こんなに様になるヘッドホンはない!

今、このタイミングでメイン機としてヘッドホン/イヤホンの購入を検討しているなら、BOSEの「QUIETCOMFORT 35 WIRELESS HEADPHONES Ⅱ」は、当然選択肢に入ってくるはず。

サウンド(低音がとくに最高!)、ノイズキャンセリング、フィット感と三拍子そろっているのがこのヘッドホンの特徴だ。初代も大ヒットした、その後継機にあたる。

とくにノイズキャンセンリングに関しては、ここにきて使用シーンがグッと広がってきた感がある。ただ音楽を聴くためにノイズをカットするってだけじゃなくて、デスクワークで集中したり、街を歩いている時、新幹線や飛行機などで移動する際にリラックスするためなどなど、日常のあらゆるシーンで欠かせないものになってきた。

そもそもこのノイズキャンセリング機能自体、BOSEが先駆者であり社会に普及させたものだ。この「QC35 II」でもやはり一日の長を感じる。ポイントはBOSEの公式アプリ「Bose Connect」を使って、ノイズキャンセリングのレベルを3段階に調節できるところ。

個人的には、音楽を聴く時は“高”に設定して最高のクリアなサウンドを楽しんで、作業中に周囲の雑音をカットしたい時は“低”に設定して集中しやすい環境を作ってる。“高”は静かすぎて、寂しくなってくるから(笑)。コレ、同じようなことを言うユーザーはまわりに多くて、つまりはそれだけBOSEのノイズキャンセリングの技術がスゴイってことだ。

特筆すべきはヘッドホンとしての性能の高さだけじゃない。Google アシスタント、Siriといった音声アシスタントに対応している点にも注目したい。実際に使ってみると、音楽の再生、スケジュールのチェック、行き先案内などが声だけで出来るのはかなり便利。すでにこれらの音声アシスタントをフル活用している人はもちろんのこと、まだこれからって人でも、メールやSNSの音声通知はうれしいのでは? 

さて、ここまでいろいろ紹介しておいてなんだけど、じつは自分の中で決め手になったのは、結局ルックスだったりする。まあ、イヤホンじゃなくてヘッドホンを選択する時点でファッション視点はあるわけだけれど……。

イヤーカップやヘッドバンドの上質な素材感が、いかにもこのブランドらしくスマートだし、ソリッドなシルバーの色も好物(ちなみにブラックもあります)。デスク上でも、首からかけても、こんなに様になるヘッドホンはない!

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
Top photo: © 2018 TABI LABO
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
『Makuake』さんから紹介してもらった「VIE FIT」は、かなりのスグレモノです。とってもソフトなシリコン素材を使ったイヤーチップが耳にフィット……...
iPhone7以降、イヤホンジャックがなくなったのを機にワイヤレスイヤホンに乗り換えた人も多いはず。街中でも「AirPods」を使用している人をかなり見か...
電話がかかってきた。けれど周りの目が気になって、何だか会話しづらい…。別にいけない話をしているわけでもないのに、そんな風に感じてしまう。だったら、こんな解...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
音楽を聞こうとしたら、ポケットの中でイヤホンが絡まっている…。接続部分が壊れて買い換えなければならないこともあるし、カナル型だったらイヤーピースをなくして...
フランスのハイエンドなオーディオメーカー〈FOCAL(フォーカル)〉の「SPARK WIRELESS」です。
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
クラウドファンディング「Indiegogo」で発表されて以来、異例のスピードで潤沢な資金を調達した、世界で最も快適と標榜するスマートヘッドホン「Sound...
骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。音漏れなど...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
どこからどう見てもヘッドホンのマッサージ機の登場です。効果は、心臓や肝臓、肺機能を整えてくれるのだとか。
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
音楽デバイスの進化は日進月歩で改善し、いまやウェアラブルが基本。ではイヤホンはといえば…。誰もがこんな経験があるのでは?音楽を聞きながらジョギングをしてい...
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
イヤリングの背面にあるボタンを押せば、通話ができたり音楽を聴けたりするんです。
集中してやれば、すぐに片付くはずの仕事。そんなことは分かってる。でも、周りの音に気が散ってしまったり、ついついネットサーフィンをしてしまったり…。気付けば...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...