声をあげても届かないから…。大統領を氷にして溶かした男。

トランプ大統領が溶けていく。

これは単なるジョークではありません。というのも、文字通り“トランプが溶けてしまう”氷があるのだから…。

彼の環境問題に対する考えなどを、批判するためにつくられたものです。

「溶けるトランプ」は
ビジュアルでも強く訴える

この氷は、Scott KellyさんとBen Polkinghorneさんが製作したアイストレイでつくられました。水を入れて冷凍庫で冷やせば、“トランプ大統領”が登場!というわけです。

一体、なにをここまで批判しているかというと、地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定から離脱を表明した、トランプ大統領を皮肉るというもの。

地球温暖化を“ムシ”しようとすることで自分が溶けてしまう…という、痛烈なメッセージになっています。

ちなみにこのアイストレイ、リサイクル可能な素材でつくられています。環境問題を訴えているだけあって、隅々まで配慮されています。

抗議活動というと、ついついデモをイメージしがちですが、何かに対して抗議する方法は多岐にわたってもいいのだということですね。場合によっては、このようなユニークなやり方のほうがメッセージが伝わりやすかったりして!?

なお、売り上げによる利益は全額、環境保護団体に寄付されるとのことです。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by Scott Kelly and Ben Polkinghorne
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。