意味を知ると使ってみたくなる沖縄の言葉。「ぬちぐすい」って、分かる?

「だからよ〜。」

沖縄出身の人たちは「そうだよ。」という意味で使っているらしいけど、聞きなれない人には少し不思議に響いてきます。

相手を思いやる。空気を読む。言いたいことを察する。沖縄の言葉には、“おおらかさ”が感じられます。加えて、1つひとつにしっかりと意味が込められていて、奥ゆかしい。

だからこそ、なんだかつい口にしたくなってしまう不思議な魅力があるのかもしれません。そんなウチナーグチ(=沖縄の方言)を5つ紹介しましょう。

01.
「かなさん」

6044594231836672

パートナーや家族に想いを伝えるときって、ちょっと照れ臭いですよね。「好きだよ」ならまだしも「愛してるよ」なんて、大げさというかなんというか…。

かなさん。

相手のことを愛おしいと思うときに、心の底から湧いてくるような言葉です。これには「I miss you」のような意味合いも。たくさんの人が知らないからこそ、2人だけの合言葉のような気分で、気軽に口にすることができるかもしれませんね。

02.
「うむやー」

6649067929075712

直訳すれば、思う人。この意味が転じて、恋する気持ちをよせる人=「恋人」として使われています。

話していて、楽しいからずっと一緒にいたい。努力を惜しまない姿に、素直に尊敬する。この人となら、お互いに成長できそう。<恋>という概念に押し込んでしまうのは、もったいない感情たち。

そんな感情があるなら、あなたの恋人は「うむやー」なのかもしれません。

03.
「くぅりせぇーうぇー」

6409702153912320

誰もが経験するもの、それが失敗。だけど、友だちが挫折を味わっているときに、「頑張って」や「元気出して」と声をかけるのは、余計に相手を傷つけてしまう可能性も。

そこで、「くぅりせぇーうぇー」と言ってあげましょう。

とくに落ち込みやすい人に贈りたい言葉です。沖縄では、失敗を未来に活かせ、という意味で使われます。直接的な表現ではないからこそ、抵抗感をあまり覚えずに受け入れてくれるかもしれません。

04.
「がんじゅうさしよー」

6104182071230464

やっと休みを取れて、実家に帰ることができた。久しぶりに友だちが遊びに来てくれた。でも、楽しい時間は一瞬のように過ぎ去って、すぐに別れのときになってしまいます。

「またね」や「じゃあね」と言うのも良いけど、「がんじゅうさしよー」と少し変化をつけてみるのもアリかもしれません。

いつも元気でいなさいね、と別れ際まで、相手のことを気遣ってあげる挨拶のひとつです。

05.
「ぬちぐすい」

4851461443813376

沖縄といえば、ほっぺが落ちるような料理も、たくさんある魅力のひとつ。これは、元気に長生きをする秘訣でもあります。

沖縄ではエネルギーが出るような美味しい食べ物を「ぬちぐすい」と言います。ぬちは<命>、ぐすいは<薬>を意味します。

それはまた、沖縄の人や自然と触れ合ったときに、心と体が元気になることにも当てはまります。沖縄に行くと、なんだか元気がわいてくる。こころが軽くなっていく。これも、沖縄の海や人に「ぬちぐすい」の精神が宿っているからかもしれません。

沖縄に行く前に
あなただけの「ぬちぐすい」を求めて…

6212377934561280

沖縄の言葉の魅力を知ったとしても、いますぐ沖縄に行けるという人はそう多くないでしょう。そこで、実際に足を運ぶ前に、<ぬちぐすい>を体験できるサイトがあるんです。

沖縄県の観光ブランド『Be. Okinawa』が、心も体も元気になる“ぬちぐすい体験”を様々なコンテンツで公開中。とくに「ぬちぐすいウォーク」では、沖縄の文化が集まっている「首里」、ターコイズブルーの海を一望できる「久米島」、雄大な自然を誇る「やんばる」など、360度のパノラマビューで自由にバーチャル散歩することができます。

4606834333712384

さらに、グランバサダーと称するオジィ、オバァのガイドもついているので、ただ歩くだけではなく、楽しみながら観光体験ができますよ。

海も人もありのままでいる沖縄の<ぬちぐすい>に触れれば、少しのあいだ「本来の自分」を思い出す時間になるかもしれません。
あなたも自分だけの「ぬちぐすい」を探してみませんか?きっと本来の自分を取り戻す近道になるはずですよ。

5259755262050304
那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味わうべ...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。今のうちにゴールデン...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
「ゆうなんぎい」のお母さん、辻野愛子さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味噌味...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
沖縄の郷土料理「イナムドゥチ」は、言うなれば具沢山の味噌汁のこと。お祝い行事やハレの日にふるまわれるお椀として、古くから島の人々に愛されてきた味です。この...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という伝統的なスイーツです。絶妙な甘さと...
やんばるのオアシスとも言われる、大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキングが、こ...
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...