ベトナム最南の島で一番高い場所にあるバー「INK360」

白砂のビーチと透明な海で知られるベトナム最南端の島、フーコック島。この島にある「インターコンチネンタル・フーコック・ロングビーチ・リゾート」の19階に位置していているのが、バー「INK360」。

同島で一番高い場所にあり、もちろん景色は抜群です。島の面積の半分以上を占める、フーコック国立公園の青々とした自然、澄んだ海や海岸を見渡すことができます。

そして何より特徴的なのはそのデザイン。建物の中に入るとバーカウンターの裏からは、タコの足をモチーフにしたインテリアで外の景色同様に非日常感を演出。

今年の6月にオープンしたため、まだ行ったことがない人も多いこのホテル。もし訪れる機会ができたら、バーテンダーとのコミュニケーションも忘れずに。メニューには存在しないスペシャルカクテルの用意もあるみたいなので。

Top image: © 2018 INK 360
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
コロンビアに位置する世界で一番人口密度の高い島『イスロテ島(正式名称:サンタ・クルス・デル・イスロテ)』。野球場くらいの敷地面積に97軒もの住宅がひしめき...
フレンチ出身のシェフが手がける牛串が絶品恵比寿にオープンした立ち呑みスタイルのバルBUTCHER YAMAMOTO & Daughters〒150-002...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
こればっかりは、路上で食べてこそ。ベトナム風ぜんざい「チェー」について。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
危険すぎて物理的に人間が足を踏み入れることのできない"隔離された場所"』をわんさか見つけてしまいました。今回はその中でも、本当に足を踏み入れることができな...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
これは約1,650kmにおよぶ、ベトナム横断の旅の記録。クリエイターOliver Astrologo氏が、ハノイやホイアン、ダナン、フエ、ハロン湾、チャン...
新潟県佐渡島は、本州から船で渡る離島でありながら、東京23区に勝る大きさを誇り、人口約6万人が暮らす。この島で、IターンやUターンを希望してやってくる人た...
詳しい場所は公開されていないが、その島はバルト海にある。ヘルシンキ空港から約2時間ほど移動したところ……らしい。
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...