「持ち運びやすい」にこだわったバランススクーター

Kickstarterでクラウドファンディング中の「UrmO」は、デッキに乗って重心移動をするだけで運転ができる乗り物。ま、ミニセグウェイみたいなものです。

この手のバランススクーターのなかでもとくに軽量で、持ち運びやすさにも長けているのが特長。従来の類似商品は重さ10kgを超えるものも多いところ、このスクーターは6.5kg!

取っ手を持って持ち上げた瞬間、自動で折りたたまれる仕組みです。超コンパクトになるし、気が利いてますね。

日本の公道では使えませんが、遊びの幅を広げたり、広い私有地内の移動で使うこともできます。発送開始は2019年10月を予定。詳細はココでチェック!

Top image: © 2018 UrmO GmbH
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
天才的なアイデアで世の注目をさらったこのカート。なんと、通常立ち乗りで使用される「バランススクーター」に、ビーチチェアを合体!4輪車両にしてしまいました。...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...