ドイツに建てられた「パルテノン神殿」

ドイツのカッセルに出現した「パルテノン神殿」は、世界各国で出版禁止になった本で作られています。その数、なんと10万冊!

実はこのパルテノン神殿、以前アルゼンチンに建てられていたもの。では、なぜアルゼンチンとドイツなのか。ふたつの場所とこの作品に込められた思いには、ある密接な関係がありました。

「民主主義と思想の自由」
を表現したアート

Photo by ©Roman_Maerz

紀元前に世界初の民主主義が誕生した地、ギリシャ。そこに建てられたパルテノン神殿は、まさに民主主義と思想の自由のシンボルでした。

そのパルテノン神殿を10万冊の本で建てたのは、アルゼンチンのアーティストMarta Minujínさん。アルゼンチンは以前、軍事政権に独裁支配されていました。その当時、民主主義はおろか思想の自由もなく、軍が禁止した本は全て焼かれてしまいました。Martaさんはその時の自身の体験から、

「『民主主義と思想の自由』の大切さを、一般の人が参加できるモニュメントで表現しよう」

と心に誓いました。こうして作られたのが、この巨大なアート作品なのです。

アルゼンチンから
なぜドイツに?

Photo by ©Roman_Maerz

最初の作品は、軍事政権崩壊直後の1983年にアルゼンチンに建てられています。当時はまだ軍事政権のなごりがあったにも関わらず、禁止されていた本のみを使ってモニュメントを立てるという大胆な行動でした。

そして、今回はdocumenta 14というフェスティバルの一部として、ドイツの都市・カッセルの広場に建てられることになりました。実はこの場所、ナチス政権時代に、当時の禁止本が焼かれた広場なのです。

ある国では一般的でも
違う国では禁止本に

Photo by ©Roman_Maerz

この作品は、一般人から禁止本の寄付を募り、展示終了後は本を自由に持ち帰ることができるようになっています。後でみんなが持ち帰りやすいよう、展示中は本をプラスチックのシートで保護。本を寄付したり持ち帰ったりすることで、この作品のスピリットを共有できるというわけです。

Photo by ©Roman_Maerz

今回の作品のために世界中から寄付された本は、10万冊。禁止の理由も時代も様々です。そしてそれは遠い昔の話とは限りません。中には、今でも出版が禁止されている本だって混ざっています。

民主主義と思想の自由とは何か。改めて考えさせられる作品です。

Top Photo by ©Roman März
Licensed material used with permission by documenta 14

関連する記事

神秘的な空間にそびえ立つ巨大な柱。まるで、ギリシャのパルテノン神殿を彷彿とさせます。「国土交通省 首都圏外郭放水路」は、世界最大級の地下放水路として知られ...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
8月7日、ドイツの社会民主党と緑の党の議員たちが、肉製品の軽減税率(7%)を廃止し、付加価値税率(19%)を適用することを提案した。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
ペット先進国として知られるドイツ。そんなドイツで「飼い主は1日2回以上、犬を散歩させること」を義務付ける、驚きの法案が提出された。
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...
ドイツの化粧品会社「Beiersdorf」のブランド「NIVEA(ニベア)」が、シャワージェルの「リフィルステーション」の運用実験を開始。実験は8〜10ヵ...
本当の「恋愛力」を目覚めさせてくれる12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタの恋にお心添えいたします。
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
縁結びで知られる「出雲大社」の古代の姿をARやVRで楽しめる「古代出雲大社高層神殿AR・VR」が制作され、無料の史跡観光アプリにて今月から公開中。
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
ドイツ・ヴァーネミュンデにあるホステル「DOCK INN」は、コンテナを積み上げて造られました。全64部屋で188つのベッドを用意。ギャラリーやスパなどが...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
昆虫の数の減少が止まらない。そんな昆虫の減少は、人間を含む生態系全体に対しての脅威となりうる。そんな危機を回避すべく、ドイツで「昆虫保護法案」が発表された。
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
今年開催される第8回FIFA女子ワールドカップに向けて公開された、ドイツ女子代表のキャンペーン動画がおもしろいと話題になっています。素直に「私達を覚えて!...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...