いま絶対に行っておきたい、ロンドンのイメージが変わる旅。

ロンドンって、どんなイメージですか?

歴史?伝統?紳士淑女な雰囲気や、はたまた、あまり評判が良くないご飯のイメージでしょうか。
実は今、ロンドンはガラッと変わりはじめています。かわいらしいデザインや、モダン・ブリティッシュと呼ばれる美味しい料理。新しさと歴史が共存している独特な魅力が、世界中から注目を集めているのです。

ここでは、2〜3日の滞在でも満喫できるスポットを厳選。文句なく楽しめる旅のプランをご紹介します。普段は忙しくてなかなか休みが取れない人も、短い時間でロンドンを旅してみませんか?

絶品のイングリッシュブレックファーストを、
オーガニックカフェで。

4747361368670208

ロンドンの朝は、イングリッシュブレックファーストからはじめよう。たくさんあるお店の中でも、地元の人たちに愛されているのが「ALBION」。その人気は、お店のロゴが入った紙袋やトートバッグを持った人を街のあちこちで見かけるほど。

一皿に盛られたソーセージや卵、そしてグリルされたオーガニック野菜。イギリス産の食材にこだわったボリュームたっぷりな朝食で、ロンドン観光にそなえよう。

今のロンドンを象徴する
デザインの街、イーストエンド。

6503693755088896

「ALBION」から一歩外に出ると、そこはアートで溢れる街。ロンドン東部に位置するイーストエンドは、いま最新トレンドの発信地として世界中の若者たちの注目の的。

10年前は寂れていたShoreditchも、新進気鋭のアーティストが集い、生まれ変わりました。古い倉庫は、最先端のギャラリーに姿を変え、街の壁は彼らのキャンバスに。ストリートを歩くだけで、センスが磨かれていくよう。

Brick Laneは、イーストエンドの中でも、ヴィンテージショップが人気のストリート。古着や雑貨、インテリアなど、見てると欲しくなってくるものばかり…。ショップを巡れば、運命の出会いがあるかもしれません。

夢のような空間で過ごす
アフタヌーンティーは、欠かせない。

5930140601155584

アフタヌーンティーは、ロンドンの女性たちに大人気な「Sketch」に行こう。お店の中に一歩入るとあまりのかわいさに息を呑むはず。パステルピンクに彩られた部屋は、おとぎ話に迷い込んだかのような空間。好みの紅茶を選んで、美味しいスイーツを食べれば、映画のヒロインになったような気分を味わえる!

さらに、絶対行ってほしいのがトイレ。卵型のフォルムで、ここだけ完全に別世界!でも、不思議と落ち着くのが本当に謎です…。

ロンドンで最もロマンティックな
レストランで、ディナーを。

6490905355747328

コベント・ガーデンの真ん中にある「Clos Maggiore」。地中海風にアレンジされたモダン・フレンチは、美しく盛り付けられ、ロンドンで最もロマンティックなレンストランと評されるほど。新鮮な魚介を使った料理と、丁寧につくられるカクテルを頼んで、ロンドンで過ごした1日を締めくくろう。

今回ご紹介したロンドン旅、
実際に行ってきました。

旅のアテンドをしてくれたのは、モデルの田中里奈さん。ロンドンへは何度も行っていて、とてもお気に入りな場所なのだそう。

5420567830200320

「大好きな街、ロンドン!友達とお茶をするために来たりしてて(笑)、良い思い出がたくさんあるんです。ロンドンは何回来ても新しい発見があって、本当に楽しい街。行ったことない人は、イメージとは全然違うかもしれませんよ!かわいいショップがたくさん出来てきていて、今回紹介したようなアフタヌーンティーを楽しめるオシャレなカフェや美味しいレストランもあちこちにあるんです。興味が沸いたら、ぜひロンドンを旅しましょ〜」

ロンドン気分をもっと味わいたいなら…。

5478262796976128

自宅で手軽にロンドン気分を味わうなら「キリン 旅する氷結®」グレープフルーツドッグがオススメ。3月20日発売されたばかりの新商品です。ロンドン発祥のソルティドッグをモチーフに作られていて、一口飲めば、あなたもロンドナーの仲間入り!

世界各地の人々がその土地で飲んでいるお酒やスタイルを氷結®流にアレンジした「旅する氷結®」シリーズは、旅に出たときのワクワク感とその土地の空気感までも楽しめるお酒です。
スペイン、テキサス、フィンランド、ヴェネチア、キューバ、香港…冷蔵庫にストックしておけば、他の国にもすぐにトリップできますよ。

ストップ!未成年者飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37

田中里奈さんがロンドンを旅する動画が公開中です。
旅する氷結®︎と動画で、最高のロンドン気分を味わって!

ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
一瞬目を疑ってしまった。周囲にある高層ビルと同じ高さまで、命綱なしでガラス張りの壁をのぼっている女性。しかも怖がっている表情などこれっぽっちも見せていない...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...