家具を買う余裕のない人にこそオススメしたい模様替え

部屋をもっとおしゃれにしたい。そう思ったことはありませんか?でも、マンションだし限界あるなぁって、思ってたりしませんか?

今回は、何も動かさなくても大胆に部屋を変えられる模様替えの方法をご紹介します。どうか、おしゃれな部屋を諦めないで。

高い家具やセンスの問われる
インテリアは必要ない

おしゃれな部屋をつくるとき、アンティークの高い家具を揃えたりすることが必要だなんて、そんなことはありません。インテリアは、もっと自由なものです!

安くて気軽に部屋を変えたい。そんな想いに応えられるもの。それが、写真です。撮ってるばかりで、飾らないなんてもったいない。センスも、特別な知識も必要ありません。写真で、部屋を変えましょう。

部屋とお気に入りの場所がつながる

たとえば、リビングにお気に入りの場所を撮った一枚を飾りましょう。ビーチや街並み。写真を飾れば、部屋に奥行きが出て、まるでその場所とつながっているような感覚に。帰ってくるたびに眺めると、日々の疲れも癒されます。さらに、等身大の大きな一枚をドーンと飾れば、部屋とドアでつながっているみたいになりますよ。

また、モノトーンなど、同じトーンの写真をまとめて飾ってみましょう。すると、映画のシーンが壁に広がっているように見えてきて、何気なく飾った写真にもストーリーが生まれてきます。おしゃれに仕上げたい方に、オススメです。

家だからこそ、非日常にしたい

長い時間を過ごす家。リラックスできるかどうかが重視されるけど、長い時間を過ごすからこそ、非日常を感じられる楽しい部屋にしたい。そう思う人は意外と多いみたいです。
そんな方にオススメなのが、旅の写真を飾ること。国や都市を統一して、まるですぐそこにその場所が広がっているようにしましょう。空気感まで感じられる、異国情緒あふれる部屋ができあがりますよ。

春はアメリカ、夏はヨーロッパ、秋はアフリカ、冬は東南アジア、みたいに季節ごとに飾る写真を変えれば、家にいながら世界一周しているような非日常な気分が味わえます。

写真のある暮らしって、いいかも

家具も動かすことなく、壁や床を傷つける心配もなく、部屋の印象をガラッと変えることができるのが、写真です。
でも、今回ご紹介した飾り方をいきなりやろうとするのは、ちょっとハードルが高いって感じた方もきっといるはず。

そんな方は、写真との暮らしを楽しむWEBマガジン「写真と、ちょっといい暮らし。」を覗いてみてください。How toも載っているので、初めての人でも簡単にできますよ。あなたも、写真と暮らしてみませんか?

統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
「無印良品」と「IDÉE」の家具・インテリアが、「寝る」「学ぶ/働く」「くつろぐ」という3種の基本セットになり、お手頃な月額定額料金で利用できるサービス。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
人気キャラクターやアート作品をブロックにした「大人のためのレゴ」が登場。組み立て時には、リラックスした趣味の時間が楽しめ、飾れば部屋に彩りを与えるインテリアに!
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
イギリスのある森で、サステイナブルな家具作りに挑戦するカップルがいる。彼らは、家具を作るために木を伐採することはしない。その代わりに、理想のカタチになるよ...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
「マイアミ・アート・ウィーク」で大盛況だった展示会「CASACOR Miami」。今年で2回目の参加でしたが、来場者は2万5000人以上。Instagra...
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
都心のタイニーハウス在住男子としては、やっぱりイケてる家具を揃えて、かっこいい大人を演出したい!それでいてできるだけ広々とした空間は保ちたいし…。
アートユニット「MOTASWORKS」の個展「BOOTEMPORARY」が「JOURNAL STANDARD FURNITURE 神南店」で開催中。額装さ...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。