アート、アンチョビ、美食ワイン。一度は訪れたい南仏コリウール

南仏ルーシヨン地方の最南端の町コリウールは、知る人ぞ知る小さなリゾート地。町全体がカラフルでまるでアートのよう。それもそのはず、この町は、かつて「野獣派」と呼ばれたアーティストたちを虜にした町なのです。そこまで人を惹きつける、この町の魅力とは?

野獣派がときめくキュートな町

472958916309811252195933919641604909969937793024

野獣派(フォービズム)とは、20世紀のはじめに一世を風靡した洋画の表現手法のこと。ビビッドな色使いや、写実ではなく主観を重視した自由でのびやかな筆使いが、当時の評論家に「まるで野獣の檻の中にいるよう」と評されたことから、その名がつきました。

そんなフォービズム発祥の地がこのコリウール。のちに色の魔術師とも言われたフランス人画家のマティスが、コリウールの町に降り立った際この街のあまりにビビッドな色彩に衝撃を受けて生まれたのがフォービズムなのです。

ピンクやオレンジの外壁に緑や紫の窓枠、空と海の青、そして元気な南の植物や花が交わる町は、まるで町そのものが野獣派の作品のよう。かのピカソも魅了されて、お隣のスペインから通い詰めていたそう。

やっぱりアートが身近

540055846676070454744348738191364806639198666752

石畳の細い道と、両側の建物の鮮やかな色彩がたまらない。そんなコリウールの町にはやっぱりアートが似合います。迷路のような路地には30ものアートギャラリーが密集し、レストランの壁にも絵がずらりと並んでいます。どの絵も現代に息づいている野獣派といった感じ。

道にはキャンバスに絵の具を広げるアーティストたち。お土産の小物も他では見ない色使い。絵描きでなくてもウキウキしてしまう。色鮮やかなアイスを買って町を歩いているだけで心が踊り、自分も町の一部になってしまうような感覚を味わえるのです。

暮らしの中にも「心の色」を

5578544881074176

アンリ・キンタ氏

4836729202671616

街の人々の暮らしの中にも「野獣的」色使いは溶け込んでいます。「太陽の布」として知られ、日本でも人気の「レトワール・デュ・ソレイユ」は実はここルーシヨン地方が発祥。オーナー兼デザイナーのアンリ・キンタ氏は、この地域の伝統的な色から始まり、世界中の景色や心の風景を色とパターンに織り込んで表現している、まさに現代の野獣派。

ブランドの代表的な布「コリウール」は彼の幼い頃の記憶にあるコリウールの港に並んでいたカラフルな小舟がインスピレーションになっているそうです。「レトワール・デュ・ソレイユ」は現地でも大人気。家のテーブルクロスから車の座席まで、暮らしに欠かせないアイテムとしていたるところで目にします。

ワインにはアンチョビを

4879069527146496

ビーチが町の一部というのもコリウールの魅力。ピカソは子供を連れてビーチでよく遊んでいたというエピソードも残っています。カラフルな町からそのまま続く、息を飲むほどに鮮やかな地中海。そこで獲れるアンチョビがコリウールの名産品です。

49095468164055044921025905033216

いろいろな種類のオイルや塩、レモンやワインビネガーに漬けるなど味のバリエーション豊かで、パッケージもとってもキュート。現地ではこれをサラダに混ぜたり、パンの上に乗せたりして、海辺でワインと一緒に食すのが至福の時間。

ピカソも愛したかもしれない「美食ワイン」

4912266067574784

どこを切り取っても絵になる可愛い町コリウール。その町の外に広がるのは、棚田のようなワイン畑と海の絶景です。強い日差しが照りつける海沿いの斜面という環境で、ブドウの木々は風に揺さぶられながらワイルドに育っています。

急斜面のため機械が入ることができず、全てのブドウが人の手で収穫されてつくられるワインは、フランスでもダントツにクオリティが高い美食ワインとして知られています。

ミニマムな畑が多いコリウール地域で、最大の畑面積を持っているのが、ドメーヌ・カズのプレミアムワイン、「レ・クロ・ド・ポリーユ」。もっとも良い状態のブドウを最適なタイミングで摘むことができるため、この土地の魅力を最大限に活かしたワインとして地元の人たちにも愛されています。

4839787756257280

海の塩の風味に加え、近くに生えているユーカリやイチジクの木の香りも取り込んだ豊かな赤ワイン。「波のしぶきを感じる」という詩的な白ワイン。畑には100歳を超えるぶどうの木もあるというから、ピカソも同じブドウのワインを飲んでいたのかも。

自宅で気軽に
コリウールスタイルを愉しめるセット

4807857224548352

「レ・クロ・ド・ポリーユ」と、記事でも紹介した「レトワール・デュ・ソレイユ」のランチョンマット、またはテーブルランナーのセットを、KIRINのECサイト「DRINX」で買うことができます。南仏らしいビビッドな色彩のマットをテーブルに敷いて、コリウールスタイルを自宅で気軽に愉しんでみてくださいね。

48431976918548485780394452451328
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...