今すぐ買える!「間違いない」と評判のN-3Bジャケット

アウター選びに悩んでいる方へ。

このジャケットがオススメです!

「Back Number」の
N-3B ダウンジャケット

発売以来、売れに売れている、このジャケット。

なぜそんなに人気なのか?

ポイントは5つあります。

①カッコイイ
そもそもカッコよくなくては意味ないでしょ!

②本気で暖かい
とくに冬のアウターは機能性も重視です。

③オンオフで使える
カジュアル使いは当たり前。ビジカジ(ビジネスカジュアル)にもマッチする汎用性が人気の秘密です。

④今すぐ買える
メディアに掲載されているアウターの一部はすでに売り切れているこの時期。すぐに手に入れることができるのは大きなメリット!価格的にリアリティがあるのも◎です。

⑤サステイナブルである
欧米ではすでに当たり前。日本でも環境問題への意識が高まっていますが、とくに衣類に関しては、最近重視する人が増えてきてるのでは?

ポイント①
カッコイイ

まずは全体像から。

N-3Bタイプということで、トレンドのミリタリーテイストであることは間違いありません。だけど、ゴリゴリのミリタリーというよりは、日常で着やすいシティウェア。そんな絶妙な仕上がりが魅力です。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

カラーはダークベージュ、カーキ、ブラックの3色展開。

正直、全部いい色なんだけど、この記事ではダークベージュをフィーチャーしていきますね。素材感が伝わりやすいし、あとで紹介するけどジャケパンスタイルにも合わせやすいんです。

フードのフェイクファーやネック部分の立ち方もバッチリ!

コットンライクな素材もいい感じ。光沢系の素材と比べて、ハード過ぎないのがいいですね〜。

©2019 NEW STANDARD

もちろん、シガレットポケット付き。

細部では、ちゃんとミリタリーのテイストを残しています。

©2019 NEW STANDARD

ポイント②
本気で暖かい

冬のアウターですからね、「カッコイイ」に加えて「暖かい」も最重要事項です。このN3-Bジャケットは、さまざまなこだわりで「暖かい」をサポート。

例えば、袖口にはリブが隠れています。これで冷気がシャットアウト!

©2019 NEW STANDARD

さらに、ハンドポケットの内側は、起毛したシープボアを採用。手を入れるとヌクヌク&肌触りも抜群!

寒くない時でも手を入れたくなります(笑)。

©2019 NEW STANDARD

細部だけじゃなくて、表地全体にも秘密が。

一般的なダウンジャケットの弱点は、雨などで濡れた時に保温性が下がってしまうことですが、このジャケットの表地は強い撥水加工が施されています。少々の水なら弾いてくれるし、汚れにも強いというわけです。

冬のアウターって毎日のように羽織るものだから、汚れに強いっていうのもアリですね。

ポイント③
オンオフで使える

ファッションにおけるオンオフの境目って、職業によっても全然違ってくるけど、このジャケットがカバーしてくれるシーンは、間違いなく幅広いです。

カジュアルはもちろんのこと。

©2019 NEW STANDARD

ジャケット&パンツ(タイあり)のビジカジの上から羽織ってもいい。

©2019 NEW STANDARD

全体のシルエットや素材感などが洗練されているから、どんなファッションにも合わせられる。かなり便利です!

さらに、内側には大容量のポケットも。このサイズ、タブレットや手帳がすっぽりと入ります。こういったリアルなビジネスシーンを想定した仕様がニクイ!

外側のポケットも大きいし、荷物の少ない人なら手ぶらでいけちゃいます、このジャケット。

©2019 NEW STANDARD

ポイント④
今すぐ買える

ブラックフライデー、年末商戦真っ只中の現在、メディアで紹介されている魅力的なアウターの一部は売り切れていることも多いです。

その点、「Back Number」はジーンズショップRight-onのプライベートブランド。全国に店舗を持つRight-on発ということで、手にとって試しやすいし、ECで今すぐ買えるというメリットがあります。

しかも、価格は1万円代。ダウンジャケットとしてコスパよすぎです!

ポイント⑤
サステイナブルである

©2019 NEW STANDARD

近年、ダウン(羽毛)のリサイクルは、寝具業界を中心に取り組む企業が増えています。

Right-onもそのひとつ。このダウンジャケットに使われているのは、すべてリサイクルダウン。寝具に使われていたダウンを洗浄・除塵して、再利用しているわけです。

これ単純にダウンが貴重だからって話ではなく、不要なダウンの焼却時に出るCO2の削減や新しいダウンを生産する際の洗浄による水質汚染の減少にも一役買ってます。

もちろん、ファーもフェイクファーです。

このジャケット、間違いない!

最後に撮影で実際に着用してみての感想。

着てみるとわかるんだけど、着用した時にモコモコした感じなんですね。着心地も見た目もスッキリ!

上でも紹介した通り、ポケットがたくさんあるのも◎。財布、カードケース、スマホ、タブレット、ついでにモバイルバッテリー……これぐらいなら余裕で収納可能です。

N-3Bは定番のフォルムなので、長く愛用できそう。「もうアウターは買ったよ」って人もチェックしてみて!

他のアイテムもチェックしたい!
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
ファッション好きなら知っておきたい「ニューポートジャケット」の呼び名にまつわるおもしろエピソード!
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
チェコが誇るアウトドアブランド「ティラック」、世界中のクライマーから愛される北欧アウトドアブランド「フーディニ」、イギリスを代表するアウトドアメーカー「カ...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
「ファッションの信用」を掲げる日本発のブランド「EQUALAND」の紹介です。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
完売続出の人気ブランド「urself」を手がける二人のインタビュー記事です。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?
TIME誌の「ベストイノベーション賞」などの受賞歴をもつ「Vollebak」から新たなジャケット「Black Squid Jacket(黒イカジャケット)...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...