こんなに様になるヘッドホンはない!

今、このタイミングでメイン機としてヘッドホン/イヤホンの購入を検討しているなら、BOSEの「QUIETCOMFORT 35 WIRELESS HEADPHONES Ⅱ」は、当然選択肢に入ってくるはず。

サウンド(低音がとくに最高!)、ノイズキャンセリング、フィット感と三拍子そろっているのがこのヘッドホンの特徴だ。初代も大ヒットした、その後継機にあたる。

とくにノイズキャンセンリングに関しては、ここにきて使用シーンがグッと広がってきた感がある。ただ音楽を聴くためにノイズをカットするってだけじゃなくて、デスクワークで集中したり、街を歩いている時、新幹線や飛行機などで移動する際にリラックスするためなどなど、日常のあらゆるシーンで欠かせないものになってきた。

そもそもこのノイズキャンセリング機能自体、BOSEが先駆者であり社会に普及させたものだ。この「QC35 II」でもやはり一日の長を感じる。ポイントはBOSEの公式アプリ「Bose Connect」を使って、ノイズキャンセリングのレベルを3段階に調節できるところ。

個人的には、音楽を聴く時は“高”に設定して最高のクリアなサウンドを楽しんで、作業中に周囲の雑音をカットしたい時は“低”に設定して集中しやすい環境を作ってる。“高”は静かすぎて、寂しくなってくるから(笑)。コレ、同じようなことを言うユーザーはまわりに多くて、つまりはそれだけBOSEのノイズキャンセリングの技術がスゴイってことだ。

特筆すべきはヘッドホンとしての性能の高さだけじゃない。Google アシスタント、Siriといった音声アシスタントに対応している点にも注目したい。実際に使ってみると、音楽の再生、スケジュールのチェック、行き先案内などが声だけで出来るのはかなり便利。すでにこれらの音声アシスタントをフル活用している人はもちろんのこと、まだこれからって人でも、メールやSNSの音声通知はうれしいのでは? 

さて、ここまでいろいろ紹介しておいてなんだけど、じつは自分の中で決め手になったのは、結局ルックスだったりする。まあ、イヤホンじゃなくてヘッドホンを選択する時点でファッション視点はあるわけだけれど……。

イヤーカップやヘッドバンドの上質な素材感が、いかにもこのブランドらしくスマートだし、ソリッドなシルバーの色も好物(ちなみにブラックもあります)。デスク上でも、首からかけても、こんなに様になるヘッドホンはない!

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
Top photo: © 2018 TABI LABO

関連する記事

普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
ロンドンを拠点に活動するデザイナーRocco Giovannoniさんが開発したヘッドホン「Inmergo」が斬新だ。
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
「Google」が作ったイヤホン「Googlepixel buds」が8月20日(木)に登場。音質良し、装着感良し、機能性バツグンの優良イヤホンがついに発売。
「Timekettle M2」は、音楽も聴けるイヤホン翻訳機。もちろん通話も可能。
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
『Makuake』さんから紹介してもらった「VIE FIT」は、かなりのスグレモノです。とってもソフトなシリコン素材を使ったイヤーチップが耳にフィット……...
耳に引っ掛けるだけのストレスフリーな超薄型Bluetoothイヤホン「CLiCK」。残り期間わずかなクラウンドファンディングでは、最大32%(記事公開時)...
「マイクロソフト」からワイヤレスイヤホン「Surface Earbuds」が発売。同社初となる完全ワイヤレスイヤホンは、大きな円盤のような外見が印象的なデ...
AfterShokz(アフターショックス)の新作となるこのモデルは、防水・防塵性能は当然のようにIP68(つまり最高レベル!)。MP3プレイヤー内蔵型なの...
iPhone7以降、イヤホンジャックがなくなったのを機にワイヤレスイヤホンに乗り換えた人も多いはず。街中でも「AirPods」を使用している人をかなり見か...
発売は1984年。流行り廃りの激しいこのジャンルにおいて、35年以上売れ続けているという、超超超ロングセラーです。
電話がかかってきた。けれど周りの目が気になって、何だか会話しづらい…。別にいけない話をしているわけでもないのに、そんな風に感じてしまう。だったら、こんな解...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
8月12日にテキサス州オースティンで、サイレントディスコのように参加者一人ひとりがヘッドホンをつけて、ハイキングをするイベントが開催予定だ。
6月上旬、「JVC(ビクター)」ブランドのスポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン「HA‐ET45T」が発売。周囲の音が聞きとりやすい低遮音イヤーピースを付属し...
フランスのハイエンドなオーディオメーカー〈FOCAL(フォーカル)〉の「SPARK WIRELESS」です。
「株式会社THEATER GUILD」が、7月1日、サブスクリプション型映画館「シアターギルド」をオープン。専用ワイヤレスイヤホンで独特の没入感が楽しめる。
クラウドファンディング「Indiegogo」で発表されて以来、異例のスピードで潤沢な資金を調達した、世界で最も快適と標榜するスマートヘッドホン「Sound...
骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。音漏れなど...
音楽を聞こうとしたら、ポケットの中でイヤホンが絡まっている…。接続部分が壊れて買い換えなければならないこともあるし、カナル型だったらイヤーピースをなくして...
どこからどう見てもヘッドホンのマッサージ機の登場です。効果は、心臓や肝臓、肺機能を整えてくれるのだとか。
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
ワイヤレスイヤホンとマイクを内蔵した高機能マスク「MaskFone」が予約受付中。マスクを着けたままのこもった会話を解消し、マスクとイヤホンが絡まるといっ...
米国スタートアップ「Pearl Audio」は真珠をイメージして作られた高性能イヤホン「Peral」を発売。高級感のある綺麗な見た目に加えて、太陽光充電に...