10秒でわかる「無駄な生活費」の有無

電力自由化がスタートしてから2年半が経ち、だんだん私たちにとっても身近なトピックになってきました。

自由化自体は知っていたけれど、サービスが多すぎて比較するのも手間がかかるから、調べるのはあとまわし……といった方も多いのではないでしょうか。なんとなく契約の手続きも大変そうなイメージがありますよね。

でも、わたし達の知らない間に、電気料金や契約の常識は大きく変わりつつあるのです! 

“基本料金ゼロ”が新常識に

電力自由化前からある電気事業者(旧電力)は、たとえ電気を使っていなくても、毎月の固定費として、基本料金を支払う必要がありました。しかし、自由化後に競争がはじまった結果、新しい電力会社(新電力)の間で、基本料金をゼロにしようという動きが強まっています。

電気をまったく使わなくても支払う必要があった固定費が0円になることが、一般的になりつつあるんです。ユーザーにとってはとても嬉しい変化ですよね。

極端ですが、旅行中すべての家電をオフにして電気をまったく使わなければ、請求はナシ。基本料金分を考えなくてもいいので、請求書をみたときにもどれだけ電気を使ったのかが一目瞭然に。

基本料金ゼロだけじゃない!
「楽天でんき」は圧倒的にお得でラクラク

11月1日からデビューする楽天の新サービス「楽天でんき」も“基本料金ゼロ”を導入していますが、実は他社にはないメリットがたくさんあるんです。

①”今まで通り生活するだけ”なのに、ポイントがもらえる!

まず注目してほしいのは、電気を“使うだけ”で楽天ポイントが貯まること。電気代の支払い200円につき1ポイントが還元されます。貯まったポイントは電気代の支払いにも使うことができるんです。

②楽天カードで支払いをすれば、さらにポイントが貯まる!

楽天カードで支払いを行えば、電気代の支払い100円につき、さらにもう1ポイントが追加でもらえるんです。①と合わせると200円につき3ポイント。今までただ使って支払うだけだった電気料金で、これだけポイントがもらえるのは嬉しいですよね。

③4人家族なら、年間で2万円以上の節約になる可能性も。

ふたり暮らしなら年間1万円ほどお得になる場合もあり、使用量が多ければ多いほど、お得度はどんどん大きくなります。4人家族なら、なんと年間2万円以上節約できる可能性もあるんです。

④ひとり暮らしでもちろんお得。貯まったポイントでプチ贅沢も!

ちなみに、編集部スタッフが実際どれだけお得になるのかをシミュレーションしたところ、ひとり暮らしでも年間約5000円以上はお得になる計算になりました。貯まったポイントは電気料金の支払いだけでなく、楽天の他のサービスでも使えるので、楽天市場でいつもよりいいお肉やカニを注文して、ちょっと贅沢、なんてこともできちゃいます。

そのうえ、契約手数料・工事費用・解約手数料が0円なことも楽天でんきのメリット。解約リスクがないから安心して申込みできるのが嬉しいポイントです。楽天でんきは47都道府県全て(※離島など一部地域除く)で利用でき、工事の立ち会いも原則不要。申し込みもネットでたったの3ステップで完結し、メールで通知された日から自動で切り替わるので、ラクラク手続きができちゃいます。つまり、引っ越しのような大きなきっかけがなくても、今すぐ気軽にトライできるというわけなのです!

無駄遣いをなくしたい人は
まずは10秒チェックを

楽天でんきは契約後も自分がいつどれくらい電気を使ったのかをWEBで詳しく確認できるので、いつでも明朗会計です。

実際切り替えでどれくらいメリットがあるのかは、住まいや家族構成によって差がありますが、シミュレーションページで今受け取っている検針票の内容を入力するだけで、料金のビフォーアフターがすぐに分かります。

シミュレーションはたったの10秒ほどで終わるので、毎月あまり気にせずに料金を支払っていた人ならなおさら、今電気代がいくらかかっているのかや、契約変更でどれだけ節約できるのかを気軽にチェックしてみてはいかが?

冬になると暖房費がかさんで、電気代が高くなりがちです。冬の電気代は気になるものですが、寒いのは我慢したくないですよね。電気代が高くなるからと暖房をつけるの...
とにかく羽を伸ばす、のも大切なんだけど。
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
ついつい「つけっぱなし」になりがち。大きさにもよりますが、いくら省エネ仕様のものでも、電気代がかさんでしまうことも…。寒い冬場でも取り入れやすいように節約...
空気を乾燥させたり汚したりすることがなく、温風によってほこりが舞うこともない。そんなメリットだらけの床暖房ですが、一方でネックとなってくるのは、電気代では...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
スゴい!これはタメになる!今、アメリカのハードウェア・チェーン(日本で言うホームセンター)「Lowe’s」が作成したVineアカウントが話題だ!ストップモ...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
知っているだけでお得感が倍増し、さらには節約にもなるスーパーでのお買い物ハックを「LittleThings」ライターAngel Chang女史がアドバイス...
家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物...
オンライン上で試着できるサービス「Kimakuri」が、体験版の提供を開始。自分の情報を登録したアバターを利用して、1秒で試着可能です。
オンラインメディア「Lifehack」の「お金持ちの節約術」が話題です。ゼロから財を築いてお金持ちになった人は、どのように財産を築いていったのでしょうか?...
新生活に合わせてラグをお探しなら、「会話のきっかけ」になるこんなユニークアイテムも選択肢に入れてみては?
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
入社や転職、社内異動などで生活がガラリと変わった人が、最初の2週間にやるべき5つのこと。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
台湾から初上陸、漢方を扱うライフスタイルブランド「DAYLILY」。「COREDO室町テラス」内の「誠品生活日本橋」にオープン。