コーヒー後の口内をリセットする「オススメのミントタブレット」7選

コーヒーの香りとは不思議なもので、ふわっと漂ってくるだけでリラックスできるのに、ひとたび誰かの口に入ると、どういうわけか「香り」から「匂い」へと変わってしまう。何が言いたいかって、コーヒーを飲んだ後の口の匂いが気になって、そのままにはしておけないということ。

そんなアフターコーヒーのケアをサポートしてくれる強い味方を紹介します。

コーヒー後のデザート感覚で

5207926230745088
©2018 TABI LABO

スターバックス アフター コーヒー ミント

スースー感:★☆☆☆☆
甘さ:★★★★★
即効性:★★☆☆☆
持続力:★★☆☆☆

スタバのレジ横で目にしていても、試したことあるって人はそう多くないはず。なんせタブレットにしたら高価だから。けれど、その価値はあります。

一応ミントは入っているんですが、その味わいは弱く、マンゴー&パッションフルーツのフルーティーさが際立っています。タブレットとしてはやや柔らかく、ラムネ菓子に近い食感がとにかく後を引く。

コーヒーの後味を消し去るまでとはいきませんが、コーヒーを飲んだ後に、仕事の合間のリフレッシュにも、デザート感覚で楽しむのがオススメです。

フェミニントーンも侮れない爽快感

6446092505841664
©2018 TABI LABO

ミンティア ブリーズ シャイニーピンク

スースー感:★★☆☆☆
甘さ:★★☆☆
即効性:★★★☆☆
持続力:★★★☆☆

 

大粒、小粒、サイズも味もバラエティ豊富なミンティアシリーズ。なかでもNo.1はコイツです。ネーミングやカラーリングのフェミニンな印象に騙されてはいけません。口に入れたとたん、コーヒーの匂いをシャープに遮る爽快なミント。なのに、フローラルでほのかな甘みも伴います。

このミントと甘さのバランスが、とにかく絶妙。「一粒5分続く清涼感」は伊達じゃありません。何をするにも“5分前行動”じゃありませんけど、この大粒サイズなら、一粒でコーヒーの後味をスパッと切ってくれますよ。

最小サイズもミント感No.1!

5782254307508224
©2018 TABI LABO

Mentab

スースー感:★★★☆☆
甘さ:★☆☆☆☆
即効性:★★★★☆
持続力:★★☆☆☆

北海道産和種ハッカを配合したキャンディでおなじみ<北見ハッカ通商>から、タブレットが出ています。これが、恐れいったの一言。今企画中もっとも小粒なのに、ミントパワー炸裂なんですから。

直径3ミリほどのサイズですから流石に持続力までを期待するのは酷。それでも、口に入れてから炸裂までのスピード感は秀逸。フラットホワイトやラテの後に2粒も口に入れれば、しっかりミルクまでかき消してくれますよ。

また、コーヒー以外のシーンでも、口さみしくてついつい3粒、4粒いってしまうため、大人買いしてます(笑)。

鼻を抜ける圧倒的なスースー感

4697015527145472
©2018 TABI LABO

フリスク クリーンブレス ストロングミント 

スースー感:★★★★☆
甘さ:☆☆☆☆☆
即効性:★★★☆☆
持続力:★★★☆☆

これぞ、まさしくストロングミント。ピリピリするほどの強烈なメンソールと刺激が好みならばコイツで決まり。ただでさえ小粒なのに強刺激なフリスクの大粒バージョンは、鼻腔からも舌の上からも、コーヒーの残り香を根こそぎ消し去るパワーです。

これだけのスースーと即効性に加え、「強力ミントで30分息キレイ!」のキャッチコピーのとおり、口の中で簡単には溶けていかない点もポイント。エスプレッソにしろ、ラテにしろ、もはやどんなコーヒーにも勝ってしまいます。

あえて難点を挙げるならば、会議など話をしなければいけない場面において、溶けにくい性質から、いつまでも口内に残ってしまうという点。

ペパーミントとメントール、王道の刺激

4698600235859968
©2018 TABI LABO

フィッシャーマンズ フレンド ミント

スースー感:★★★☆☆
甘さ:★☆☆☆☆
即効性:★★☆☆☆
持続力:★★★★☆

150年以上前のイギリスで誕生した<フィッシャーマンズフレンド>は、特長的なオーバルの平たいタイプ(正式にはミントキャンディ)。甘さが勝るミントが多い海外モノのなかで、こちらはハードタイプです。

歯磨き粉を連想させる独特の味には、好き嫌いが分かれるでしょうが、これはこれで正統派。マンダリン、シトラス、シナモンなど多数フレーバーが展開されていますが、ことアフターコーヒーで選べば断然「ミント」です。

強烈なメントールではないため、やや浅煎りのコーヒー後がちょうどいいかも。

甘さとミントが半々

4661815904567296
©2018 TABI LABO

ジラ スペアミント

スースー感:★★☆☆☆
甘さ:★★★★☆
即効性:★★☆☆☆
持続力:★★☆☆☆

やや甘めのミントがお好みならばコチラを。オーストラリア生まれの<ジラ>に、ガツンとくる刺激を求めてはいけません。2粒くらいを口に入れて、溶けてはまた食べるルーティンを2回ほど繰り返すのがオススメ。

口にした瞬間こそ甘さを強く感じますが、徐々にマイルドなミントフレーバーががじわじわと滲み出てきます。甘さの白とミントの緑がちょうど半々になったタブレット。スースーが苦手、でもフルーティなフレーバーもイマイチって人にはピッタリです。

コーヒー後のミントのその後までお任せ

4811790072414208
©2018 TABI LABO

ディルズ ハーブミント

スースー感:★★★☆☆
甘さ:★★☆☆☆
即効性:★★☆☆☆
持続力:★★★☆☆

 

最後はベルギーを代表する<ディルズ>のタブレット。スタンダードなミント味もなかなかですが、あえて「ハーブミント」をチョイスして欲しい。

アンジェリカ、クローブ、コリアンダー、オレンジピールなどの天然ハーブエッセンシャルオイルを配合したコイツは、ミントだけでなく、甘さとハーブ香が絶妙にマッチ。コーヒー後のミントの、さらにその後のことまで考えてくれているかのような清涼感がGOOD。

ほんのり鼻に抜ける香りは、ハマったらクセになる味ですよ。

ミーティングや商談の前に、あるいはデートの待ち合わせにも、何かと重宝するのがタブレット。コーヒーシーンにおいても、それはマストアイテムです。
コーヒースタイルに合わせてミントも使い分ける。つねに2〜3種をローテーションしながらカバンに忍ばせておく、くらいがエチケットなんじゃないかな。

Top image: © 2018 TABI LABO
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
〈BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)〉で限定販売中のミントタブレット。
このタブレットの真価は、特徴的な使い方ではなく、使用後の口内の爽快感にあります。ミントでリフレッシュさせる……というのが、マウスウォッシュの定番ですが、「...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
リキッドが当たり前のマウスウォッシュ市場に、新たにタブレットタイプが登場した。見た目も色もさながらお菓子。これをひと粒口に頬張り、カミカミしながら水をふく...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
さて、ひとつ質問を。「あなたはタブレットユーザーですか?」Noと答えた人はこの記事を読み進める必要はありません。でも、Yesのあなたはマスト。だって、みん...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...