キャンプに持っていくべきお酒は、じつは「ラム」だった

街はすっかりクリスマスモード……ですが、「冬キャンプ」も今がまさに時季。

冬は必ずしもオフシーズンとは限りません。むしろ、この時期の方がキャンプサイトを広々使えたり、透き通った大気が心地よかったりもします。

とはいえ、ベテランキャンパーだって“冬キャン”は寒い。それなりの装備も必要だし、持ち物にあれこれと悩むのは当たり前。ついでに食事やお酒にだって、冬ならではの個性を忍ばせたいもの。

そこで、提案したいのが「ラム」。冬のキャンプの醍醐味はこのお酒あってこそなのです!

「焚き火のおとも」はホットラム!

キャンプで暖をとるのに欠かせないものといったら、焚き火。これなくして始まりませんよね。みんなで火を囲んで、パチパチと火の粉がはせるのをただじっと眺めながら、ゆったりとした時間を過ごす。

そんなリラックスタイムには、少しアルコール度数が高いものを、ゆっくり時間をかけて味わいたいもの。赤々と顔を染める炎のように、寒ければ寒いほど、そのありがたみもひとしお。

焚き火のおともには断然「ホットラム」です。

直接やかんを直火にかけたり、ガスバーナーに乗せてお湯をつくる。こうした所作もまた非日常を演出する特別な時間。

湯気のなかにラムをそそげば、豊かな香りと深い甘みが口の中に広がって、体が内側からポカポカ温まってきます。ホットワインもいいけれど、蒸留酒のラムなら翌朝お酒が残りにくいのもGOOD。

ほろ酔い気分でぼんやり眺める焚き火──。冷える夜こそラムの出番です。

冬キャンの夜に
とっておきのアレンジレシピ

ウイスキーのようにストレートでじっくり味わうのもいいけれど、冬の野山はやっぱり寒い。そこで、使い勝手のいいバカルディのラムを使った、指先までじんわり温めてくれる3つのホットカクテルをご紹介。

気分やおつまみに合わせて選んだり、みんなで飲み比べもサイコーに楽しい!

01.「ホットラム チャイ」
洋菓子のような甘い香りに酔う

スパイスたっぷりのチャイに、洋菓子のような甘い香りが立ち上がる「ホットラム チャイ」は外せません。

シナモン、カルダモン、クローブ、ジンジャーなど、ホールスパイスに紅茶の茶葉まで持参するのは、さすがに面倒。そこはキャンプですから、割り切ってチャイパウダーで。甘さをプラスするならば、メープルシロップが気分です。

詳しいレシピはこちらから。

02.「ホットバタード ラム」
コクと香りを同時に楽しむ

クラシックなカクテル「ホットバタード ラム」も、冬キャンに最適。もし、ラムとバターの好相性を疑うならば、焼き菓子づくりをイメージしてみて。

バターの脂肪分とまろやかさがアルコールをやさしく包み込んで、飲むほどに体の中から温まってきますよ。よく混ぜてバターを溶かすと、口当たりがいっそうリッチでマイルドに。

詳しいレシピはこちらから。

03.「ホットラム ほうじ茶」
香ばしさの中に感じるリッチなバニラ香

渋みのあるダージリンもいいけれど、紅茶よりもオススメしたいのが、ほうじ茶で割った「ホットラム ほうじ茶」。キューバの人たちに届けたい、意外なおいしい組み合わせです。

キャンプですからこちらもティーバッグのほうじ茶で。メープルシロップをお好みでたらせば、ほうじ茶独特の香ばしさのなかに、ふんわり立ち上がるバニラ香がたまりません。

詳しいレシピはこちらから。

活躍の場は「夜」だけにあらず
“おいしい”キャンプの味方

ここまで紹介しておいてなんですが。ラムが活躍するのは、なにも夜に限ったハナシじゃありません。

日差しのある昼間は、氷を浮かべてオンザロックで楽しんだり、「キューバリブレ(ラムコーク)」で軽やかにいくのもアリ。透き通った冬の大気のなかで、ラムならではの厚みとコクが、都会で味わうそれよりもずっと奥行き感じさせてくれるはず。

さらに、ラムが本領発揮するのが“スイーツ”。

キャンプ中って、普段より甘いものが恋しくなったりしませんか? ついついお菓子をたくさん買い込んできちゃったり。そんなときもラムさえあれば、こんな本格スイーツがかんたんにできちゃいます。

お好みのドライフルーツをキャンプ出発の2〜3日前からラム酒に漬けて、ビン詰めにしておきます。あとは現場でマスカルポーネを塗ったクッキーに、漬け込んでおいたドライフルーツを可愛く&好きなだけトッピングすれば、カクテルにも合う「ラムフルーツサブレ」のできあがり。食後のデザートにもバッチリ!

飲みきらなくてもOK
お家でダメ押しホットラムを

いくら飲み口が良くても、さすがにそこはアルコール度数40度以上のラム。飲みきれなかったときは、持ち帰って自宅でも楽しんじゃいましょう!

ワインだと開栓したら、どうしても最後まで飲みきらないと……なんとなくそんな気持ちに迫られたりもしますが、ラムならばその心配も無用。

今度は自宅で、ベランピングでちょっと特別な夜を演出してみたり、就寝前のホットドリンクに少しだけラムを注いでみたり。そんな家飲みシーンでもバッチリ寄り添ってくれるユーティリティプレイヤーなのが、ラムなのですから。

この冬「バカルディラム」がアウトドアでもインドアでも、大活躍してくれること間違いなし!

→さっそくチェック!

取材協力:PICA富士吉田

※通常PICA富士吉田では、各テントヴィラではなくテントヴィラ用シェアリビングでの食事提供となります。

香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
今回は奥渋にある「MEALS are DELIGHTFUL(ミールズアーディライトフル )」。ここのラムバターパンケーキがめっちゃ気になる!っちゅうことで...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
シンプルで、ソリッドで、ピュアな「焚き火動画」15選をご覧あれ。ASMR的にBGMとして「音」を楽しむもよし、いろいろなロケーションの「映像」でキャンプ気...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...