坂田ミギーの水曜連載「ミレニなのでアル」第五回【見た目編】

一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載。数々の広告賞を受賞しながら「アラサー・独身・彼氏なし」の身の上に絶望して世界一周の旅に出た彼女が感じた、知った、気づいた、アレやコレ──。

「呪いの魔術」じゃなく
「祝福の魔法」を......

容姿、気になりますよね。わたしもです。

この前、試着室で「この服、太って見えるなぁ」と思っていたら、じつは「太って見える」ではなく、実際に太っているだけだったのです。ああ怖い! 稲川淳二さんの怪談話よりも現実が怖い!

このごろ企業も著名人もメディアも「自分の美しさに自信を持ちなさい」と声高に叫んでいますけど、わたしのように「自分が美しい」と思えたことのない人間にとって、その強要はキツいです。このわたしの、どこを美しいと思えと?(鏡を拳で叩き割りながら)

洗顔料で知られる「ダヴ」が2017年におこなった調査によると、日本の10~17歳の女性の93%が「容姿に自信がない」と回答しています。もし調査対象者が20~30代になったからといって、この大部分が「容姿に自信!」に変わるとは到底思えません。

日本人女性の多くが、容姿に悩んだ経験があるのではないでしょうか。

なんで自分は容姿に自信がないのかなぁと考えてみたところ……学生時代にスクールカースト上位の女子たちから「かわいくもないのにオシャレしやがって」と難癖をつけられたり、成人してからもグループ内に同じ名前の女性がいたとき「かわいくないほうの◯◯」と呼ばれていたりといった、とるにたらない小さな「呪い」が無限にあるせいなんですね。

わたしは世界一周旅行を機にブログをはじめたのですが、つい最近まで顔出しはしていませんでした。

理由は単純で、わたしの顔面よりも、旅の中身を見てほしかったからです。いままでの経験から、顔写真を載せれば「うわっキモい顔w」とか「ブサいのに調子のんな」と言われることが目に見えていましたし。

いままで現実世界でも散々言われてきたのに、インターネット品評会に顔出しなんてしたら、もうどんなこと書かれるか……ろくなことにならないのだけはわかっていました。

なのに、ブログの書籍化が決まったとき、担当編集者から「顔出ししたほうが売れるはず」と説得され、意を決して顔写真を公開。そのおかげでメディアに取り上げてもらったり、イベントに出演させていただいたりしていますが、案の定、外見に対する誹謗中傷が出てきたんですよ。

ほらもう、なんなの、この世界。

この歳まで、ずっと「お前の容姿はダメ」と呪われつづけているのに、「自分の美しさに自信」なんて思えないですよ。そんな超合金メンタル、もちあわせてないです。

みんなね、他人の外見をとやかく言いすぎ。

心のなかでなにを思っても自由だけど、それを口に出したり、ネットに書き込んだりするのはよくありません。

著名人のSNSに「太った」「痩せすぎ」「老けた」「劣化した」とか書き込む人々を見かけますが、あれは超ダサいです。なんでダサいかって「自分は他人の外見をとやかくいってもいい立場」だと勘違いしていることが丸見えだからです。そんなことが許される立場の人なんて、この地球上にいませんからね。

どんだけえらいんだよ。悪魔かよ。悪魔だってもっと品格ある言い方するぞ。

あなたもかつて、容姿について呪いの言葉をかけられたことがあると思います。だからといって、あなたも同じように誰かに呪いをかけるのはやめませんか。そんな「呪い」にあふれた世界、生きづらいじゃないですか。

どうせなら「祝福」しましょうよ。

これから誰かの外見について話すときは、ポジティブに。そして、先天的のものには言及せず、本人の意志や努力によって後天的に身についた美しさについて、積極的にほめてください。

たとえば、鼻の高さや顔の大きさ(先天的)には触れず、ファッションのセンスや所作の美しさ(後天的)をほめてみる。それはお相手が選んで獲得したものなので「祝福」にできますから。

こうしてみんなが祝福しあう世界になれば、きっと誰しもが「自分の美しさに自信」をもてるようになるはずです。

そんなわけで、きょうもおたがい適度に「祝福」しあいましょう!

坂田ミギー/クリエイティブディレクター

1982年、福岡出身。広告制作会社、「博報堂ケトル」を経て独立。デジタル、雑誌、イベントやCMなどの垣根を越えたキャンペーンのプランニングやディレクションを担当。数々の話題の広告を手がけ、フランス、アメリカ、シンガポール、タイなどの由緒ある広告賞を受賞する日本を代表するクリエイターのひとり。

©2019 NEW STANDARD

『旅がなければ死んでいた』
アラサー・独身・彼氏なしの三重苦を背負った女が、
仕事と恋愛に疲れて家を引き払い住所不定となり、
バックパックひとつで世界を旅するノンフィクションストーリー。
著:坂田ミギー 発行:KKベストセラーズ

Top image: © 2019 NEW STANDARD
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。今回のテーマは「仕事」です。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第六回のテーマは「名前の呼び方」です。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第十五回のテーマは「出会いと別れ」です。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。今回のテーマは「恋愛」......という...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。今回のテーマは「お金」です。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。今回のテーマは「友だち、そしてひとり旅に...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。今回のテーマは「SNS」です。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第十二回のテーマは「三日坊主をやめる方法...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第十三回のテーマは「男性と女性の区別と差...
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第八回のテーマは「結婚式の意味」です。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第九回のテーマは「結婚の目的」です。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第十一回のテーマは「クリスマスとサンタク...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第十回のテーマは「不機嫌とごきげん」です。
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第十四回のテーマは「パワハラ相手との戦い...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
アラサー・独身・彼氏なしの三重苦を背負った広告クリエイター・坂田ミギーさんが世界一周のひとり旅で学んだ「自分らしく生きる方法」とは? 『旅がなければ死んで...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
「LunaR」は、秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチです。しかも、透明なソーラーパネルによる、自動充電が可能なんだとか。