愛を失った男と、その甥の、特に何も起こらない「無愛想」な映画。

『タクシードライバー』、『イングリッシュ・ペイシェント』に『シングルマン』。愛を失った男を描いた映画って、これまでどれほどたくさんあっただろうか。

アカデミー賞を二冠した話題作『マンチェスター・バイ・ザ・シー』も、悲しみに沈むひとりの男が主人公。だけど、他の作品とは少し違った、なんだか無愛想な1本だ。

なぜなら、それがドラマチックな展開からは程遠い、驚くほどに「単調」な作品だから。なのにどうして、観た後こんなにも心が溶けそうになるんだろう?

美しき港町の
平凡な日常風景

037edeeec683d27b12ec80a077cbbd4641d7a811
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

ケネス・ロナーガンが監督したこの映画は、マット・デイモンをプロデューサーに置き、ハリウッド常連俳優であるケイシー・アフレック(本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞)を起用するなど、正真正銘の商業映画。でも期待とは裏腹に、描かれるのはある男、ある家庭の静かな日常風景そのもの。

7869c2fc37dfea69a5a99ca640bdf4cb6ba450c8
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.
舞台は冬、静かな海辺の街・マンチェスター。作り込まれたものは一切ないこの場所は、美しくもどんよりしていて、なんだか悲しさが骨にまで沁みそうだ。
2340d5290155c5ef872f6bb95f7085d341d334fd
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

主人公リー・チャンドラーは、感情を失った人形のような男。だけどひとたびこの平凡な街に来ると、時折しんどいくなるくらいに人間らしくなる。明るい伯父としての素顔があったかと思えば、怒りに任せてものに当たったりもする。

ストーリー自体は静かで多くを語らない、でもその情景が、私たちにたくさんのことを考えさせる。そんなぶっきらぼうさに心が惹かれた。だってここ最近、そういう映画に出会ってなかったから。

「単調」だからこそ
ストレートに胸に突き刺さる

9cfed1895a640391ddf701b5e755b144aefdd03b
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

「兄の死」というひとつのイベントをきっかけに故郷に返り、悲しい過去と向き合うリー。そんな彼が甥のパトリックとしばらく過ごすことになったという、シンプルな出来事を描いたストーリー。

ふたりは、お互いの傷を舐め合ったり励まし合ったりしない。急にたくましい大人に成長することもないし、人生を再出発させる恋なんてものも一切現れない。

それでも一緒に生活していくうちに、些細な喧嘩をしたりジョークを飛ばしあったりする。たったそれだけの何気ない日常だけど、人生において喜びを諦めなくてもいいんじゃないかと思える、ちょうどいい温かさがある。

「単調」だからこそリアルで、リアルだからこそ鈍く心に突き刺さる。

決して現実離れしない展開が、心が溶けそうになるほど共感できる秘密かもしれない。この作品が私たちにくれるもの、それはきっと「癒し」に似た感情だと思う。

マンチェスター・バイ・ザ・シー

5月13日(土)より、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー。
Licensed material used with permission by マンチェスター・バイ・ザ・シー
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
ここで採り上げるのは、2019年にファイナルシーズンを迎えるアメリカの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のネタバレ対策です。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
1990年〜1991年まで放送され、世界中で大人気だったアメリカのテレビドラマ『ツイン・ピークス』ですが、その25年後の世界を描いた新作が『ツイン・ピーク...
これは、指を動かす感覚と同じだろうか? それとも、まったく違う? 本人に聞いた。
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
大画面を映し出してくれる「Cinego」は、ヘッドセットタイプのデバイス。ディスプレイが現れるのは20m先で、そのサイズは400インチ。これなら、映画館さ...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
ひと言で「いい男」と言っても、その捉え方は様々です。映画やドラマに出てくる男性像をイメージするかもしれませんし、父親や上司など身近な人を思い浮かべる人もい...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
殺人事件の現場に引かれる白い線。そんな現場に立ち会ったことがなくても、刑事ドラマなどで見たことがある人も多いはず。あれは、遺体の状況を白線で記しておくと、...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
Iñaki Aliste Lizarraldeさんは、スペイン在住のインテリアデザイナー。映画やドラマ好きが高じて、名作に登場する家の「間取り図」を描き起...
激しい愛、官能的な描写、そして、胸を締めつけられるような結末ー。大人の恋愛映画をお家芸とするフランスから、待望の傑作がやってくる。それが『モン・ロワ 愛を...
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...