チョークボーイのイベントだけど、「パンが好き」な人にも来てほしい。理由は本文で!

 

10月あたまの3連休、ご予定はどんな感じですか?

予定がある人もない人も、渋谷駅から電車で3分!
「池尻大橋におでかけ」はどうでしょう?

というのも……

「パンカチ!展」、やってるよ!

5945162467377152
©CHALKBOY


(なにそれ!)って聞こえてきたので、まずはざっくり説明します。

黒板描き・アーティストのチョークボーイさん率いる、手描き結社『WHW!』。彼らの手描きポスターとハンカチの展示販売イベント。

もうちょっと詳しく説明すると、そのハンカチっていうのが、なんと「パン」の柄。(あ、だから「パンカチ」……?!)って思ったみなさん、大正解。パンが好きな人に来てほしいのは、そういう理由から。

大判のポスターも見逃せません。1枚1枚が手描きな上に、絵柄も全部違うらしい!どんなモチーフが描かれるかは、当日のお楽しみ。あ、もちろん「パン」柄もありますので、そこはご心配なく。

当日は、チョークボーイさんによる、チョークアートのワークショップにも参加できちゃうみたい。詳しくはこちらをチェックしてみて!

ところで……
本物のパンは食べられないの?

 

って思ったみなさん、ごめんなさい。本物のパンはないんです。

だけど、がっかりするのはまだ早い!『パンカチ展』が開催される池尻大橋『BPM』の近くで、なんと『世田谷パン祭り』も開催。『パンカチ展』でパンにまつわるお気に入りを見つけて、お腹がすいたらパン祭りへ。

どうでしょう?この休日計画。すてきな秋の始まりになるはずです。

10月6日(土)〜8日(月・祝)の3連休は、池尻大橋の『BPM』へ!

(※『世田谷パン祭り』は7日、8日だけなのでお気をつけください)

Top image: © CHALKBOY, BPM

※このイベントはTABI LABOが協賛しています。

Sponsored by 株式会社 TABI LABO
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
世界にはパンが好き過ぎて、偏愛を通り越し、パンへの変わった「愛情表現」を続けている人がいる。その名も「Bread Face」。パンに顔を乗せる動画をIns...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
友人に絶対行けって言われた茨城・つくばのパン屋さん、「encuit(アンキュイ)」。誰がどう見ても、右から見ても左から見ても、外観が、「ガソリンスタンド」...
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...