この冬、「普段着にしたい」ベンチコート

「ベンチコート」って、シャカシャカした素材で、背中に大きめなロゴがどーんと入っていて、モコモコして暖かい……そんなイメージを抱く人が多いと思います。RUNのカテゴリーでも、マラソンや駅伝大会でゴールした選手を包むアレですね。

ところが、今シーズンアンダーアーマーから出ているそれは、ちょっと様子が違います。その名も『UAロングコート』。潔いほどシンプルな名が冠されたこのプロダクトは、アンダーアーマーの(多分多くの方が持っている)マッチョなイメージを軽やかに覆してくれます。

これは「オフ」で着倒したい

「普段着にしたい」ベンチコート 『UAロングコート』
©2018 TABI LABO

この記事はRUN特集の一部ですから、ランニングなどを含めて「運動中」を「オン」と定義します。つまり、ここで言う「オフ」は、スポーツ以外のあらゆるシーン、普段使いから通勤時といったシーンのこと。

アンダーアーマーって、どちらかと言うとゴリゴリのアスリートが「オン」で着用するアパレルのイメージが強かったんですが、このコートはその先入観を完全になくしてくれました。

スペック的には「本気」なベンチコートでありながら、このシュッとしたフォルムが新鮮。カジュアルなスタイルは言うに及ばず、これならスーツの上に羽織ってもサマになってくれそうです。

アンダーアマー『UAロングコート』
©2018 TABI LABO

「シュッとしたフォルム」を生み出している一番のポイントは、このスワローテイルにカットされた裾部分。ベンチコートとしてはかなり珍しいデザインでしょう。

「普段着にしたい」ベンチコート 『UAロングコート』
©2018 TABI LABO

羽織ってみると、意外なほど柔らかくて軽い。裏起毛トリコットの肌触りも心地よいです。前述の通りスペック的にはアスリート仕様ですから、真冬に着た時の保温性は充分。裏地のセラミックプリントが蓄熱効果を高めてくれるそうです。撥水加工も効いているので多少の雨天ならレインコート替わりとしても機能します。

見た目はこんなにシュッとしていますが、実はゆったりと着られるルーズフィットなので、スーツを着た状態で袖を通しても肩周りの窮屈さは感じません。

『UAロングコート』内ポケット
©2018 TABI LABO
『UAロングコート』ポケット
©2018 TABI LABO
『UAロングコート』袖
©2018 TABI LABO

アウターのバリエーションとして
重宝する一着

『UAロングコート』アンダーアマー
©2018 TABI LABO

「UAロングコート」は全4色での展開。ブラックなんかは、ちょっとモッズコートを思わせる雰囲気を漂わせています。

もちろん、本来的な「オン」での使用、例えば寒い時期のマラソン大会なんかで体を冷やさないのにも重宝しますし、行き帰りのアウターとして併用すれば荷物も減らせる優れもの。

このフォルムとこのスペックで価格は24,840円(税込)。しかもアンダーアーマーというレア感。ダウンジャケット一辺倒になりがちなアウターのバリエーションとして一着持っておくのには、いい買い物と言えるのではないでしょうか。

アンダーアマー ロゴ
©2018 TABI LABO

アンダーアーマーは今回のコートだけでなく、様々なRUNのスタイルや楽しみ方、オシャレで実用的なギアなど、あなたの快適なランニングを全面的にサポートしてくれます。走った人にしかわからない「RUNの向こう側」に待っているものを、あなたも体感してみませんか?

「RUNの向こう側」についての記事をもっと見る

Top image: © 2018 TABI LABO

関連する記事

世界中のストリートに、バスケットコートは無数に存在する。そんな中でも、3年ほど前にトロントで見たこの場所は衝撃的で、こんなところでプレーできるなんて羨まし...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
多からず少なからず、「庭にバスケットコートがある」という人はいるでしょう。でも、屋内にコートがある家があるんですって!この写真を見て下さい。窓の作りが少し...
かつて、自動車産業の中心地として栄えたミシガン州デトロイトは、2013年7月、負債総額180億ドル(当時のレートで約1兆8,000億円)を超え、財政破綻し...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
伊・ミラノのデザインスタジオ「antonio lanzillo」が、ガラスの仕切りがついたベンチのデザインを発表。接触や飛沫を防げるほか、デザイン性も優れ...
「国際女性デー」に向けたチャリティーラン「WHITE RIBBON RUN 2021(ホワイトリボンラン)」が、1月20日までエントリーを受付中だ。

人気の記事

渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...