ドイツに建てられた「パルテノン神殿」

ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」は、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊!

実はこのパルテノン神殿、以前アルゼンチンに建てられていたもの。では、なぜアルゼンチンとドイツなのか。ふたつの場所とこの作品に込められた思いには、ある密接な関係がありました。

「民主主義と思想の自由」
を表現したアート

7117fa337381bca22223155da2c725d97954d5c2
Photo by ©Roman_Maerz

紀元前に世界初の民主主義が誕生した地、ギリシャ。そこに建てられたパルテノン神殿は、まさに民主主義と思想の自由のシンボルでした。

そのパルテノン神殿を10万冊の本で建てたのは、アルゼンチンのアーティストMarta Minujínさん。アルゼンチンは以前、軍事政権に独裁支配されていました。その当時、民主主義はおろか思想の自由もなく、軍が禁止した本は全て焼かれてしまいました。Martaさんはその時の自身の体験から、

「『民主主義と思想の自由』の大切さを、一般の人が参加できるモニュメントで表現しよう」

と心に誓いました。こうして作られたのが、この巨大なアート作品なのです。

アルゼンチンから
なぜドイツに?

Ea1fd92938121b672126f912727e9673a093de50
Photo by ©Roman_Maerz

最初の作品は、軍事政権崩壊直後の1983年にアルゼンチンに建てられています。当時はまだ軍事政権のなごりがあったにも関わらず、禁止されていた本のみを使ってモニュメントを立てるという大胆な行動でした。

そして、今回はdocumenta 14というフェスティバルの一部として、ドイツの都市・カッセルの広場に建てられることになりました。実はこの場所、ナチス政権時代に、当時の禁止本が焼かれた広場なのです。

ある国では一般的でも
違う国では禁止本に

E8626790feaf344e61f2aa0faaaa6b7a196cc3b9
Photo by ©Roman_Maerz

この作品は、一般人から禁止本の寄付を募り、展示終了後は本を自由に持ち帰ることができるようになっています。後でみんなが持ち帰りやすいよう、展示中は本をプラスチックのシートで保護。本を寄付したり持ち帰ったりすることで、この作品のスピリットを共有できるというわけです。

909aa5a97726576ad34c03e15161db10272a22a8
Photo by ©Roman_Maerz

今回の作品のために世界中から寄付された本は、10万冊。禁止の理由も時代も様々です。そしてそれは遠い昔の話とは限りません。中には、今でも出版が禁止されている本だって混ざっています。

民主主義と思想の自由とは何か。改めて考えさせられる作品です。

Top Photo by ©Roman März
Licensed material used with permission by documenta 14
神秘的な空間にそびえ立つ巨大な柱。まるで、ギリシャのパルテノン神殿を彷彿とさせます。「国土交通省 首都圏外郭放水路」は、世界最大級の地下放水路として知られ...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
完璧を求める人はあなたの周りにもきっといるはず。その考えを押し付けられると…。話は変わってくるかもしれません。The School of Lifeの動画は...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
優秀なあなたこそ必読!完璧主義を克服するための5つの方法なんでも完璧でなくては気がすまない。そんな「完璧主義な人」っていませんか?完璧主義は必ずしも悪いも...
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...
政権崩壊後、チュニジアは民主主義体制を整えるべく尽力していますが、かつての独裁政権を口にすることはタブーといった風潮があるようです。そこにまっすぐに切り込...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
Janaina Mello Landiniさんのアートは、1本のロープを細く割いて制作されたものです。その完成形は、人体に張り巡らされた毛細血管のよう。
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのYouTuber兄弟の動画をご紹介。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
菜食主義[さいしょくしゅぎ]とは。ひとことで菜食主義やベジタリアンと言っても幅広く、乳製品や魚介ならOKというタイプから、かつお出汁やハチミツ、革製品を身...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...