いい香りのする先輩が、香水をつけはじめたきっかけの話

オフィスで、いつもいい匂いをさせている先輩がいる。

デスクの横を通り抜けたとき。
たまたまエレベーターで一緒になったとき。
ミーティングで隣の席になったとき。

フワっと香るんだけど、強すぎないし、さりげないから、仕事仲間の僕でもつい納得してしまう。

僕には香水などの香りものをつかう習慣がなくて、学生の頃に少し気になったことがあるくらい。社会人になって忙しくなってからは、いつのまにかつけないのが当たり前になってしまっていた。

あれ……先輩は
いつからいい香りをさせてるんだろう

毎朝、仕事モードに切り替えるため。

先輩、いつもいい香りですね。

「あぁ、コレ? ありがとう。なんか仕事モードに切り替えられるんだよね。朝にコレつけると」と、手に取った香水。何気なく話しかけたタイミングで、さっそく先輩がいい香りをさせている理由がなんとなく見えてきた。

ところで、昔から香水つけてたんですか?

クライアントに褒められたんだ。

「いや、20代の頃はたまに使うくらいだったんだけど、たまたまつけて行った日にクライアントに褒められたんだよね。『いい香りですね』って」

それが、会話の膨らむきっかけにもなったんだとか。そのあと、お客さんのところに顔を出すときのマイルールになり、気がつけば毎日の習慣に。

そうだったんだ!

僕が学生時代につけていたときは「女子ウケ」ばかり調べていたけど、エチケットがきっかけになった人って意外と多いのかもしれない。

→「印象を良くしたい!」という人はコチラ

忙しいとき、リフレッシュにもなる。

「あとさ……」

と先輩はつけ加える。

「夕方とか仕事が詰まってるとき、香りが自分へのリフレッシュになることもあるんだよね。少し落ち着くっていうか、ひと呼吸おけるっていうか。コーヒーで一服するときみたいな感じかな」

確かに先輩は、自分が忙しいときでも、ちゃんと僕の相談に耳を傾けてくれる。

オフィスで好まれる
爽やかな香り

「好印象への最短ルート」

そんなコンセプトを掲げているのが、男性向けフレグランスブランド「RISINGWAVE」。

人気のトランスオーシャンシリーズには3つのラインナップがあり、爽やかでみずみずしい「トランスオーシャン」、みずみずしさにミュゲの香りをプラスした「トランスオーシャン サージブルー」、華やかなジャスミンとフルーティフローラルが心地いい「トランスオーシャン シャローダイブ」。

これまで香水をつける習慣のなかった人の “初めて愛用する香水” としても、しばらく香水から遠ざかっていた人の “久しぶりの香水” としても、気負わずに使えるのが特徴的。

それもそのはず、RISINGWAVEは日本生まれのフレグランスなので、海外ブランドよりも日本の気候や生活文化を考慮して作っているんです。

だからなじみやすく、強さを抑えたさりげない香りが、多くの人に好印象を与えてくれるんです。

→詳しくはコチラ
「セントピック」は、毎月新しい香水を提供するサブスクリプションサービス。好きな香水やライフスタイルなどのアンケートをもとに、ユーザーの好みに合ったものを届...
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
ふとした時に思い出す香りだったり。何気なく、ふわっと感じる香りだったり。香りは、つけるひとにとって、記憶と結びつく大切なものです。出かける前に、シュッとワ...
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
メキシコの起業家のふたりが、ノパルサボテン(ウチワサボテン)だけを使ってヴィーガンレザーを作成することに成功した。
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
 あらゆることを忘れてしまっても、「匂い」は忘れないといいます。そのことをわたしは16歳の時に知ったので、17歳の春、とても好きな人ができたときに、香水を...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...