あなたが撮りためているその写真、世界に向けて「売ってみたい」と思いませんか?

写真が、大好き。何気ない1枚でも、特別な1枚でも、誰かに「いいね」と言ってもらえる瞬間が大好き。

カメラ片手に街を歩けば、今日はなにを撮ろうかとキョロキョロしてしまう。目の前のシーンを、どう切り取ったらいいか悩んでしまう。良い1枚が撮れると、誰かに見せたくて仕方なくなる……。

そんなあなたの写真を発信する場所は、なにもSNSだけではありません。世界中の「写真を求める人たち」に向けて、発信できる場所があるんです。

世界中であなたの作品が
売れるチャンス!

今回ご紹介するのは、Getty Images社が運営する『iStock(アイストック)』というストックフォトサービス。写真家やイラストレーター、映像作家の作品を預かり、あなたに代わって販売をしてくれるというもので、世界中になんと600万人ものユーザーを持つ、グローバルサービスなのです。iStockにあなたの作品をアップロードすれば、世界中のどこかで購入され、雑誌や広告に使われる日が来るかもしれないのです!

しかしiStockで売れる作品にするには、ちょっとした準備とコツが必要なんだそう。今日はみなさんにコツをお伝えするために、実際に撮影会をしてみることにしました。

協力してくれたのは、趣味で始めたInstagramで3万人のフォロワーをもつ@daruma64さん(以下、darumaさん)。実はdarumaさん、普段は会社員として働き、撮影は基本的にiPhoneだけで行っているという超フリースタイル系のお兄さんなのです。

過去撮りためてきた作品を徐々にiStockにアップロードしているというdarumaさんですが、今日は初めて、iStockで販売することを意識した作品を撮ってみることに。特別に、Getty Imagesシニアアートディレクターの小林さんにアドバイスをもらいながら、撮影をしてみます。

撮影をはじめる前に
知っておくとイイこと

左がゲッティイメージズシニアアートディレクターの小林さん。モデルさんと一緒に撮影のイメージを膨らませます。

小林さん:実は今、iStockで一番求められているのは、「本物感」や「リアルさ」なんです。完璧な容姿のプロモデルを起用して、スタジオで照明を駆使して撮影したような写真の需要は低下していて、リアルな人々を被写体とした作り込み感のない写真が、広告でも使用されているんですよ。

だからスタイリングは可能な限りナチュラルに!これが最大のポイントだったりします。あとはいくつかのコツを押さえた準備をするだけですよ。

なるほど……確かにそんなに周到な準備をしなくても始められそうです。でも本当に、スマホでいつも通り撮影するだけで大丈夫?コツを押さえた準備ってどんなこと??

カメラを持つ前に
準備すべきはこんなこと!

■「ムード(雰囲気)」と「コンセプト」で、撮りたい写真を考えよう

まず大まかなテーマを決めたら、iStockのサイトを参考にどんなムード(雰囲気)の写真を撮りたいかを固めていきましょう。参考にしたい写真を集めて「ムードボード」を作れば、撮影時の大切なヒントになりますよ。ストーリー、ロケーション、キャスティングetc……イマジネーションをたっぷり働かせて、考えてみましょう。

雰囲気がつかめてきたら、コンセプトも決めてみましょう。ハッシュタグを決めるような要領で考えるのがポイントだそう。この写真はどんなニーズに当てはまるのか?一言でいうと、どんな写真?そんなことを言語化していきます。

■必ず撮りたいカットを洗い出そう

同じようなシーンでも、構図次第で様々な場面が切り取れます。例えばカフェで撮影するとしたら、カフェに到着、ドアを開ける、メニューを決める、注文しているシーン、受取りetc……撮り残しがないように、予想されるシーンは予め洗い出しておきましょう。

いざ、撮影です!

今回のコンセプトは「ミレニアル世代のインフルエンサーの生態」とでも言いましょうか。スマホとSNSを駆使して自己発信をする若者のリアルな様子を収めることにしました。

先ほど紹介したような準備を経て撮影に臨んだdarumaさん。ロケーションは内装とフードがオシャレな、下町にあるHOTEL GRAPHY NEZUに併設されたカフェをチョイス。モデルは20代の男女4人に協力してもらい、リアルな大学生インスタグラマーの生活を演出します。

darumaさんの使用カメラは、いつものiPhoneとデジタルカメラの2台です。

この日のために集まってもらった4人のモデルさんは、全員初対面。まだ緊張の表情ですが「いつも一緒に遊んでる友だち感」を出すために、カメラマンによるムードメイキングがとっても大切です。

フォトジェニックなサンドイッチやパンケーキが運ばれてくると、自然にスマホを取り出すモデルさんたち。フードを俯瞰で撮っている様子を、更に俯瞰で撮るdarumaさん。インフルエンサーが日常的に行っている撮影シーンを、上から、横から、あらゆる構図で捉えます。

フォトジェニックを突き詰めるインフルエンサーたちの“リアル”は、こういった小道具の仕込みにもありました。ファンシーライトをテーブルに仕込むだけで、雰囲気が一気に変わるんです!

ちょうど夕陽が沈む頃、屋上は絶好の撮影スポットに。フォトジェニックな場所や時間帯を把握しておくことも、インフルエンサーの日常を捉えるには重要!

ここからは、実際にdarumaさんが撮った写真の一部も見てみましょう。

iStockへのアップロードも
スマホからワンストップで完了

撮影が終わったら、早速iStockへアップロードしてみます。キレイに加工を施すのもいいけれど、リアルを突き詰めるならスマホで撮った写真をそのままアップロードした方が良いことも。

iStockのアプリをダウンロードしておけば、わざわざPCを立ち上げなくてもアップロードが完了できますよ。

iStockが広げてくれる
表現の世界

darumaさん:もともとは僕も一眼レフから写真を始めたのですが、iPhoneだけで撮ってみようと決めたとき「制約があるなかでの表現」というものの面白さに気付いたんです。構図やアイデアで「いいね!」言ってもらえることが増えて、どんどん写真を撮ることが楽しくなってきました。

今回iStockにチャレンジしてみて、同じように「求められる写真ってなんだろう?」と頭を捻る時間が楽しかったですね!こうやって自分の撮影スタイルや、表現の幅が広がっていくことってすごい嬉しいんですよね、やっぱり。iStockはInstagramとは違う目線で写真を見られるから、ドキドキしますね。僕の写真、売れるかな〜(笑)。

スマホひとつでできる
あなたの世界の広げ方

darumaさんがトライした撮影はほんの一例。あなたの日常の中にあるリアルな風景を切り取って、iStockで更に表現の世界を広げてみませんか?

-18歳以上で、現在日本に居住している方が対象となります。
-メールアドレスを登録していただいた方に、後日iStockよりコントリビューター招待メールが送信されます。そちらより登録を完了してください。

【ユーザーに関する情報の第三者提供に関する同意】
ご入力いただいた情報は、当社から、次のとおり、第三者(ゲッティ・イメージズ・ジャパン株式会社)に提供され、メールマガジンの配信等に利用されますので、内容をよく読んで、同意したユーザーのみ登録をしてください。
・第三者に提供される情報の内容:氏名・Eメールアドレス・年齢
・情報提供先:ゲッティ・イメージズ・ジャパン株式会社
・第三者提供における利用目的:コントリビューター招待メールの配信、商品・サービスに関するメールマガジンを配信する等の目的で利用されます。
※第三者からの商品・サービスに関するメールマガジンの配信に同意した旨は、第三者に対して通知されます。

daruma64さん

daruma64さんがiStockにアップロードした写真は、こちらからもご覧いただけます。
iStock:https://www.istockphoto.com/jp/portfolio/natsuhiko_kakutani
Instagram:https://www.instagram.com/daruma64/

フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
おもしろいインスタのアカウントを見つけました。
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
画像検索をしたキャラクターと風景や人を組み合わせるLes Photos De Francoisの写真。キッカケは、ジョークのつもりで友人の子どもと画像を合...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
Abhishek Singhが1から考えて生み出した「Instagif NextStep」を見て、頭に浮かんだのはハリポタに登場するカエルチョコの動くおま...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...
犬を飼っている人のカメラロールは、たいていワンちゃん達の可愛い姿でいっぱい。心を許したあなたにだから見せる表情があるはずです。では、彼らからみた飼い主の表...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。