こんなに様になるヘッドホンはない!

今、このタイミングでメイン機としてヘッドホン/イヤホンの購入を検討しているなら、BOSEの「QUIETCOMFORT 35 WIRELESS HEADPHONES Ⅱ」は、当然選択肢に入ってくるはず。

サウンド(低音がとくに最高!)、ノイズキャンセリング、フィット感と三拍子そろっているのがこのヘッドホンの特徴だ。初代も大ヒットした、その後継機にあたる。

とくにノイズキャンセンリングに関しては、ここにきて使用シーンがグッと広がってきた感がある。ただ音楽を聴くためにノイズをカットするってだけじゃなくて、デスクワークで集中したり、街を歩いている時、新幹線や飛行機などで移動する際にリラックスするためなどなど、日常のあらゆるシーンで欠かせないものになってきた。

そもそもこのノイズキャンセリング機能自体、BOSEが先駆者であり社会に普及させたものだ。この「QC35 II」でもやはり一日の長を感じる。ポイントはBOSEの公式アプリ「Bose Connect」を使って、ノイズキャンセリングのレベルを3段階に調節できるところ。

個人的には、音楽を聴く時は“高”に設定して最高のクリアなサウンドを楽しんで、作業中に周囲の雑音をカットしたい時は“低”に設定して集中しやすい環境を作ってる。“高”は静かすぎて、寂しくなってくるから(笑)。コレ、同じようなことを言うユーザーはまわりに多くて、つまりはそれだけBOSEのノイズキャンセリングの技術がスゴイってことだ。

特筆すべきはヘッドホンとしての性能の高さだけじゃない。Google アシスタント、Siriといった音声アシスタントに対応している点にも注目したい。実際に使ってみると、音楽の再生、スケジュールのチェック、行き先案内などが声だけで出来るのはかなり便利。すでにこれらの音声アシスタントをフル活用している人はもちろんのこと、まだこれからって人でも、メールやSNSの音声通知はうれしいのでは? 

さて、ここまでいろいろ紹介しておいてなんだけど、じつは自分の中で決め手になったのは、結局ルックスだったりする。まあ、イヤホンじゃなくてヘッドホンを選択する時点でファッション視点はあるわけだけれど……。

イヤーカップやヘッドバンドの上質な素材感が、いかにもこのブランドらしくスマートだし、ソリッドなシルバーの色も好物(ちなみにブラックもあります)。デスク上でも、首からかけても、こんなに様になるヘッドホンはない!

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
Top photo: © 2018 TABI LABO
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
ロンドンを拠点に活動するデザイナーRocco Giovannoniさんが開発したヘッドホン「Inmergo」が斬新だ。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。