そのサービスを知ると、何枚も欲しくなるポロシャツ

夏のワードローブはラフに着れるアイテムが多くなりがち。うだるような暑さでは仕方のないことでしょう。ただ、今日はかっちりスタイルでいきたいって時に何を着ようか迷うんですよね。Yシャツを引っ張り出すほどでもない、かといってTシャツだとカジュアル過ぎるし……なんて。

そういう場面で活躍するのがポロシャツです。

フォーマルにもカジュアルにも◎
夏の優秀アイテム

B91a7ecb91021efff53af759779baf66a316ee699bc63f1272979ed22d7393ad4b48ccf7db1fd097325895739a2c503ad7df5b994a3bd4bf7d1da331

清潔感と上品さを演出できる、つまり知的な印象をつくれるポロシャツはフォーマルなコーディネートにぴったり。実際、ビジネスシーンでもスーパークールビズの期間中は着用が許可されていますよね。

一方、休日のお出かけスタイルにも気軽に取り入れられるという適度なカジュアルさも兼ね備えているので、夏に1枚、いや、何枚あっても重宝する優秀アイテムだと思うんです。

2732208436c2bb694ef0806449e1bd173ebae0cf

じゃあ、実際どこのがいい?ってなれば、30年以上世界で愛されてきたアメリカ生まれのカジュアルウェアブランド『LANDS’ END(ランズエンド)』のヘリテージ・ポロが間違いないと思います。形やカラーのバリエーションがとっても豊富なうえ、約300種類以上のなかから好みの刺繍を選べば世界にひとつだけのオリジナルポロをオーダー可能。
「人と被るのはちょっと……」という人におすすめの、遊び心あふれる楽しいアイテムなんですよ。

44d1bcd4b77510ff3eee0283ee11f51d86636d64

たとえばこんな組み合わせはどう?

ヘリテージ・ポロと刺繍のパターンを掛け合わせると、できる組み合わせはざっと数万通り。そんなにあったら逆に悩みますよねってことで、こちらでいくつか組み合わせを考えてみました。

01.
不動の人気ネイビーこそ、
オリジナリティを出す絶好のチャンス

Bc6cec99f348ed2c527ed6a43f1d3702953f7793

それ自体で知的なイメージをつくれるポロシャツですが、なかでも正統派のネイビーはその効果が断トツ。『LANDS' END』のイニシャルで遊びごころをプラス。ボトムスはチノパン、足元はブラウンのレザーシューズを合わせてカジュアルシックに決めてみては?

02.
「爽やか」を追求したら、こうなりました。

8b24e7c6a90f5d4c41378c3284bbf85d6066b019

スリムフィットのホワイトにシンプルなゴルフマーク刺繍。これ、「爽やか」としか言いようがありません。少しヌケ感が欲しくてデニムを合わせたのに、しっかりキレイに仕上がっちゃいました。

03.
バラの刺繍でさり気なくキュートさを主張

540d61a68d3ffd3b88a2a589f17001e8682c1270

薄めのグレーヘザーは着回しが効くので、夏のワードローブに1枚持っておくべき。「無地だと寂しいし刺繍を入れたい」となれば、左裾にキュートなブルーローズをさり気なくあしらって小洒落た感じにするのはいかが?

04.
意外とハマる、大人のアメカジスタイル

65ae8d1e969cd830ac48e1c5eb09e07e729a3527

ネイビー×ホワイト×レッドのボーダーにエンブレム刺繍。茶目っ気があるペールグレーヘザーストライプには白のパンツを合わせて。洗練された大人のアメカジスタイルが完成です。

05.
夏の勝負カラーはこれでどう?

Bb2a2def878a915215d54c82f5cb699b3233b622

難易度高めに思えるグリーン系ですが、じつは日本人に合う色なんですよ。なかでも、ラグナディールは落ち着きがあるので、「色味のある洋服はあまり着ない」という人もチャレンジしやすいでしょう。

洗濯を繰り返しても、
キレイな見た目が長持ちする

ポロシャツって結構型くずれが気になるアイテムですよね。でも、上質かつ丈夫な着心地、と先述した通り、ヘリテージ・ポロには「毛玉ができにくい」「色あせしにくい」「型崩れしにくい」という3つの特徴があり、洗濯を繰り返してもキレイな見た目が長持ちします。
さらに、綿100%の鹿の子ニットなので汗の吸収力も◎。

遊び心があって機能性も言うことなし、それでいて価格は超リーズナブル(!)。あなたもさっそく1枚カスタムオーダーしてみませんか?来る父の日のプレゼントにしても、喜んでもらえるはずです。

33af2705ad3634284bccae5135cff4da2d0957af
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
2010年に生誕60周年を迎えた、大ヒット漫画『ピーナッツ』。同年、それを記念して、「ラコステ」との初のコラボレーションが実現しました。そして、迎えた20...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
刺繍アーティストのDanielle Cloughが作品を編みこむキャンバスとして選んだのは、なんとビンテージ品のテニスラケット!ガットに糸を通してカラフル...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
「ストレス発散」といえば。ショッピング?美味しいもの?いやいや、それで満足できる?モスクワ発の「Destroyery」は、お金を払って鈍器で好きなだけセッ...
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
「Amazon Key」の問題点は、知らない人を自宅に入れなければいけないこと。だけど、この「BoxLock Home」は、セキュリティを第一に考えている...
「復讐してやる」とまで本気で思わなければ、こんなの無縁のサービス。でも、必要としている人にとっては、この上ないお返しができてしまう。しかも、その手を汚すこ...
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
あなたの恐いものは何ですか?もしそれがなかったら、何をしますか?そんな質問を、世界中の人にぶつけてみました。中には「恐いもの」に対する年長者からのアドバイ...
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
いまや髭は、髪型と同様に立派な個性の表現方法として認知されています。とはいえ、顔立ちの問題もあってか、“モフモフのあご髭”に挑戦する日本人は少ないですよね...
今年こそ“先延ばし癖”を直すために、何をするべきなのか。それを調べてみたんですが、いろんな人のスピーチや研究結果・調査をみても結局は、自分自身が「先延ばし...