旅好き女子の鉄則。ヘアカラーは「旅前」に!

旅先では、思いっきりオシャレして「特別な自分」を楽しみたい。

でも、乾燥や水質の違いで化粧ノリが悪かったり、ヒールで長く歩き回るのは気が引けたりして……。

慣れない環境で、いつも以上に自分の魅力を引き出すのって難しい。だからこそ、“旅前のヘアカラー” がおすすめなんです。

太陽の下でも
美しいツヤ感を!

旅を楽しむためのアクセントなら、太陽の下でベストなツヤとカラーを演出してくれるのが必須条件!

室内では目立たなくても、太陽光だと髪の毛がどうしても傷んでいるように見えたり、色のムラやくすみがあらわになってしまいがち。普段はまったく写真を撮らなくても、やっぱり旅先での思い出は特別。街歩きやアクティビティ中も、自信を持てる自分でいたいですよね。

パッとすれ違った人に「綺麗だな」って思ってもらえるツヤ感は大切にしたい。

デザインカラーで
「特別な夜」が待ち遠しくなる

おしゃれしてディナーしたり、着物で散策したり、旅先ではアップスタイルにするシーンが多くあります。

そんな時のために「デザインカラー」を仕込んでおくことがおすすめ。簡単にできるのは、耳周りのハイライト。見る角度でも印象が変わり、いつもより個性をグッと引き出してくれますよ。

休日は数日間しかないから、帰ってきた後のことを考えるのも大事。髪を下ろしてしまえばハイライトは見えないし、しっかり色持ちするカラー剤を選べば、ハイライトが明るく抜けることなく、オフィスでも目立ちません。

デザインカラーをやってみたい▶︎

旅が終わってもご機嫌。
染めたてカラーをキープ!

ヘアカラー後に一番気になるのが、色落ち問題。染めてからだんだんと色が落ちてきてるのを、自分でも感じますよね。ドライヤーで髪を乾かした後に、「あれ、こんな色だったっけ?」って思ったり。

理想の色をキープするのって、なかなか難しい。旅の時間は短かったとしても、帰ってきた後も綺麗なまま楽しめるならそれがベスト。「染めたての色」を長くキープしてくれるカラー剤もあるんです。

旅好き女子のワガママを叶える
「コレストン」のヘアカラー

旅する前の仕込みから、帰ってきた後まで、ツヤとカラーを存分に楽しみたい。それを叶えてくれるのが「ウエラ プロフェッショナル」のサロン用ヘアカラー剤『コレストン パーフェクト +(コレストン)*』。

髪に含まれる“発色を妨げる要因”を抑え込み、髪の内側から発色させる技術を採用し、ウエラ史上最長である8週間の色持ちとツヤを目指したそう。髪の内側からしっかり発色させることで、ハイライトも明るく抜けることなく、自然でキレイなカラーを長く楽しむことができます。

「旅支度」として見落とされがちなヘアカラーだけれど、旅との相性、バッチリでしょ?

現在、コレストンを使用する全国のサロンでキャンペーンを実施中。下記よりアンケートに答えてクーポンを発行し予約された方(各サロン先着10名様)に、べたつかず、軽いツヤ髪を叶えるトリートメントオイルをプレゼント!旅のお供にも嬉しいですね。

クーポンを発行する▶︎
兼井遼

本記事のヘアスタイリングを担当。

都内有名店、フリーランスを経て2018年2月、渋谷にblinkをOPEN。(自然に馴染ませるハイライト)(専門店にも劣らないヘアアレンジ)を武器とし、戦略的なSNSへの取り組みでInstagramのフォロワー数10万人を達成。多くの著名人、モデルから絶大な支持を得ている今最も注目したい美容師。

*医薬部外品
・使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。
・ご使用の前には毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。
・ヘアカラーでかぶれたことのある方には絶対に使用しないでください。

関連する記事

スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...