父子旅は3つのヒントでもっと楽しく出かけたくなる

週末を使ってパパと子どもだけでお出かけ。いつものお休みならスマホをもったまま公園になんて姿のパパも、たまにはクルマで父子旅にでるなんてのもいかがでしょ。でも、慣れないお出かけって、いざその場面になってみると「何したらいいんだっけ?」となったり。

連れていく父親もドキドキ、連れられる子どもはワクワク。父子ででかけたクルマ旅で楽しく素敵な思い出をつくるには、今だからできるヒントが少しばかりあるんです。

01.クルマの中のコミュニケーションも楽しもう

4760662613950464

出発してからクルマの中でもしっかりコミュニケーションをとるのが大事。せっかくのふたりだけの時間、将来のことや最近やっていること好きなこと、学校や幼稚園での生活など、気づけば父子の会話が弾んでいるはず。子どもは移動時間だって楽しみたいし、パパだって、運転しながらも子どもの様子が気になっている。クルマのなかでも楽しい時間を過ごすためには、走行中も車内が静かだと嬉しいはず。もしパパとだけの秘密ができたりしたら、父子の絆を深めるには最高の手段になります。

02.目的地ではパパも全力で遊んじゃおう

4654867905773568

遠くまでお出かけしたら、目的地では子どもに負けないくらいパパも全力で遊んじゃおう。かけっこに肩車、パパも一緒に遊んでくれたら、特別なことをしなくてもそれだけで楽しい思い出になるはず。せっかくの父子旅、帰りの運転のために体力温存なんてもったいない。遊んでくれるパパ最高ッ♪ なんてイメージができたら、さらに父子の絆が深まります。

03.クルマの運転だって、一緒に楽しんじゃおう

5480940172214272

運転しているパパの後ろ姿は、けっこう子どもに見られています。余裕をもって運転している姿って頼もしいもの。優しく停まって、優しく発進。パパがスムースにクルマを走らせているのは子どもにだってわかるんです。運転が上手だなって印象は優しさにも繋がり、幼心に記憶されていくものだったりします。たくさん遊んだ帰り道の運転で、子どもが笑顔のままぐっすり眠り続けてくれたら、その姿はパパだけの特別な思い出にも。もし運転が楽しいクルマならパパももっとお出かけしたくなりますよね。

父子旅の条件にぴったりな
「もっとお出かけしたくなる」クルマって?

4585032945500160

子供を楽しませるだけじゃなく、パパ本人も旅を楽しむためにはクルマが持つ役割も大きいはず。
・子供との車内のおしゃべりをもっと楽しくする「車内の静粛性」
・帰りを気にせず旅を全力で楽しめるように必要な「安全装備」
・運転そのものが楽しくなるような「スムースな走り」

この3つのポイントは父子旅を目一杯楽しむ上でチェックしておきたいポイント。

父子旅の視点で、この春発売の『セレナ e-POWER』は楽しく、役立つ一台といえるかもしれません。『セレナ』に新搭載される電動パワートレイン「e-POWER」。電気自動車のまったく新しいカタチで、充電いらずでどこまでも走るクルマです。100%モータードライブによるスムースな走り出しと、電気自動車ならではの静粛性は同乗者にも嬉しい特徴です。走りが重くなりがちなミニバンなのに「e-POWER」の加速は力強いので、運転していてもストレスが少なく、もっとお出かけしたくなる心強いパートナーに。
先日、発売に先行して実施された家族試乗会でいろんな親子が同じような感想を話していたのだから、間違いなさそうです。

「走るのが楽しい!」と家族試乗会での声

6625726526652416

参加した家族からは口々に、『セレナ e-POWER』の走りの静かさや思い通りに動いてくれる操作性に驚く声があがっていました。体験したプログラムでは、性能の数々に、子どもが喜んでくれる要素が見つかったりも。

5362754751823872

「e-POWER」では、100%モーター走行ならではの、アクセルを戻した再に回生ブレーキが効き、まるでブレーキを踏んだかのような減速をする走行モード「e-POWER Drive」を選べます。アクセル操作だけで、思いどおりに加減速できる新感覚の快適な乗り味を楽しめます。これなら信号の多い街中や渋滞している道路でも、ペダルの踏み替えが少なくストレスが少なるはず。「アクセルワークだけって不思議だけど、楽しいのでもっと走らせてみたい」と参加したパパもワクワクするように語ってくれました。
「お出かけしたら、子どもとやりたいことが沢山なのでやっぱり室内の広さは助かるし、走りが力強いのもいい!」と、人や荷物に重くなりがちなミニバンでも、走りが力強いことにも高評価。

5384515203629056

高速道路 同一車線自動運転技術の『プロパイロット』は、白線をモニターしレーンの中央を維持し、かつ先行車との車間を保って走行してくれる優れもの。渋滞のイライラがなくなることに加え、長距離のお出かけも楽になります。これならお出かけ先で全力で遊んでも、クルマがサポートしてくれるから帰り道も安心。ドライブ好きの親子からは「プロパイロットがあるならもっとお出かけしたくなるかも。子どもに『いま前のクルマを追従してるんだよ』とか説明しながら走行なんてのも楽しいだろうね」というご意見。100%モーター駆動ならではの静粛性は、運転中にも子どもとおしゃべりしたいパパにはお役立ちの機能。「普段乗っているガソリン車よりも、とっても静かで運転中に後席に座っている子どもの声がよく聞こえました」と運転したパパも驚いた様子。

6594991606464512

駐車枠を検知し、自動でハンドル操作を行い枠の中へ駐車をサポートする『インテリジェントパーキングアシスト』の体験では、手で回すことなく自動で動くハンドルの様子に、「見ている子どもたちがキャーキャー言ってました」という家族の声も。

「今度はママも一緒にね」
父子旅で
家族の絆はより深くなる

5641016824561664

ワクワクできるクルマで父子旅。パパとの絆が増せば、今度は「ママも一緒にね」なんて声も自然と出てきたり。今日は留守番しながら休暇をとったママにも、あんなことやこんなこと父子旅で学んだことを共有したくなるのが子どもの心理。もちろん、家族全員でのお出かけだって、7人乗りの『セレナ e-POWER』なら荷物もたくさん積み、海に海水浴にいったり、山にキャンプだって、きっと新しい楽しみもできてきます。家族みんなが笑顔になれる、それぞれの嬉しいことが生まれる。そんな、「もっとお出かけしたくなる」って見方でクルマを選ぶのもありですよね。
まずは家族でクルマ探しの旅からスタートしてみましょうか。

旅には、人生が凝縮されています。
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
家具や車など何もかもを売り払って旅に出た家族「The Bucket List Family」。45ヶ国を旅した彼らのもとに、ディズニーから30日間、30の...
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
あなたの周りにいる旅好き女子。もし、今パートナーがいないのであれば大チャンスかも!?ライターKimberley Chan氏がまとめた記事によると、彼女たち...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。愛猫のWillowと共に一生を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...