かき氷を燃やして食べる「焼き氷」って、どーなんよ?

かき氷はどうしてもかわいく食べられへんな〜。ももかです。

いわゆる“映え”なお店やメニューはめっちゃあるけど、いざ行ってみると味や価格に関しては「……」なとこも多い。そこで、ももかが実際に足を運んで「これめっちゃおいしい!」と思ったメニューを紹介していきます。

焼きかき氷を実食
©2019 NEW STANDARD

今回は吉祥寺にある「Café Lumière」。

かき氷を燃やして食べる「焼き氷」が有名なこちらのお店。冷たい食べ物を燃やすって……どういうこと!?気になるので行ってきました。

場所は南口(公園口)を出てすぐのところ。一見わかりにくいですが、こちらのビルの4階にあります。

余談やねんけど、前回の記事で編集部の先輩から“ぶぶか”とイジられるって話をしたんやけど、“ぶぶか”というラーメン屋さんを発見したので記念にパシャリ!

今回お目当てのお店のビルに看板があるから、それを目印に行ってみて〜。

Lumiereが入っているビル
©2019 NEW STANDARD

4階まで上がって「Lumière」と書かれた文字を見つけたら正解。

Lumiereのドア
©2019 NEW STANDARD

ドアを開けると店内は広く、おとぎ話のような空間が広がっています。

Lumiereの内観
©2019 NEW STANDARD

たくさんあって迷ったので王道の「lumiere特製焼き氷(1200円税抜)」を注文。メニューに書かれている一つひとつの焼き氷の名前がメルヘンでかわいい♡

かき氷を食べて頭が痛くならないように、「ホットはちみつレモネード(600円税抜)」も注文。

焼きかき氷のメニュー
©2019 NEW STANDARD

焼き氷は出てくるのに15分ほどかかります。なので、その間にトイレをチェック。

トイレに入ってもおとぎ話のような空間は広がっていました。かわいい装飾がされていて、中でもこの置物が特にかわいかった!他にもゴミ箱が大きなカエルだったりと遊び心満点♡

かわいいトイレ
©2019 NEW STANDARD

焼き氷を待ってる間は、ホットはちみつレモネードを飲んで体を温めておかないと♡横に付いているのは、はちみつではなくジンジャーでした。飲み終わる頃には体ぽっかぽかや〜。

ホットはちみつレモネード
©2019 NEW STANDARD

かき氷を待っている間に店内は満員に。この日の気温は6度で寒いにも関わらず、焼き氷を目当てにきているお客さんを見て、改めて焼き氷の人気っぷりを実感。楽しみになってきた〜♡

そんな大人気の焼き氷がこちら!

吉祥寺にある焼きかき氷
©2019 NEW STANDARD

これだけでも十分おいしそうやねんけど、これは燃やす前。ここから燃やしていきます!

燃えているかき氷
©2019 NEW STANDARD

めっちゃファイヤーしてる!!!

火のついたラム酒をかき氷にかけるんです。温かさが残っているので、ぜんぜん頭が痛くならへんかったで。これなら冬でも関係なく食べれるし、めっちゃいいや〜ん♡

肝心のメレンゲの中にはキャラメルとイチゴが隠れていて、食べた時にほんのり感じる焦げがなんか大人な感じ♡横に付いているイチゴ・キャラメル・練乳を足しながら食べれるから、味も全然飽きひん。

最近いろんなかき氷が出てるけど、ここのかき氷は冬でも食べれるし、めっちゃおすすめ!ぜひ食べてみてな♡

以上、ももかでした!

記念写真
©2019 NEW STANDARD

Café Lumière

 

【住所】〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目2-2 東山ビル4階

【最寄駅】

【営業時間】12:00~20:00(火〜金)
      11:00~18:00(土・日・祝日)

      ※月曜定休日(twitter要チェック)

【公式Instagram】https://www.instagram.com/cafe_lumiere_kichijyoji/

Top image: © 2019 NEW STANDARD
ももかの記事はまだまだあるで〜

関連する記事

無類のあんこ好きがこうじて、これまでにたい焼き約3,700匹を食べてきたというイワイサトシさん。通称「あんこ食う大魔王」。一体どんな人なのだろう?インタビ...
今回は吉祥寺に6月1日にオープンした「挽肉と米」。人気すぎてなかなか入れない「挽肉と米」が出すハンバーグって、どーなんよ?
氷を歯で砕くのがあんまり好きじゃない人でも、このソフトタイプの氷なら噛み砕きたくなるはず!しかも溶けにくいから最高です。
日本の夏の風物詩に、かき氷を欠くことはできません。でも氷で涼を得るのは、東南アジア全般でもあります。たとえばインドネシア、「エス・ブア」というフルーツたっ...
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
スウェーデン北部、トルネ川沿いにたたずむ「ICE HOTEL」。毎年慣例となっている冬季限定で建てられる氷と雪で作られたホテルルームが今年で31回目を迎え...
7月2日、「バーミキュラ」の世界観を体験できる施設「バーミキュラ ビレッジ」内に、夏季限定のかき氷屋「VERMICULAR PREMIUM SHAVED ...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
代官山の隠れた人気スポット天然氷で作る、本格的なかき氷URARA〒150-0033 東京都渋谷区 猿楽町20-10https://www.hrm.co.j...
「tree.fm」では、おうちにいながら世界各地にある森林の音を聴け、まるでそれぞれの森の中にいるような気分を味わえる、デジタル森林浴を体験できるのだ。「...
「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
「星野リゾート トマム」に冬の風物詩とも言える「アイスヴィレッジ」が2020年12月10日(木)から2021年3月14日(日)まで期間限定でオープン。
フードスタイリストのToshihiro Uekiさん。フォロワー数12万人を越えるUekiさんのInstagramで大人気なのが「餃子」。フツーのようでい...
今回は中目黒に6月28日にオープンした「ナナシノ氷菓店」。週4日しかやっていない隠れ家かき氷専門店。魅惑的なメニューばかりで行きたくなることまちがいなし!
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?見た目だけでなく、味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「MACAPRESSO TOKYO」ぷくっとしたフ...
今回はsnsで流行っている「肉ドレス海鮮丼」渋谷店。器からはみ出るお肉が豪華な見た目の海鮮丼を実際に食べてみたで!snsで人気のお店って実際はどーなんよ?...
濃厚チョコレートの専門店「SÔ CÔ La(ソコラ)」の大阪・アメ村店限定で、自社製造の濃厚チョコレートを100%使用した「チョコレートかき氷」が8月31...
「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に、今年も12月18日(金)から冬限定「氷瀑(ひょうばく)の湯」が登場する。

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。