ふたりの夜明けが変わる
スマートライト

ふたりで過ごしたあとの夜明けが、より充実しそうなアイテムをご紹介……これ、「目覚め」についてですよ。

「Wakē v2」は、アラーム付きのスマートライト。パラメトリックスピーカーが内蔵されていて、超音波を利用して向けられた人にしか音が聞こえないようにして、通常のスピーカーのように音が周囲に広がりません。つまり、起きたい人だけがアラーム音を聞くことができるんです。ただし、寝る前に専用アプリでベッドのどちら側に寝るかセットする必要はあります。

また、スマートライトというだけあって、ライトの役割もきっちりこなしてくれます。除々に明るくなり、無理やり起こされた感じはさせません。ちなみに、光が明るくなるにつれて、音もだんだん大きくなるという仕組み。

カーテンの隙間から除々に差し込む光を浴びながら朝を迎える……そんな目覚めを体験して欲しいという開発者の思いが込められています。それに、パートナーの眠りを邪魔する心配(逆もしかり)もないのがイイですよね。

年末までクラウドファンディングサイトにて資金調達をしていましたが、無事目標金額を達成。ユーザーの手元に届くようになれば、さらに注目されそうです。

© 2018 - Lucera Labs
©2018 - Lucera Labs
©2018 - Lucera Labs
Top image: © 2018 - Lucera Labs
他の記事を見る
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
空に昇る太陽をイメージしたライト「Ra Lamp」は、0度から90度にかけて徐々に明るくなる仕組み。自分の体の動きに合わせて明かりを調節できるので、ベッド...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
「futari passport」は、ふたりの旅券を一緒に収納できるパスポートケースです。
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
「SKY」と名づけられたこのライト、パネルを組み合わせたりアプリを利用したりすることで(SiriやAlexa、Google アシスタントでもOK!)、図柄...
いざって時にライトニングケーブルがない! そんな事態に陥ったことが、iPhoneユーザーであれば誰もがあるはず。万全を期すなら、自宅用・車内用・持ち歩き用...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
世界にはさまざまなカップルがいますが、Eser Aksan ErdoganさんとVolkanさんはパイロットとして働く夫婦。ふたりとも別々に世界各国を飛び...
愛を知らない一組の男女が、「本当のしあわせ」を見つけるまで。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。