ただただ、走ってリフレッシュしたい。そんなとき履いてほしい一足

ランニングをはじめようと思ったきっかけは、ただただ “リフレッシュ” したかったから。毎日仕事も忙しいし、ひとりで続けられる趣味ができたらいいなと思っていたんです。

でもいざ走ろうとしたとき、悩んだのがシューズ選び。

いろいろ検索してみたら「サブ5」「サブ4」なんて言葉も出てくるし、せっかくなら本格的なモデルを選んだほうがいいのか、この趣味もどこまで続くか分からないからコスパで選んだほうがいいのか……。

いやいや、もう一度きっかけを思い出そう。

走りたい理由は “リフレッシュしたい” から。これをきっかけに、少しだけ自分自身にスイッチを入れたい。

「RUNを始めたい!」
そんなとき、このシューズがおすすめ

アシックスの「GLIDERIDE」というモデルは、RUNにリフレッシュを求める人にもおすすめの1足です。なぜなら、このシューズのコンセプトが「RUNを、もっとラクに、もっと長く」だから。

RUNを習慣にできるかどうかは、気分やモチベーションの維持がポイントでもあり、一番難しいところ。何度も「今日はやめとこうかな……」って妥協しそうになる日がきます。

だからこそ最初は、無理をしたりタイムにこだわるよりも、ラクに走って心から「楽しい!」と思えることが大事。とくに継続するためには。

そうやってRUNを続けていくうちに、だんだん内面も外見も、達成感や充実感で満たされてくるはずです。

→さっそくチェック!

自分でも驚いた
「こんなに長く走れるんだ」

速く走るのもカッコいいいいけど、少しずつ長い時間走れるようになると、もっとランニングのことが好きになります。流れていく景色の変化も楽しいし、走りきったあとの疲れも心地よい爽快感に!

きっと、長く走れるようになった自分のことも好きになれると思うんです。

大会を目指すアスリートになりたいわけでも、SNSのアピールのために走っているわけでもない。「ただただリフレッシュしたい」っていう理由だけど、きっとそれもひとつのRUNスタイル。

「走ってる時間」が
好きになる

「GLIDERIDE」は、ムダな力をかけなくていいデザインになっているのも、人気の理由のひとつ。足に優しく、スイスイ前に進んでいく感じです。その分RUNに集中できるから、いつもより「自分のカラダ」を意識することもできる。

ランニングを趣味にする前は、じっくり自分の体と向き合って「リフレッシュできてるな〜」って実感することなんてほとんどなかったけど、今はちがう。

なんとなく、“変わってきた自分” を実感できる。

→詳しくはコチラ!
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
休み明けってどうしても憂鬱になりがち。でもリフレッシュしながらやっていけば大丈夫でしょう。世界中の人がどのように息抜きをしているかがまとめられた記事がここ...
「アシックス」が建築家の隈研吾氏とコラボレーション。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...