かき氷を燃やして食べる「焼き氷」って、どーなんよ?

かき氷はどうしてもかわいく食べられへんな〜。ももかです。

いわゆる“映え”なお店やメニューはめっちゃあるけど、いざ行ってみると味や価格に関しては「……」なとこも多い。そこで、ももかが実際に足を運んで「これめっちゃおいしい!」と思ったメニューを紹介していきます。

焼きかき氷を実食
©2019 NEW STANDARD

今回は吉祥寺にある「Café Lumière」。

かき氷を燃やして食べる「焼き氷」が有名なこちらのお店。冷たい食べ物を燃やすって……どういうこと!?気になるので行ってきました。

場所は南口(公園口)を出てすぐのところ。一見わかりにくいですが、こちらのビルの4階にあります。

余談やねんけど、前回の記事で編集部の先輩から“ぶぶか”とイジられるって話をしたんやけど、“ぶぶか”というラーメン屋さんを発見したので記念にパシャリ!

今回お目当てのお店のビルに看板があるから、それを目印に行ってみて〜。

Lumiereが入っているビル
©2019 NEW STANDARD

4階まで上がって「Lumière」と書かれた文字を見つけたら正解。

Lumiereのドア
©2019 NEW STANDARD

ドアを開けると店内は広く、おとぎ話のような空間が広がっています。

Lumiereの内観
©2019 NEW STANDARD

たくさんあって迷ったので王道の「lumiere特製焼き氷(1200円税抜)」を注文。メニューに書かれている一つひとつの焼き氷の名前がメルヘンでかわいい♡

かき氷を食べて頭が痛くならないように、「ホットはちみつレモネード(600円税抜)」も注文。

焼きかき氷のメニュー
©2019 NEW STANDARD

焼き氷は出てくるのに15分ほどかかります。なので、その間にトイレをチェック。

トイレに入ってもおとぎ話のような空間は広がっていました。かわいい装飾がされていて、中でもこの置物が特にかわいかった!他にもゴミ箱が大きなカエルだったりと遊び心満点♡

かわいいトイレ
©2019 NEW STANDARD

焼き氷を待ってる間は、ホットはちみつレモネードを飲んで体を温めておかないと♡横に付いているのは、はちみつではなくジンジャーでした。飲み終わる頃には体ぽっかぽかや〜。

ホットはちみつレモネード
©2019 NEW STANDARD

かき氷を待っている間に店内は満員に。この日の気温は6度で寒いにも関わらず、焼き氷を目当てにきているお客さんを見て、改めて焼き氷の人気っぷりを実感。楽しみになってきた〜♡

そんな大人気の焼き氷がこちら!

吉祥寺にある焼きかき氷
©2019 NEW STANDARD

これだけでも十分おいしそうやねんけど、これは燃やす前。ここから燃やしていきます!

燃えているかき氷
©2019 NEW STANDARD

めっちゃファイヤーしてる!!!

火のついたラム酒をかき氷にかけるんです。温かさが残っているので、ぜんぜん頭が痛くならへんかったで。これなら冬でも関係なく食べれるし、めっちゃいいや〜ん♡

肝心のメレンゲの中にはキャラメルとイチゴが隠れていて、食べた時にほんのり感じる焦げがなんか大人な感じ♡横に付いているイチゴ・キャラメル・練乳を足しながら食べれるから、味も全然飽きひん。

最近いろんなかき氷が出てるけど、ここのかき氷は冬でも食べれるし、めっちゃおすすめ!ぜひ食べてみてな♡

以上、ももかでした!

記念写真
©2019 NEW STANDARD

Café Lumière

 

【住所】〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目2-2 東山ビル4階

【最寄駅】

【営業時間】12:00~20:00(火〜金)
      11:00~18:00(土・日・祝日)

      ※月曜定休日(twitter要チェック)

【公式Instagram】https://www.instagram.com/cafe_lumiere_kichijyoji/

Top image: © 2019 NEW STANDARD
ももかの記事はまだまだあるで〜