec35c87b137f0e7d6de

軽くひと仕事終えたら、サクッとパスタでもつくってビールで乾杯!ほっと一息つくなら“いつもとは一味違う一番搾り”で。春を感じるデザインがいいでしょう?

27a8f7f3acd163a246760a5b4bcdfabd78e4a2e1

アートディレクター・森本千絵氏がパッケージをデザインした「一番搾り 若葉香るホップ」は、春の模様替えにぴったり。菜の花やセリを使ったパスタと一緒に合わせたい、麦のうまみと調和したさわやかで上品なフローラル・グリーンの香りが特徴だ。

61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdcDfa2a080c2ec149d28c7b53228e4fabeebdda8c45525cc282de17056fe8dba6373acef96ea13c8d6

ひと休みしたら、夕方から映画でも観に行きたいね。

サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
湿気などの影響で、嫌なにおいが出る場合もあるでしょう。そんなときは、空気中の水分で育つ植物を置いてみるといいかもしれません。「Food52」で、植物学者の...
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
観葉植物を育てている人ならではの悩み。それは、「ジョウロをしまう場所」。結構邪魔なんですよね〜。
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
「シンプル・イズ・ザ・ベスト」。世の中には素敵なデザインがたくさんあるけれど、色んなものを見れば見るほど、結局はベーシックなのが一番いいな、と原点に落ち着...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。簡単に「部...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
ただ壁に掛けるだけでもよし。大きなガラス窓を背景にすれば、空間に枝葉が浮かんでいるような演出も。もちろん、本物のグリーンと合わせてもステキ。
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...