5万円で定番も最新も巡る「1泊2日満足北海道」

ちょっと泊まりで旅行へ出かけたいな、でもそんなお金もかけれないし……。

可能ならそこまでお金をかけずに、それでいて、非日常を味わえる旅がしたい、そんなあなたに、観光もグルメも魅力盛りだくさんの北海道を、予算5万円で楽しむプランを考えてみました!

フライト、ホテル、レンタカーもまとめて予約
37,000円*

旅の計画でまず決めることは、フライトとホテル。フライトが決まったと思ったら、次はホテルをリサーチして比較して……となると、これが意外に手間ですよね。

そんな時は、JALダイナミックパッケージで、フライトとホテルをまとめて予約しちゃいましょう。行き先と日程を入力すると、空きのあるフライトとホテルが表示されるので選択するだけ。レンタカーや旅先で楽しむオプショナルプランも一緒に予約ができます。

予約が完了すると、両方の情報がメールで送られてくるので、予約管理もJALダイナミックパッケージだととても楽です。

【合計37,000円

※2018年9月29日(土)羽田出発1泊2日/往路JAL503便・復路JAL526便利用/札幌東急REIホテル 2名1室利用/朝食なし/いち押しレンタカーSクラス1泊2日利用
2018年5月21日現在の1名様あたりの旅行代金一例

いよいよ旅のスタート!
まずは、札幌グルメではやめのランチ
780円

北海道といえば、まずグルメを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

朝早く起きてごはんを食べ損ねたなら、ガツンとお腹にたまる札幌ラーメンはいかがでしょう。一般的な札幌ラーメンと一味違う「白樺山荘」は、白糀味噌と白味噌をブレンドしたスープが人気の秘訣。濃厚なのにくどくないので女性にもオススメです。

【合計37,780円】

札幌のアートと自然に、一度に触れる
0円

そのままレンタカーで「モエレ沼公園」を目指しましょう。

あまりメジャーな観光地ではないですが、ここは20世紀を代表する彫刻家として知られるイサム・ノグチが基本設計し、20年以上の歳月をかけて完成した総合公園です。

広大な敷地には、山や噴水、遊具などが配置されており、自然とアートが融合した空間をゆっくりと散歩したり、芝生に寝転んだり、ぜひ時間をかけて楽しんでください。

【合計37,780円】

ストウブ鍋?!驚きのスイーツでひと休み
1,080円

ホテルにチェックインする前に、どうしても食べておきたいパンケーキを食べに「Cafe Kitchen unique」へ寄り道。

北海道産の自然食材にこだわったカフェで、オーナー独自のストウブ鍋を使った料理とパンケーキが人気です。オーブンでひとつひとつ、じっくり焼き上げるパンケーキは、ふわふわモチモチ。溢れるように盛り付けされたフルーツは季節によって変わります。

セットで付いてくるアイスクリームと生クリームで、パンケーキの味に変化をつけながら楽しんでみてください。

【合計38,860円】

サンセットからの日本新三大夜景
100円(びっくりオプション*)

札幌市のほぼ中央に位置する標高531mの「藻岩山(もいわやま)」から見える夜景は、長崎、神戸とともに日本新三大夜景に認定されています*。

日が沈む前に展望台まで行き、サンセットと夜景を楽しみましょう。山頂からはキラキラと光る札幌の街並み、日本海、増毛暑寒別岳まで360℃に広がる大パノラマを望むことができます。展望台には「幸せの鐘」があるので、恋人との旅行では、ぜひ鐘を鳴らしてみてください。

JALダイナミックパッケージでフライトとホテルを予約した方には、「びっくりオプション」で、藻岩山までのロープウェイとケーブルカーが、現地参考価格1,700円のところタイムセール期間限定で100円とお得になっています。

【合計38,960円】

*期間限定販売のオプションとなり、設定については予告なく変更となる場合があります。
*2015年、夜景サミットにて認定。

札幌一の繁華街ススキノで羊を食す
4,900円

北海道の肉料理といえば、ジンギスカンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ラム肉が身近な存在の北海道では、ジンギスカンに限らずラムをしゃぶしゃぶで食べることも一般的。

薄くスライスされたラムは、火を通すことで、口の中でほろほろと、とろけるように柔らかくなります。食べるなら、ラム肉を知り尽くしたジンギスカン専門店が経営する、ラムしゃぶ専門店「北海しゃぶしゃぶ」で頂きましょう。

【合計43,860円】

〆はラーメンじゃなく“パフェ”が札幌の新定番!
100円(びっくりオプション*)+差額800円

北海道では今、飲み会や食事の後に、一日の締めくくりとしてパフェを食べる「しめパフェ」が定番になっています。

JALダイナミックパッケージでの「びっくりオプション」では1,000円分の食事券を100円で購入できるので、クーポンを持ってパフェ、珈琲、酒 佐々木へ。

見た目が可愛すぎる、人気の「お茶と柚子とライチ」のパフェ(1,250円)と本日のコーヒー(550円)で夜の幸せなひと時をお過ごしください。アイス、フルーツ、クリームの絶妙なバランスがとれたパフェはラーメンよりも幸せな気分にしてくれるはず!

支払いは、クーポンを提示し、差額800円を現地で支払います。

パフェで〆た後は、ホテルへ。ゆっくりお休みなさい!

【合計44,760円】

*期間限定販売のオプションとなり、設定については予告なく変更となる場合があります。

たっぷり海の幸の朝ごはん
500円(びっくりオプション*)

2日目の朝は、贅沢な海鮮丼でスタート!

「海鮮食堂 北のグルメ亭」は北海道各地から直送された魚介を使った海鮮丼や刺身、焼き魚などが食べられる食堂です。

JALダイナミックパッケージの「びっくりオプション」では、約10種類の海鮮がこぼれるように盛り付けられた3,210円の海鮮丼が驚きの500円で堪能できます。もう、これは使わない手はないですね!

【合計45,260円】

*期間限定販売のオプションとなり、設定については予告なく変更となる場合があります。

これでもか!というほどの青の絶景
1,400円

お腹が満たされたら、ドライブで約2時間半、積丹半島を目指します。

積丹ブルーという言葉を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、ここ積丹半島から望む真っ青な日本海を望むことができます。一番の絶景を見ることができるのは、黄金岬。ここからの景色は、息を飲む美しさです。

積丹ブルーの絶景を楽しんだあとは、美国港から出ている「水中展望遊覧船ニューしゃこたん」のチケットを買って、約40分の船旅をぜひ。飲み込まれそうなほどの深いブルーを、間近で楽しんでみてください。

【合計46,660円】

やさしい味が心に染みる、小樽名物
1,890円

そろそろランチの時間。小樽まで戻り、散策の前に小樽名物をいただいてはいかがですか。

1954年創業の老舗蕎麦屋「薮半(やぶはん)」は、静屋通りと呼ばれる裏路地にあります。店内には趣のある囲炉裏などがあり、連日多くの観光客で賑わっています。

ここで注文して欲しいのは「うにとじそば」。卵とじされたウニが贅沢にのせられた温かいそばです。つゆにはウニの旨味が出て、最後まで飲んでしまいたくなる美味しさです。

【合計48,550円】

小樽運河でレトロな気分に浸る
0円

小樽名物の運河は、大正12年に水路として完成してから、北海道の海運を支えてきました。定番の観光地ですが、運河沿いに並ぶノスタルジックな建物を眺めながらの散策は、雰囲気もあり、人気の観光地である理由がわかります。

中央橋を中心に多くの観光客で賑わっていますが、全長1kmちょっとの運河ですので、ぜひ端から端までゆっくりと歩いてみてください。

【合計48,550円】

ゆっくりと散策しているともう夕方。そろそろ空港へ向かう時間です。
おつかれさまでした!

あ、ちなみに、ガソリン代や高速代、駐車場代などは含まれておりませんので、悪しからず!

北海道を遊び尽くすなら
JALダイナミックパッケージ

JALダイナミックパッケージは、フライトとホテルの予約が一度にできて便利なだけではなく、びっくりオプションやレンタカーなど、お得なオプションがたくさんあり、北海道のグルメや自然を遊び尽くすなら、絶対にオススメです!

北海道に行きたくなったが吉日、さっそく旅行の計画立ててみてはいかがですか?

北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
北海道幌加内町の北部にある「朱鞠内湖(しゅまりないこ)」は、気象庁非公式ながらも、過去にとんでもない記録を叩き出した模様。なんかもう、書くだけで寒気がする...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanは、2022年に宇宙ホテル「Aurora Station」を開業予定です。
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...