どれがいいのか難しい整髪料。今のところコレが最高。

長さやスタイルにもよるので、整髪料に絶対の正解ってないと思うんですが、もしもアナタがポマード/グリース派なら、〈クールグリース スペリオール〉はオススメです。

その名前の通り、日本を代表するグリースブランド〈クールグリース〉のスペシャルラインで、海外のバーバーでも採用されるなど世界規模の人気を誇る逸品。

どこが違うのかと言われれば、なんといってもセット力ですね。ものすごく手の中で伸びる感じ。髪に馴染みやすいです。水性ポマードなので、夜にシャンプーでガシガシ洗わなくてもササッと落とせるのも便利です。

それにしても、このパッケージ! 置くだけで様になります。

購入希望の方は、sp.coolgrease@gmail.comまでメッセージを!

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
イタリアの老舗〈premax〉の折りたたみハサミ。カラバリ豊富ですが、僕はブラックの刃とイエローの指環っていう組み合わせが気に入ってます。
大正14年創業という老舗による自社ブランド。他のブラシを使ったことがないので、大きなことは言えませんが、幅広い繊維に対応できるように馬毛をミックスしていて...
「LectroFan micro(レクトロファン マイクロ)」は、ホワイトノイズと呼ばれる特殊な雑音を作り出すスピーカー。安眠や集中力アップに効果的とアメ...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
周囲のアウトドアフリークたちが話題にしまくってた〈YETINA(イエティナ)〉。完全オリジナルの特殊技術で生み出させる起毛した生地は、保温性が高く、蒸れに...
〈Vixen(ビクセン)〉と〈Coleman(コールマン)〉のコラボモデルである「コールマンH10×25」は、倍率10倍でレンズは反射防止、ボディは頑丈な...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
80年代後半〜90年代前半にあったようなスケルトンのラジカセ、現行品です。ただただレトロと言ってしまうには、スポーティーで今の気分。チープ でガチャガチャ...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
もとは園芸用。〈TUBTRUGS(タブトラッグス)〉のゴムバケツ。今では洗濯物を入れたり、おもちゃを入れたり、雑誌と入れたりと収納グッズとして定番になって...
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
財布が小さく、薄くなっていくなかで、難しくなるのがカード類や領収書の整理だ。電子マネーだなんだと言ったところで、コチラは一向に減らない。個人的には増えてい...
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
ブランドロゴが入ってるだけの簡素なモノやレザー製の高価なモノまで。裾ベルトもいろいろ選択肢があるけど、見た目のインパクトならコレ。
ウェビングベルトなんてどれも同じだと思ってませんか? 自分も色遊びでいろいろ購入して楽しんでいましたが、〈SWRVE(スワーブ)〉のベルトはちょっといいですよ。