今夏大ヒット中「NULL リムーバークリーム」の実力

カミソリ? ずっと剃り続けないと毛が濃くなりそう。

毛抜き? 1本ずつは時間がかかるし痛い。

テープやワックス、脱毛クリーム? きっと、もっと痛い。

となると、残る選択肢は除毛クリーム。

ただ、正直言って肌に悪そうなイメージしかありません。いくらムダ毛が気になるとはいえ、「毛を溶かすようなものを塗って大丈夫?」という心配が先行してしまう。匂いもキツそうだし……。

もっというと、ムダ毛処理はエチケットだと考えるような男性にとって、デカデカと「除毛」と書かれたパッケージはしんどい(笑)。

でも、これなら!

そんな除毛クリームのイメージを覆すのが、今夏ヒット中の「NULL リムーバークリーム」です。

男女問わず支持されているこのクリーム、ヘアワックスのようなパッケージで、除毛クリームや脱毛クリームではなく「リムーバークリーム」と名乗っているところからも、これまでのモノとは一線を画しています。

肝心の使い勝手や除毛効果も評判ヨシ。

なんでも独自の抗炎症オーガニック認証済みエキスを7種配合しているそうで、デリケートなVラインにも使えるとか。守備範囲も広く、ちょっとしたムダ毛処理はもちろん、剛毛でもOKとのこと。

というわけで、編集部でも実際に使ってみました!

塗って、洗い流すだけ
たった5分でツルツルに

まず対象箇所の汚れを洗い流し、毛が覆われるくらいの厚さで塗ります。

ヒリヒリや痛みはまったくナシ。除毛クリームや脱毛クリームにありがちなパーマ液のようなニオイもほとんどナシ。

5分ほど放置してタオルで拭き取り、最後に水で洗い流して完了。肌がツルツルに。

とくにニオイがほとんどしないのは、かなりうれしい。Vゾーンはともかく、腕や足、胸ぐらいならリビングでもコトは済みます。臭いヤツだと部屋中にニオイがこもってしまうんですよね〜。

手軽さが全然違います。

本当のスゴさは、除毛後に……

使用後も肌が荒れてしまうどころか、むしろしっとりしていて気持ちイイ!

ちょっとオーバーに言えば化粧水を使った後のような感覚。アロエエキスとノバラエキスが配合されているとか。

もはや、「除毛力」は大前提。そのうえであらゆるポイントを複合的に押さえているところがうれしい。

2013年の発売以来、楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングといった王手通販サイトの各部門でランキング一位を獲得。いまや、除毛クリームの王道! それほどの人気を獲得している理由は、総合力にあるわけです。

急なデートにも即対応
身だしなみをサクッと整える

この「NULL リムーバークリーム」を持っていれば、急にデートのお誘いがあっても、あっという間に身だしなみが整えられます。何度も言いますが、たった5分ですから!

通常価格は2,980円(税込)。

ただし、6月29日から7月8日23時59分までのキャンペーン期間中は、2,500円(税込)で購入できます。初回の全額返金保証もあるので、なおさら初心者でもトライしやすいですね。

この価格で「安心」が買える。そう思えば、決して高い買い物ではないはずです。

使用感がわかる動画もチェック!

下は使用方法を解説した公式動画。

見てるだけでも気持ちイイぐらいに、肌がツルツルに!

わたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけない。
ズボラな人でも手軽に歯ブラシを99.9%除菌できる「壁掛け歯ブラシ除菌ホルダー」 が、今月末までクラウドファンディングサービス「Makuake」で応援購入...
クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。だけどこのパスタ、ハーブとレモンでさっぱり仕上げているから、クリームベースなのに軽めな口あたりで、ペ...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
「HERMÈS」主催のスカーフデザイン国際コンペ「LE GRAND PRIX DU CARRÉ HERMÈS」の最終結果が3月1日に発表された。優勝者は日...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
ドイツ生まれのワイヤレススピーカー「ARiNA」が販売開始。
〈savex(サベックス)〉のリップクリームは、ストック買いにオススメ。まず値段が安い。自分は1つ110円で買いました。最近国内では店頭販売で取り扱いがな...
スマートフォンを充電しながら99%UV除菌できる「Smart Cleaner」。
男性の朝の日課。それはシェイビングクリームをつけて、髭を剃ること。剃り残しをなくすため、何度も剃ることでカミソリ負けした人も多いはず…。そんな悩みとは無縁...
人気の「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が年末・年始限定のドーナツを販売する 。「映える」こと確実の3種と人気の一品がセットになったパックも同時リリース。
パリ発の総合美容専門店「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pom...
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
クラウドファンディング「Kickstarter」で話題の除菌クリーナー「Egret EO Blaster」は、水と塩を入れるだけで、細菌とウイルスを99....
なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。しかし、今ではそん...
"アニメ『魔法の天使 クリィミーマミ』に「魔法のステッキ」をそのまま小さくしたようなリップクリーム。実際のステッキと同じようにハートモチーフがくるくる回る...
東京・町田の「武相庵Cafe&Hostel」で味わえる「本気のクリームソーダ」は、一流のバーテンダーならではのセンスと技術が詰まった夢のような一杯。
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。