ふたりの夜明けが変わる
スマートライト

ふたりで過ごしたあとの夜明けが、より充実しそうなアイテムをご紹介……これ、「目覚め」についてですよ。

「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。パラメトリックスピーカーが内蔵されていて、超音波を利用して向けられた人にしか音が聞こえないようにして、通常のスピーカーのように音が周囲に広がりません。つまり、起きたい人だけがアラーム音を聞くことができるんです。ただし、寝る前に専用アプリでベッドのどちら側に寝るかセットする必要はあります。

また、スマートライトというだけあって、ライトの役割もきっちりこなしてくれます。除々に明るくなり、無理やり起こされた感じはさせません。ちなみに、光が明るくなるにつれて、音もだんだん大きくなるという仕組み。

カーテンの隙間から除々に差し込む光を浴びながら朝を迎える……そんな目覚めを体験して欲しいという開発者の思いが込められています。それに、パートナーの眠りを邪魔する心配(逆もしかり)もないのがイイですよね。

年末までクラウドファンディングサイトにて資金調達をしていましたが、無事目標金額を達成。ユーザーの手元に届くようになれば、さらに注目されそうです。

© 2018 - Lucera Labs
©2018 - Lucera Labs
©2018 - Lucera Labs
Top image: © 2018 - Lucera Labs
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
「Nanoleaf Shapes(ナノリーフ シェイプス)」 は、カナダのグリーンテクノロジー企業「Nanoleaf」が開発したパネル型スマートLEDライト。
空に昇る太陽をイメージしたライト「Ra Lamp」は、0度から90度にかけて徐々に明るくなる仕組み。自分の体の動きに合わせて明かりを調節できるので、ベッド...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
シーリングライトでありながら、プロジェクターとワイヤレススピーカーの機能を備える「popIn Aladdin」の後継機が登場。フルHDに対応し、調光や調色...
「futari passport」は、ふたりの旅券を一緒に収納できるパスポートケースです。
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
テレワークが進めば、住める場所の可能性も広がる。それならいっそ、いろいろな場所を転々と巡る、ヤドカリみたいな生活がしたいと思うわけだが......。これが...
愛を知らない一組の男女が、「本当のしあわせ」を見つけるまで。
「LARQ Bottle」は、UVライトを使用した自浄システムを搭載したボトル。毎日洗う必要がないので、オフィスでの使用などに最適!
「SKY」と名づけられたこのライト、パネルを組み合わせたりアプリを利用したりすることで(SiriやAlexa、Google アシスタントでもOK!)、図柄...
Little Sun Foundationはルワンダの最もひ弱なコミュニティ「カモニー地区」にフラワー型太陽光ライトを3500個配布しました。子どもたちが...
いざって時にライトニングケーブルがない! そんな事態に陥ったことが、iPhoneユーザーであれば誰もがあるはず。万全を期すなら、自宅用・車内用・持ち歩き用...
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。