「2020年こそは走るぞ!」
その決心の前に……

健康や美容、ダイエットのため、あるいは新しい趣味として。

心機一転、新年がスタートしたタイミングで「ランニングに挑戦しよう!」と決めているみなさんに、伝えておきたいことがあります。

本気で習慣にしたいなら
とにかく「シューズ選び」だ!

特別な準備はいらないし、あまりお金もかからない。「ランニング」は、ウェアとシューズさえあれば気軽にはじめられるスポーツのひとつです。

一方で、仕事や天気、足の不調を理由に一度休んだきり、そのまま挫折してしまう人が多いというのも事実……。

→ランニングを応援するシューズはコチラ!

本気で習慣にしたいなら、始めたあとのモチベーション維持にコツがいるし、何よりもまず、始める前にもこだわるべきポイントがあります。

それが「自分の走り方」に合った最適なランニングシューズを選ぶこと。習慣化できるかどうかは、そこにかかっていると言っても過言ではありません。

手持ちのスニーカーで始めるのは危険だし、一瞬の試し履きだけで決めるのもナンセンス。

AI(人工知能)で診断!
“本当に” 自分の足に合ったシューズ

一般的に言われるのが、ランニング時、足には体重の「約3倍の負荷」がかかるというもの。たとえば50kgの人なら、約150kgもの衝撃がかかることになります。

その衝撃を分散するため、足底を内側に回転させる動きを「プロネーション」と言うのですが、筋力やフォームが整っていない初心者ほど、その動きがスムーズではないケースも。

つまり、せっかくランニングを決心した直後に膝や足を痛めて挫折した経験がある人は、この問題を解消しないまま取り組んでいた可能性も高いんです。

まずは何より、自分の走りにフィットしたシューズを選んで、足の負担を軽くすることが大切。

アシックスの一部店舗に設置されている「ASICS RUNNING ANALIZER(アシックスランニングアナライザー)」* は、AIでプロネーションタイプを10秒もかからないうちに分析して、おすすめのシューズを選んでくれるんです。

測定も本当にあっというまで、ジムにも置いてあるようなトレッドミルの上を走るだけ。後ろに設置したカメラで足の動作を撮影し、すぐさま、あなたがどのプロネーションタイプなのかを診断してくれます。

しかも予約は不要で、お金もかかりません。
来店したその場で体験できます。

たとえば、内側に倒れ込みすぎている「がに股」のようなタイプの人には、安定性に優れた「GT-2000」シリーズがオススメ、反対にかかとが内側に一切倒れ込まないタイプの人にはクッション性の高い「GEL-NIMBUS」シリーズがオススメ、といった具合です。

今まで、なんとなくの履き心地やデザインで選んでいた人も、これで “自分に合ったシューズ” と出会うことができるはず。

*東京店、東京丸の内店、原宿フラッグシップ店、大阪店限定となります

→プロネーションが気になる!

1年後の「フルマラソン」だって
夢じゃない

とくに、安定性が高く、軽さやクッション性にも定評がある「GT-2000」シリーズは、「走りきる、を支えきる」をコンセプトにしたシューズで、多くの初心者ランナーのフルマラソン完走を支えてきた人気シリーズのひとつ。

目標がないまま闇雲に続けるのは難しいかもしれませんが、「フルマラソン完走」のように、何かひとつ大きな目標があることで、モチベーションは維持しやすくなるもの。

最初は「無理でしょ」と思うかもしれませんが、自分の足に合うシューズが見つかってランニングが習慣にできたら、徐々に考え方も変わってくるはず。

2020年はまず、「1年走りきる」を目標にしてみては?

→初心者におすすめのシューズはコチラ!
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
9月15日、スイス発のランニングブランド「On」が新作シューズ「Cyclon」の販売を発表。発売は2021年秋頃を目標にしている。
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
冷凍庫から出したカチカチの肉や魚を瞬時に解凍するプレート「HOUCY」。
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
JR「土浦駅」に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」内に「星野リゾート BEB5 土浦」がグランドオープンした。
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
最先端AI機能搭載のフィットネスマシンを導入した女性専用フィットネススタジオ「ファディー(FURDI)」が東京・小岩にオープン。バーチャルトレーナーがそれ...
海外まで行ってクルーズの旅を楽しんできたら、思わぬ発見!船の外周デッキで走って汗を流す。それでいて、着替えや休憩、食事に困らない。まるで、海を一緒に動く“...
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
AI(人工知能)が自動生成したデスメタルを24時間ライブストリーミングし続けるYouTubeチャンネル「DADABOTS OFFICIAL」。2019年の...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...