※応募終了【家族旅行プレゼント】秋の絶景で巨大お絵描き!?新米も、歴史も、アートも全部味わう1泊2日にご招待!

“日本まるごと家族で遊ぼう”をコンセプトにした「ASOBO JAPAN」。数々の企業とコラボレーションし、日本中から「こんなのはじめて!」な特別ツアーを提供していくプロジェクトの第六弾!気になる内容は…

絶景アートに、秋の収穫祭、さらにはタイムスリップ!?

舞台は新潟県十日町市。日本有数の米どころ新潟で、芸術の秋・実りの秋・食欲の秋ぜ〜んぶ体験できるのが今回のスペシャルな旅です。大自然をキャンバスにお絵描きしちゃうってどういうこと?お米の収穫ってどうなってるの? 4500年前にタイムスリップするレストラン?…そんな「アート体験」「食育体験」「文化体験」を、家族みんなで楽しみ尽くす旅行ができちゃいます。

【応募概要】
「ASOBO JAPAN #6 AUTUMN CANVAS」
1泊2日の秋の絶景ツアーにご招待!
(開催地までの移動交通/宿泊費はすべて無料)
日程:2017年10月28日(土)〜29日(日)
開催地:新潟県・十日町市
当選者:5組20名程度
応募期間:2017年8月25日(金)14:00〜9月15日(金)17:00

※応募は終了しました。

「ASOBO JAPAN」ならではのとってもスペシャルなツアーの内容を、一部だけご紹介しましょう。

01.
絶景の大自然がそのままキャンバスに!? 巨大お絵描き

十日町市は、日本の絶景名所としても有名なんです。その魅力は、傾斜面に数多くの田んぼが連なる「棚田」。鏡面の美しさが多くの写真家や観光客を魅了し、秋はその最盛期とも言えます。

そんな大自然が作り出した絶景を、この日限定で巨大なキャンバスにしちゃいます。そして、ここでしか出来ない巨大なアート作品づくりに挑戦。親子2人で持つことが出来る大きな筆やペイントローラー、さらには水鉄砲まで!?様々な“ペインティング武器”を駆使して、からだ全身で、絶景に落書きしちゃいましょう。作品づくりには、有名な絵本作家も参加予定。みんなで力をあわせてつくった超大作は、きっと大きな思い出になるはずです。

02. 
秋の収穫体験!新米も、旬の食材も、全部食べ放題!

お米がおいしい土地としても有名な新潟県。そこで収穫されたばかりの新米を、脱穀するところから体験は始まります。古くから伝わる脱穀体験をした後は、かまどを使って新米を炊いていきます。そして、ほかほかツヤツヤなご飯をさっそく試食!ご飯のお供は、クックパッド料理教室の森山由香先生が考案した、地元食材を使った美味しいおかずです。さあ「実りの秋」と「食欲の秋」を思い切り味わいましょう!

いつも食べているお米はどうやって育ち、収穫され、食卓に並ぶのかを、間近で知ることのできる貴重な食育体験にもなりますね。

03.
アート作品だらけの街を大冒険!アートハンティング

「芸術の秋」はまだまだ続きます。十日町市といえば、『越後妻有 大地の芸術祭』の開催場所だって知っていましたか?2000年にはじまり、日本の国際芸術祭のパイオニアとも言えるところなんですよ。 

街の中には常設のアートがいくつも点在しています。ツアー中には、Canon EOS Kissの最新機種が貸し出してもらえます。日産SERENAで町をめぐりながら、たくさんのアートを見つけにいきましょう!

04.
4500年前にタイムスリップ!?縄文時代のレストラン

歴史の学び方だって、ASOBO JAPANなら一味違います。テーマはなんと「縄文レストラン」。大昔にタイムスリップしたかの様な食事を通じて、歴史も学んでしまおうというのです!

レストランで使用されるのは、縄文土器の中でも一層華やかだといわれている「火焔型土器」。実は、新潟県・信濃川流域で多く発掘されていたものなのです。

この「火焔型土器」のスゴイところは、あの芸術家・岡本太郎も「なんだ、コレは!」と叫んだとされるほど、激しく、しかし優美な芸術品としての美しさ。荒々しい突起をもつ焼物は、世界的に見ても非常に稀なのだそう。縄文文化は日本文化の源流ともいえ、歌舞伎や浮世絵とともに日本文化を代表する存在だったのです。今では、日本遺産にも登録されています 。

その縄文土器を使って4500年前の食事を再現した「縄文レストラン」を、今回の旅で特別にオープン!ここでしか食べられない絶品料理を振舞います。太古の食卓に思いを馳せて、ロマン感じる絶品を召し上がれ!

05.
カタチに残るお土産だって、もらえます!

1泊2日の旅で、きっとたくさんの家族写真を撮ることになるでしょう。思い出がたっぷり詰まった写真は、ネスレの「チョコラボ」サービスで世界にひとつだけのオリジナルキットカットにしてプレゼント!後日、お家に届くのをお楽しみに!

06.
もちろん交通費から宿泊費まで、全部無料です!

日本全国どこに住んでいても気軽に参加してほしいから、現地までの交通費から宿泊費、体験費まで家族全員無料でご招待!お宿は、日本三大薬湯のひとつ「松之山温泉」だそうですよ。お父さんもお母さんも、日頃の疲れをゆっくりと癒やせますね。

集合場所からの移動は、すべて日産のSERENAを無料で貸し出してもらえます。家族みんなでワイワイと移動を楽しめますね!

JTB旅行券5万円分が当たる
Wチャンスも!

残念ながら日程が合わない人も諦めないで!今回はJTB旅行券(5万円分)が5名様に当たるコースもご用意しています。家族みんなで旅することは、かけがえのない思い出になります。このチャンスを見逃さないで!

「ASOBO JAPAN」プロジェクト協賛一覧

「ASOBO JAPAN」プロジェクト協力一覧

「ASOBO JAPAN」には、これらの企業やブランドが参加しています。それぞれの特徴を活かした“遊び”をぜひ楽しんでください!

『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
寄り添いあっていても、手を重ねていても。
7月4日より「ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田」内に期間限定&テイクアウト・デリバリー限定の「ドムドムハンバーガー」がオープン。
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
7月18日〜24日の間、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱら」で「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」が開催されることになった。
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
「SHIBUYA CAST.」の3周年を記念し、建築デザイン事務所「noiz」が手がけた垂直版のスマートシティ構想を視覚化した「SHIBUYA HYPER...
6月29日、米「カリフォルニア大学」のロサンゼルス校の研究チームが、アメリカ手話(ASL)を読み取り、リアルタイムで音声変換するデバイスを開発したと発表。...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...