島好きな人なら、きっと共感しかない

今さら「デジタルデトックスのために」なんて言うつもりもないけれど、島旅ってなんでこんなにワクワクするんでしょう?

不便なのが逆にいい、というのも、分からなくはない。でも本当にそれだけでしょうか。

島が近づく
『Island Book』

『Island Book』は、HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)が編集をしている、島旅の本です。

かと言って、ヘリーハンセンの服に身を包んだモデルさんが旅しているわけでもなければ、ブランドストーリーがそこかしこで語られているわけでもない。

ただただ “島” と向き合っていて、丁寧に編集されたページをめくるのが心地いい。登場する島民も馬も魚も、リアル。

 

ヘリーハンセンが生まれたノルウェーでは、天候や環境の変化にとらわれず、ありのままの自然を受け入れながら生活することを、「Friluftsliv(フリルフスリフ)」と言うそうです。

『Island Book』のvol.1で紹介されているのは、島根県にある隠岐諸島の島前(どうぜん)の、まさにフリルフスリフ。

魔天崖という絶壁で放牧される、馬
空港がない島前への旅は、フェリーから始まる
古くは古事記の国つくり伝説から、流罪の地、風待ち港として
話題の美男子、井手上漠くん(15歳)も島の出身
食べるほどに笑顔になれる、「ラディーチェ」の魚介パスタ
「好きなのは、素潜りとディズニーランド」
フェリーから見えるのは、群青色の海

「From Ocean to Mountain」

「海から山まで」を体現するヘリーハンセンにとって、島は特別な場所です。

どちらの恵みも大切にして、どちらの脅威とも向き合いながら共生してきた歴史が「島」には、必ずあるからです。

『Island Book』を読み終えて初めて、ブランドメッセージが咀嚼できる。そんな1冊です。

→『Island Book』を読んでみたい

この『Island Book vol.1』を皮切りに、ヘリーハンセンは「島」の魅力にさらにフォーカスしていくそうです。

一歩引いた目で見れば日本そのものが島国ですし、「From Ocean to Mountain」を地で行く国なワケです。

島旅がワクワクするのは、都会の何かを捨ててくるというよりも、回帰のように感じるからなんでしょうね。

関連する記事

ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
奄美群島・喜界島に暮らす夫婦が、ひとつひとつ丁寧に手づくりした、無添加・無着色の「TORA TORA COLA」。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1990年前後に生まれたミレニアルズ陶芸家3人によるグループ展「仮想世代陶芸 Virtual generation pottery」
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...