アート、アンチョビ、美食ワイン。一度は訪れたい南仏コリウール

南仏ルーシヨン地方の最南端の町コリウールは、知る人ぞ知る小さなリゾート地。町全体がカラフルでまるでアートのよう。それもそのはず、この町は、かつて「野獣派」と呼ばれたアーティストたちを虜にした町なのです。そこまで人を惹きつける、この町の魅力とは?

野獣派がときめくキュートな町

野獣派(フォービズム)とは、20世紀のはじめに一世を風靡した洋画の表現手法のこと。ビビッドな色使いや、写実ではなく主観を重視した自由でのびやかな筆使いが、当時の評論家に「まるで野獣の檻の中にいるよう」と評されたことから、その名がつきました。

そんなフォービズム発祥の地がこのコリウール。のちに色の魔術師とも言われたフランス人画家のマティスが、コリウールの町に降り立った際この街のあまりにビビッドな色彩に衝撃を受けて生まれたのがフォービズムなのです。

ピンクやオレンジの外壁に緑や紫の窓枠、空と海の青、そして元気な南の植物や花が交わる町は、まるで町そのものが野獣派の作品のよう。かのピカソも魅了されて、お隣のスペインから通い詰めていたそう。

やっぱりアートが身近

石畳の細い道と、両側の建物の鮮やかな色彩がたまらない。そんなコリウールの町にはやっぱりアートが似合います。迷路のような路地には30ものアートギャラリーが密集し、レストランの壁にも絵がずらりと並んでいます。どの絵も現代に息づいている野獣派といった感じ。

道にはキャンバスに絵の具を広げるアーティストたち。お土産の小物も他では見ない色使い。絵描きでなくてもウキウキしてしまう。色鮮やかなアイスを買って町を歩いているだけで心が踊り、自分も町の一部になってしまうような感覚を味わえるのです。

暮らしの中にも「心の色」を

アンリ・キンタ氏

街の人々の暮らしの中にも「野獣的」色使いは溶け込んでいます。「太陽の布」として知られ、日本でも人気の「レトワール・デュ・ソレイユ」は実はここルーシヨン地方が発祥。オーナー兼デザイナーのアンリ・キンタ氏は、この地域の伝統的な色から始まり、世界中の景色や心の風景を色とパターンに織り込んで表現している、まさに現代の野獣派。

ブランドの代表的な布「コリウール」は彼の幼い頃の記憶にあるコリウールの港に並んでいたカラフルな小舟がインスピレーションになっているそうです。「レトワール・デュ・ソレイユ」は現地でも大人気。家のテーブルクロスから車の座席まで、暮らしに欠かせないアイテムとしていたるところで目にします。

ワインにはアンチョビを

ビーチが町の一部というのもコリウールの魅力。ピカソは子供を連れてビーチでよく遊んでいたというエピソードも残っています。カラフルな町からそのまま続く、息を飲むほどに鮮やかな地中海。そこで獲れるアンチョビがコリウールの名産品です。

いろいろな種類のオイルや塩、レモンやワインビネガーに漬けるなど味のバリエーション豊かで、パッケージもとってもキュート。現地ではこれをサラダに混ぜたり、パンの上に乗せたりして、海辺でワインと一緒に食すのが至福の時間。

ピカソも愛したかもしれない「美食ワイン」

どこを切り取っても絵になる可愛い町コリウール。その町の外に広がるのは、棚田のようなワイン畑と海の絶景です。強い日差しが照りつける海沿いの斜面という環境で、ブドウの木々は風に揺さぶられながらワイルドに育っています。

急斜面のため機械が入ることができず、全てのブドウが人の手で収穫されてつくられるワインは、フランスでもダントツにクオリティが高い美食ワインとして知られています。

ミニマムな畑が多いコリウール地域で、最大の畑面積を持っているのが、ドメーヌ・カズのプレミアムワイン、「レ・クロ・ド・ポリーユ」。もっとも良い状態のブドウを最適なタイミングで摘むことができるため、この土地の魅力を最大限に活かしたワインとして地元の人たちにも愛されています。

海の塩の風味に加え、近くに生えているユーカリやイチジクの木の香りも取り込んだ豊かな赤ワイン。「波のしぶきを感じる」という詩的な白ワイン。畑には100歳を超えるぶどうの木もあるというから、ピカソも同じブドウのワインを飲んでいたのかも。

自宅で気軽に
コリウールスタイルを愉しめるセット

「レ・クロ・ド・ポリーユ」と、記事でも紹介した「レトワール・デュ・ソレイユ」のランチョンマット、またはテーブルランナーのセットを、KIRINのECサイト「DRINX」で買うことができます。南仏らしいビビッドな色彩のマットをテーブルに敷いて、コリウールスタイルを自宅で気軽に愉しんでみてくださいね。

さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
心温まる動画をご紹介。
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...