いま絶対に行っておきたい、ロンドンのイメージが変わる旅。

ロンドンって、どんなイメージですか?

歴史?伝統?紳士淑女な雰囲気や、はたまた、あまり評判が良くないご飯のイメージでしょうか。
実は今、ロンドンはガラッと変わりはじめています。かわいらしいデザインや、モダン・ブリティッシュと呼ばれる美味しい料理。新しさと歴史が共存している独特な魅力が、世界中から注目を集めているのです。

ここでは、2〜3日の滞在でも満喫できるスポットを厳選。文句なく楽しめる旅のプランをご紹介します。普段は忙しくてなかなか休みが取れない人も、短い時間でロンドンを旅してみませんか?

絶品のイングリッシュブレックファーストを、
オーガニックカフェで。

ロンドンの朝は、イングリッシュブレックファーストからはじめよう。たくさんあるお店の中でも、地元の人たちに愛されているのが「ALBION」。その人気は、お店のロゴが入った紙袋やトートバッグを持った人を街のあちこちで見かけるほど。

一皿に盛られたソーセージや卵、そしてグリルされたオーガニック野菜。イギリス産の食材にこだわったボリュームたっぷりな朝食で、ロンドン観光にそなえよう。

今のロンドンを象徴する
デザインの街、イーストエンド。

「ALBION」から一歩外に出ると、そこはアートで溢れる街。ロンドン東部に位置するイーストエンドは、いま最新トレンドの発信地として世界中の若者たちの注目の的。

10年前は寂れていたShoreditchも、新進気鋭のアーティストが集い、生まれ変わりました。古い倉庫は、最先端のギャラリーに姿を変え、街の壁は彼らのキャンバスに。ストリートを歩くだけで、センスが磨かれていくよう。

Brick Laneは、イーストエンドの中でも、ヴィンテージショップが人気のストリート。古着や雑貨、インテリアなど、見てると欲しくなってくるものばかり…。ショップを巡れば、運命の出会いがあるかもしれません。

夢のような空間で過ごす
アフタヌーンティーは、欠かせない。

アフタヌーンティーは、ロンドンの女性たちに大人気な「Sketch」に行こう。お店の中に一歩入るとあまりのかわいさに息を呑むはず。パステルピンクに彩られた部屋は、おとぎ話に迷い込んだかのような空間。好みの紅茶を選んで、美味しいスイーツを食べれば、映画のヒロインになったような気分を味わえる!

さらに、絶対行ってほしいのがトイレ。卵型のフォルムで、ここだけ完全に別世界!でも、不思議と落ち着くのが本当に謎です…。

ロンドンで最もロマンティックな
レストランで、ディナーを。

コベント・ガーデンの真ん中にある「Clos Maggiore」。地中海風にアレンジされたモダン・フレンチは、美しく盛り付けられ、ロンドンで最もロマンティックなレンストランと評されるほど。新鮮な魚介を使った料理と、丁寧につくられるカクテルを頼んで、ロンドンで過ごした1日を締めくくろう。

今回ご紹介したロンドン旅、
実際に行ってきました。

旅のアテンドをしてくれたのは、モデルの田中里奈さん。ロンドンへは何度も行っていて、とてもお気に入りな場所なのだそう。

「大好きな街、ロンドン!友達とお茶をするために来たりしてて(笑)、良い思い出がたくさんあるんです。ロンドンは何回来ても新しい発見があって、本当に楽しい街。行ったことない人は、イメージとは全然違うかもしれませんよ!かわいいショップがたくさん出来てきていて、今回紹介したようなアフタヌーンティーを楽しめるオシャレなカフェや美味しいレストランもあちこちにあるんです。興味が沸いたら、ぜひロンドンを旅しましょ〜」

ロンドン気分をもっと味わいたいなら…。

自宅で手軽にロンドン気分を味わうなら「キリン 旅する氷結®」グレープフルーツドッグがオススメ。3月20日発売されたばかりの新商品です。ロンドン発祥のソルティドッグをモチーフに作られていて、一口飲めば、あなたもロンドナーの仲間入り!

世界各地の人々がその土地で飲んでいるお酒やスタイルを氷結®流にアレンジした「旅する氷結®」シリーズは、旅に出たときのワクワク感とその土地の空気感までも楽しめるお酒です。
スペイン、テキサス、フィンランド、ヴェネチア、キューバ、香港…冷蔵庫にストックしておけば、他の国にもすぐにトリップできますよ。

ストップ!未成年者飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

田中里奈さんがロンドンを旅する動画が公開中です。
旅する氷結®︎と動画で、最高のロンドン気分を味わって!

他の記事を見る
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
Bella Foxwellさんのインスタアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
ホットチョコレートを飲めるカフェ『VERVE COFFEE ROASTERS』を訪ねてみた。見た目の可愛さに反したスパイシーな香りが、少し背伸びした気分に...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。