泣きながら帰った日に手にしたボトルは、「大失恋」した私を前に向かせてくれた。

「実は、転勤になったんだ」

「えっ」

突然の言葉に、力が抜けていくのを感じた。持ちかけていたカップがガチャンと音をたて、頭の中では「転勤」という文字がグルグルまわりはじめた。

それは、やわらかい日ざしが差しこむカフェのテラスでのできごとだった。

風にふかれる彼の髪の毛を目で追いながら、(もうすこし暖かくなったらいつお花見に行くか決めなきゃ)などと、ぼんやり考えていた時のことだったのだ。

転勤の話を聞いて動揺していると、彼が先に口を開いた。

「一緒に来て欲しい」

緊張した顔で彼は言った。さっきのひと言は、別れを意味したわけではなかったのだと私は胸をなでおろす。

でも、すぐに頷くことはできなかった。本当ならここで喜ぶべきだろう。代わりに、私の頭のなかには友達や仕事のことが浮かんでいた。

「ちょっと考える時間をもらってもいいかな?」

私がそう言うと、彼は不安げに頷いた。心がチクリと傷んだ。彼のことが好きだからこそガッカリさせたくはない。でも、自分のなかで答えはもう、決まっている気がした──。

ゆううつな春の日に吹いた
ジャスミンの香り

数ヶ月後──

あの日、転勤の話をうちあけられた後、「まだこっちでやりたいことがあるから」と、彼と別れてしまった私。でも、肝心の仕事はうまくいっていない。

営業先のクライアントに提案書をもっていっても、緊張でうまく話をまとめられずに終わったり、しまいには同行してもらった上司に「本当に相手先のことを考えて提案してないだろ」と一蹴されてしまった。

その夜、会社から家への道をひとり歩いていると、悔し涙があふれてきた。

気晴らしにSNSをひらくと、別れた彼がアップしていた写真が目に入った。新しい同僚と飲みにいったり出かけたりして、新生活を楽しんでいるよう。

ふと見ると、彼の隣にはいつも同じ女の子がいて、幸せそうに笑っている。

もしかして、新しい彼女ができたのかな──。

ため息をついて携帯をカバンの中にしまった。暗い夜道にもれるドラッグストアの灯りを見て、家にシャンプーの買い置きがないことを思い出す。

吸い込まれるように店内に入り、入口付近のヘアケアコーナーを歩いた。普段購入するカラフルなシャンプーボトルを見ても、いつものように気分があがることはない。

代わりに目に入ってきたのは、黒い文字が書かれただけのボトル。透明の容器を見ていると、余計なことばかり考えていた心のなかが、すこしだけ落ち着く気がした。

香りのサンプルをかぐと、ほのかに漂うジャスミンの香りに癒された。

数年前、留学先のシカゴで気晴らしに訪れていた、植物園に咲くジャスミンの花を思い出す。当時付き合っていたアメリカ人の彼が、ときどき連れて行ってくれた場所。

帰宅して、さきほど購入したシャンプーを手にバスルームへむかった。冷えたカラダに温かいお湯をあてると、モヤモヤ渦巻いていた感情が涙となって頬をつたった。

誰もいないこの空間で(今、自分の感情をだせる場所はココしかないかもしれない…)と思うと、自然と涙が溢れつづけた。

バスルームに広がるほんのり甘くて優しい香りだけが、沈んだ気持ちをそっと包み込んでくれている。

週末に見た空が、
数年前の景色とかさなった時…。

週末、都内にある日本一高い展望台へひとり足をはこんだ。最近は、職場と家の往復ばかりで息つくヒマもなかったから…。

タワーのうえまでのぼって、足元にある東京の街を見下ろすと、いつもは飲み込まれそうに感じる巨大なコンクリートの塊が、子どもの時に遊んだレゴのようにちっぽけに見えた。

まわりにいる人は、観光客がほとんど。実際に住んでいると、自分が生活している街を空にちかい場所から見る機会はそうそうない。

目の前にひろがる景色を見ると、太陽がちょうど沈んでいくところだった。

高層ビルのむこう側にゆっくり落ちていく光は、雲ひとつない空を、ピンク、青、紫のグラデーションに染めていく。

それはまるで、シカゴに住んでいた時に「ウィリス・タワー」から見た夕日のようだった。

あの時も、留学先で付き合っていたアメリカ人の彼は隣にいてくれた。

慣れない海外生活で、側にいて見守ってくれた人。大学を卒業したあと、私は「日本へ帰りたい」と言って、さよならを告げてしまったけれど…。別れ際、一瞬だけ彼が見せた言葉にできない表情は、今でも鮮明におぼえている。

遠い場所へ行ってしまう人を、悲しいけれど応援したいという消化できない切なさがにじんでいた。

数年前の元彼の感情が、数ヶ月前に別れた彼への自分の気持ちと重なって、目の前の視界が涙でぼやけていった。

(数年たって、今さら私はあの時の彼の気持ちをほんとうに知れた気がする。本当にダメなやつだ…)

自分ばかりが辛いという気分になっていたけれど、私だって、昔大切な人がくれた思いがあってここにいる。

今頑張ることを諦めて、あの時背中を押してくれた人の気持ちを裏切ることはしたくない。

小さな気づきがもたらした
「新しい朝」

次の日、目が覚めるといつもと変わらない朝があった。けれど、ひとつだけ感じたことがある。

それは、きのうの私より、強くなれている気がするということ──。

会社へ行って、今日から仕事がとつぜん上達したり、いきなり上司から褒められるようになるわけじゃない。

でも、これまでずっと立ち止まっていた場所からは、一歩前へすすめていると思う。

いつもより軽快なあしどりで会社へ向かうと、揺れる髪の毛からただよう香りにふと笑顔がこぼれた。

記憶の中のジャスミンの花とシャンプーのほのかな香りに、そっと背中を押されている気がした。

失恋した時に読みたい「立ち直る5つの方法」「星座別、最速で立ち直るには?」「失恋は3ヶ月で克服?」「新しい恋に向けて知っておくべきこと」「次の恋のための独...
手痛い失恋をした時、どうやって立ち直りますか?ひたすら泣く、旅に出る、喋り倒す…人それぞれだと思います。でも、ショートフィルム『デビッドの失恋ツアー』の彼...
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
失恋の痛手を治すのは、思いっきり泣くことだ。そんな話を聞いたことがある。現実世界に目を向けるのは、あまりにも酷なことだから。泣くことで、悪い感情が吐き出さ...
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
香港の企業がローンチした「Breakup Tours」はちょっと変わった旅行サービス。ツアーのターゲットはなんと......“失恋した人”。
失恋って、精神的な「死」だと思う。
「株式会社ヒャクマンボルト」が、7日分のコーヒー豆と7話の短編エッセイがセットになった商品「失恋珈琲」を展開。クリスマス後の今だからこそ興味のある人も多い...
どんなに大きな失恋でも3ヶ月で立ち直る!?失恋からどれくらいで立ち直ったか、というのはどの国でもどの年代でも気になる話。一世を風靡した海外ドラマ「セックス...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。今回のテーマは「恋愛」......という...
失恋によって自暴自棄になったり、家の中に閉じこもったりしていても、やり場のない大きな悲しみはなかなか癒えることがありません。しかし、生きている限り、あなた...
失恋さえなければ、人生は随分とラクだと思うんです。でも、一度も失恋をせずに一生を終えることなんて、ほとんどの人ができない。だったらせめて、乗り越える術だけ...
何日も引きこもったり、何時間も友だちに話を聞いてもらったり、あえて可愛く着飾ってみたり。どんな人でも失恋をすると深く傷つきます。自分では立ち直ったと思って...
「コオロギラーメン」や「コオロギ醤油」で知られる、昆虫食の魅力を世に発信する「ANTCICADA(アントシカダ)」から、「コオロギビール/Cricket ...
ピコ太郎がYouTubeで新曲を公開!今回届けるのは運動不足が解消できて、子供たちに人気が出そうな曲『Hoppin' Flappin'!』。
失恋したら辛いものですが、いつまでも悲しい気持ちであふれた状態ではいたくはないものです。どのように過ごしたら恋の痛手から、早く立ち直ることができるのでしょ...
8月13日、AppleはiPhoneとApple Watchを使用した「Wallet学生証」をアメリカの大学12校が新たに導入すると発表した。
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
失恋した彼ともう一度復縁するには、別れる前よりもっといい女性になることが必要です。放置期間は、そのためのチャンス!自分を磨いて彼に別れたことを後悔させてし...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...