じつは自分とゆっくり向き合える。「大人なグアム」の過ごし方

観光客をワクワクさせるエネルギーが島中に満ちているのが、グアムだ。

昼間はバナナボートを体験して、夕方はショッピングを満喫する。この島では、1日中体を動かしていても疲れない。

でも、それだけがグアムの楽しみ方だと思っているなら、ちょっともったいない……というか、損をしている。

定番のマリンアクティビティ以外にも、体いっぱいで自然を感じる方法がある。繁華街から少し離れれば、日本では観測できない星座を見ることができる。

ゆったりとした気分で自分と向き合えるし、いつも仕事で頑張っている自分を癒してくれるんだ。

だから、こんな楽しみ方はどうだろう?

人の多い観光地をさけて
ひとりになれる「滝」へ行こう

グアムは、ビーチがきれいに整備されていて、ショッピング施設も充実していて、交通インフラもしっかりしている。発展しているところが目立つけど、島面積の約70%がジャングルで覆われているという豊かな自然も、その魅力のひとつ。

自分が抱えているモヤモヤを解消し、心を解放したいなら「滝」だ。

グアムの滝のほとんどは、古代チャモロ時代(紀元前〜1500年)から姿をあまり変えていないと言われているから、原始の自然を目の当たりにすることができる。

観光地化されていない滝までの移動時間は、少し多めにかかってしまう。とはいえ、手つかずの自然を体いっぱいで体感できることを考えたら、そんなのは気にならないだろう。

職場でストレスが溜まったせいで、せっかくのプライベートでも疲れている。そんなイヤな状況をリセットして、ポジティブな気分で心を満たすパワーチャージができそうだ。

水が落ちる音を聞きながら、ぼーっとしてみるのもいいかもしれない。

→気になる!

繁華街からドライブして
日本では観測できない「星」を見よう

グアムの夜空は空気が澄んでいる。ただ残念なのはイメージがないだけに、みんな、夜空を見上げないこと。心が洗われるような天体観測をするには好条件なのに……。

北半球になるとはいえ、グアムは赤道付近に位置しているから、時期によっては南半球の星座が見れる。たとえば、南十字星とか。

かつては、この星座がたくさんの人を目的地へと導いていた。何百年も何千年も前に生きていた人と同じ星を見ることで特別なつながりを感じられるかもしれない。

気をつけたいのは、グアム国際空港や繁華街「タモン」は夜でも明るいため、少し移動する必要があるということ。

レンタカーでドライブを楽しみながら星空を観測しに行くのもいいし、ディナークルーズを予約して落ち着いた雰囲気のなかで眺めるのもいい。ポイントは、定番のグアムの楽しみ方を少しの間だけ忘れること。

そして、ただただ夜空を見上げる。普段は “やらなければいけないタスク” が多いだろうけど、グアムの星が、そんなことはどうでもいいと思わせてくれる。

→気になる!

あえて予定を決めないで
「ビーチ」でスローな時間を体感しよう

どんな時でもビーチは癒しをくれるし、きっと、これからも同じだ。グアムの海は穏やかだからいい。のんびりとすることができる。

ちょっと疲れているなと感じたら、SUPヨガにトライしてみて、心と体をととのえるのもいいかもしれない。しかも、そこは透き通った海の上だ。絶対に気持ちいいに決まってる。

ちなみに、グアムのアクティビティではヨガの人気が高まっているため、多くのホテルで気軽に体験できる。

ビーチでリラックスをした後は、周辺を散歩してみたいところ。カフェに入ったら、グアムならではの時間の流れ方を体感できるだろう。他にも、ローカルが通うレストランを見つけられる可能性だってある。

あえてバナナボートやジェットスキーをやらない、スローなビーチでの過ごし方。

うん、日本で仕事を頑張っている人にはぴったりだ。

しかも、グアムまでの移動時間は約3時間半。週末旅行もできるし、3日間あれば、もっと楽しめる。3ヶ月に1回というペースで定期的に旅行をしても、毎回異なる発見がある。

いつもと違ったグアムは目に入っていないだけで、しっかりと存在している。次の旅行は、そんなグアムを見つけてみるのもいいかもしれない。

→行ってみたい!

関連する記事

『地球の歩き方』から大人の男のためのひとり旅ガイドの第2弾が発売!「より手軽に始められるアジア」と「旅人の心を浮き立たさせる・世界一周」の2冊を相棒に旅に...
変化の激しい現代においてあらためて注目を集めているのが心とカラダをととのえる「マインドフルネス」という習慣。そんなマインドフルネスについて、その意味や語源...
「結局効果があるリラックス方法って何があるの?」という方のためにストレスや疲労を根本からなくせるリラックス方法をまとめました。自宅や職場で試せるものから、...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
高級ホテルチェーン「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出となる「ローズウッド 宮古島」を2024年に開業すると発表した。
「ExplorHer」は、3人のイタリア人女性が作った旅行代理店。最大で12人まで、“女性だけのグループ”で世界へと旅に出るのが特徴だ。
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
「本のようにオンラインで自分の旅を売買できる」デジタルプラットフォームサービス「TRIP BOOK」が、2021年3月1日よりスタート。大手旅行会社の業務...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
明治大学で微生物学を研究する村上周一郎教授が、熟成肉を製造するレストラン経営者と協力し開発した「エイジングシート」
近年、「マインドフルネス」に続く存在として注目を浴びている「クリスタルボウル」について、奏者・Magali氏にインタビュー。高いリラックス効果をもたらすと...
オーストリアのマクドナルドの店舗は、アメリカ大使館の相談窓口としてサービスの提供を開始。アメリカ国民に限って、緊急事態の場合に支援を受けられます。
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
ここで紹介する過ごし方は、忙しい毎日を送っている人にオススメするものです。心身ともに疲れを感じているなら、恋人も家族も忘れて、まずは一人の時間をつくること...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
学術誌『SPPS』にも掲載された「ジョージア大学」の心理学者の研究論文によると、アメリカ人は日本人と比べ、自分を変化させることが幸福度の低下につながってい...
じっくり人の流れから離れながら、優雅に心の浄化旅をできる「春先の石垣島」をオススメ。自然はキレイだし、リゾートとして少し都会。保守的な人も安心できる癒しの...
「The Points Guy」が出しているインターンの募集。世界中を飛び回り、フライトやホテルなど、旅先や移動中に体験するモノ・コトをレビューするという...
ホテル「ハイアット」は瞑想アプリの「ヘッドスペース」とコラボレーションし、利用客と従業員に向けたマインドフルネスなサービスを提供する。仕事や旅行のスキマに...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
香港の企業がローンチした「Breakup Tours」はちょっと変わった旅行サービス。ツアーのターゲットはなんと......“失恋した人”。
ストレス解消や自律神経の調整にもいい「大人の塗り絵」が今、再ブーム。中でも気になる7冊を紹介。「民族衣装のぬり絵ブック」は、世界各国の民族衣装を彩りながら...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。