3年は余裕の「カットソー」。

リアルに3年ぐらい愛用しています、〈ID DAILYWEAR〉のクルーネックカットソー。袖は5分丈です。

“着込んでいくうちにカラダに馴染む”

“リブがしっかりしていてヘタらない”

慣用句のように登場するフレーズですが、このカットソーは本当にそう。

購入してすぐはドライタッチなんですが、どんどん柔らかくなって、自分のボディラインに馴染んでくるのがわかります。着れば着るほど着やすくなります。

存在感ある袖部分のリブは畦(あぜ)編みという手法によるもの。5分丈なのでちょうど肘に近いあたりにリブがくるんですが、大丈夫。強度があるので簡単には伸びません。

一枚で着ても様になるし、5分丈ということで重ね着もしやすい。余裕で3年は活躍してくれるはず!

公式オンラインショップで購入可能です。

2841d733485074b6d581536ae182417b7f35088e2b3dac61280a89c381da98322b4d2cc49c2c3e0796bab63fb8d404d6c238d483e27f58eab777576eC4d2dbef2a11fa150510412dc12f6a0d8d943e80A5284c39b544b9d7ef89423d439fcd1e9fd0d720

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

毎シーズン、ボーダーだけでなく魅力的な単色「SOLID」もラインナップされている、〈セントジェームス〉の「ウエッソン」。
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
〈山と道〉の「5-POCKETS SHORTS」は丈が短めでスポーティー。スマホを入れるポケットがサイドに配置されていることによって、動いている時も邪魔に...
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
春夏に向けて、ちょい派手な時計が欲しかったので2本購入。選んだのはレッド&ホワイトとイエロー&ブラックのモデル。前者は完全にファミコンカラーだと思ってる。
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
トランクスタイプっていうだけで、敬遠する人もいると思いますが、「SIXTINE'S」のパンツには、フロントのインナーにライニングが付いています。ゆえに見た...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
周囲のアウトドアフリークたちが話題にしまくってた〈YETINA(イエティナ)〉。完全オリジナルの特殊技術で生み出させる起毛した生地は、保温性が高く、蒸れに...
今見てもこのボテッとしたフォルム、カッコイイ。当時を知っている自分からしても新鮮だ。
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
アメリカ発の〈ORGANIC THREADS(オーガニックスレッズ)〉の3PACKシリーズです。名前の通り素材はオーガニックコットンのみ。染色も含めて薬品...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...