日本の「KAIZEN」が、アメリカで注目されている。

大きなタスクを1日で終わらせようとすると、やらなければいけない事ばかりに圧倒されてしまうことはないだろうか?であれば、少しづつ完成させていけばいいのです。

アメリカでは「毎日少しづつ」の方法がなんと日本語の「Kaizen(改善)」として知られているそう。日本語に由来するメソッドを外国人から教わるのは、なんだか不思議な感覚。まぁ、つい怠けてしまう癖を直したいのは国籍を問わないということでしょう。

それではさっそく「I Heart Intelligence」のDondi Leighさんから「Kaizen」を学んでみましょう。

4978759174193152

今夜こそ家に帰ったら「アレ」をやろう。そう思って帰宅したのに結局時間を持て余し、気づいたら昼寝をしてしまう。さらに言うと2度寝まで…。ルームメイトに話したら彼女もすごく共感してくれたけれど、怠け癖に打ち勝つ改善策は見出だせないままだった。

そんな中発見したのが「Kaizen(改善)」。これは、ひとつのタスクに集中して取り組む時間を「1分間」設けるというメソッド。とても短いタイムスパンだから、負担も軽く、気楽に取り組めちゃうのがミソ。その1分さえ乗り切れば、やりたいことを思う存分できると思うと気持ちもラクでしょう?

01.
忙しい時に
「Kaizen」タイムを設けない

5498289424171008

そんなの当たり前と思うかもしれない。でも始めたばかりの頃、私は明日にまわす理由づくりのために、現実的じゃない時間帯に設定していた。。

今は、寝る直前にこのKaizenタイムを設けている。寝るときは必ず家に帰ってくるので、この時間帯が確保しやすいのだ。

02.
「たったの1分」と考える

万が一ダルく感じたり、「今日はいっか…」となってしまいそうな時は「たったの1分」と、改めて自分に言い聞かせよう。今となっては、たった1分のことに怠けようとしていた自分に笑ってしまう。

03.
続けられるタスクを選ぶ

5923003170816000

一気にやらないといけないタスクではなく、少しずつ取り組むことができるタスクを選ぼう。たとえば私のタスクは部屋を片付けること。

もちろん1分で部屋をピカピカにすることはできないから、箱の中を整理したり、少しだけ断捨離をしたりしてみる。意外と1分以内でできてしまうのだ。ただし、家具の配置を変えるなんていうタスクは、1分では終えられないかもしれない。

04.
1分で終わらなければ
続けてよし!

1分で無理やり切り上げる必要はない。私ももうすぐで箱の中を片づけ終わるというタイミングでタイマーが鳴り、「まだなのに!」とイライラしたことが何度もある。

私は何か小さなことでも達成したいという気持ちが強いから、箱や引き出しやバッグの整理が終わるまで作業を続けちゃいます。

楽しく取り組めていれば、
「KAIZEN」効果を感じている証拠。

タスクを掲げて少しづつ片づけていくのって、明日を気持ちよく迎えるひとつの方法だったりする。今はその1分をダルいと感じずに、一種の楽しみとして取り組むことができている。

先に述べたように、タスクは無理やり切り上げないようにはしているけれど、それでも時間がかかっても15分〜20分程度。寝る直前の「Kaizenタイム」のせいで、睡眠時間を削るなんてことはしないようにしている。

ベンチプレスや外国語の習得など、タスクは何であろうと「1分間集中できた」という事実が自信につながるのだ。「ダルさ」を「喜び」に置き換えてくれるのが「Kaizen」の効果と言えるだろう。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
KAIZEN、カイゼン、かいぜん……そう「改善」です!
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
独断と偏見でピックアップしました。
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
「スマートホーム」とは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念。家電製品を情報化配線等で接続、制御することでエネルギーの最適化を図り、快適なライフス...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
いま、アメリカでは、毎週月曜日は肉食を控える「MEATLESS MONDAY」という取り組みに注目が集まっています。この活動を広める「THE HUMANE...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...