人生に悩んだとき、「表題だけ」読んでください。

想像してみてください。

もしも、うまくいかないことがあったとき、落ち込んでいるとき、自暴自棄になっているとき、悲嘆にくれるとき、誰も信用できない気分のとき…通りがかりの本屋に立ち寄ったとします。

あなたが手に取りたいと思う本の表題には、どんな言葉が添えられているでしょう。不安定な心に穏やかさを取り戻し、人生のヒントがつかめるような、奮い立つメッセージがイメージできますか?

大切なのは、中身よりもその印象
#01

『アナタがとうに忘れた「夢」のすべて』

#02

『結局、最後はいかにオモシロいことができるか』

#03

『どこへ何の目的でいくかなんて、考えなくていい』

#04

『言い争いをすべてパフォーマンス・アートにしてしまう方法』

#05

『イヤなことでも目を背けない。けれど翌朝にはすべて忘れてしまおう』

#06

『自分を許すための目覚め方』

#07

『いかにして“鈍い少年”を演じるか』

#08

『“虚しさ”に立ち向かうための仕事術』

#09

『自分のことを気にかけてくれない人たち。第1集』

#10

『現実逃避のすべて』

#11

『一瞬で台無しにして、やり直す方法』

#12

 『リラックスした状態で、毎晩自分にフシギな話をする方法』

#13

『いかにして、本来あるべき自分へとシフトするか』

#14

『バカのすすめ』

#15

『なぜ、他人の夢を叶えるための貴重な時間を費やすことが重要なのか』

#16

『I don't know ──真実を知らない人のための真実の物語』

#17

『どこにも行けない人のためのフィールドガイド』

#18

『他人の愛しかた、愛されかた』

#19

『キツツキのユウウツ』

#20

『人生の本質を知ってしまう前に、いかにして楽しむべきか』

#21

『何も得られないと分かっていても期待し続ける方法』

誰かの心に寄りそう
「セルフヘルプ」な表題

ここに紹介した本は、現実にはどれも存在しない架空のもの。なぜなら、50年近く前の本やノートの表紙に、タイトルだけを描いた作品だから。でも、たとえ内容がまったく別物でも、本のページがすべて白紙だったとしても、表題だけで誰かのキモチに寄り添うことができるのではないか…。

コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士(サイコセラピスト)としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理、恐れを具現化するプロジェクトを続けています。

生きていく上でのさまざまなトラブルや、悩みを抱えた人が、専門家の助けを借りずとも、自分(あるいは当事者)で解決していく。これを「セルフヘルプ」と呼びます。自分の問題としっかり向き合い、状況を打開していくための“ともしび”に、これらのタイトルが一助となる、Johanの狙いはそこです。

それにつけても、いかに世の中に悩める人の多いことか。

Licensed material used with permission by Johan Deckmann, (Instagram)

関連する記事

しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
旅には、人生が凝縮されています。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
私は両親と早くに離別し、小学生の頃から炊事や洗濯などの家事を全部一人でやって暮らした。当然、経済的には底辺で、食べ物も満足に手に入らなかった。そんな非常に...
人生の難しい選択をしなくてはいけないときに、盲目的にならず、後悔しない道を選ぶ方法を、哲学者であるルース・チャンさんがTEDでプレゼンしています。悩んでし...
選択肢の多い人生は、悩むことの多い人生であるとも言える。突き詰めるべきは本質のみ。自分がやるべきことは何なのか、そしてなぜそれをするべきなのか。本当にやる...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
「人生なんてそんなもんだよ。」なんて聞きたくないし、絶対言いたくない!そんなあなたならもうやってるかも?ここでは、毎日自分の心に問いかけたい7つの質問を紹...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...

おすすめ記事

2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
単純に、「すごい」ってなるはず。
先日3日、米「Netflix」が新しいサービス「Fast Laughs」を発表した。公式アプリのひとつの機能として追加されたこのサービスは、「TikTok...
エドヴァルド・ムンクによる有名な絵画『叫び』のオリジナルバージョンには、左上に「狂人にしか描けない!」と鉛筆で書かれたメッセージが1904年に見つかってい...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...