最先端なのにノスタルジック。このスマートウォッチならありかもしれない

ちょっと前までは、もの珍しいギアだったスマートウォッチ。でも気がついたら、ごく当たり前の存在に。

確かに便利だとは思うけれど、スマホで十分な気もするし、使いこなせるか心配だったりもする。

でも、使い始めると手放せないってみんな言うんだよな——。

そんな気になり始めたタイミングで見つけた「FOSSIL」のスマートウォッチは、価格も手を伸ばしやすいし、デザインもどこか落ち着く。

これなら、はじめてのスマートウォッチにいいかもしれない。

→さっそくチェック

「大事な通知」を
見逃さなくなる

ワイヤレスイヤホンだって、なくしそうだからと避けていたけど、一度使い始めたらもう有線には戻れないって人が多い。スマートウォッチもきっとそうだ。

たとえば、ユーザーが口を揃えて「これは便利」と言うのが通知機能だろう。

防水だから夕飯の支度をしながらでも使えるし、おつかいを頼んだ家族から連絡が来ても、指先でさくっと返信できる。あ、30分前に連絡来てたんだ……なんてこともなし。

気になる相手とのデートや、上司と雑談中のスマホを開きづらいシーンでも、スマートにメッセージを確認できちゃう。

移動中のMAP確認だって
スマートになる

8GBとたっぷりストレージなので、アプリをインストールしてマップを使うのもいい。

自転車に乗っているときも安全に確認できるし、いちいち立ち止まってスマホの画面を見ながらきょろきょろするよりもずっとスマートだ。

スピーカーを搭載しているので通話も可能。iPhoneもAndroidも対応しているのはなんとも嬉しい。

スマートウォッチは
頼れる「相棒」になる

頻繁に「スマホ……どこに置いたっけ……」と探しているような人には、さらにスマートウォッチがオススメだ。

スマホとペアリングして使うから、家の中でなくしてもすぐに見つけられるし、タクシーやお酒の席に忘れる、なんてミスもなくなるだろう。

もちろん、健康管理にだって使える。搭載されたセンサーによって心拍数を記録することができるし、どんなときに心地よかったりストレスを感じているのか、も教えてくれる。

→ラインアップを見る

FOSSILのスマートウォッチは
「これぞ時計」っていうデザインがいい

毎日、身につけるものだからデザインは妥協したくないし、“いかにも” って感じのスマートウォッチはちょっと苦手……という人も多いのでは?

FOSSILのスマートウォッチは、古き良きアメリカのクラシカルな雰囲気漂うレザーや、シャープな印象のベゼルがついたメタルなど、ストラップの種類も豊富に揃う。

ワンタッチで変えられるから、その日の気分やファッションに合わせてさまざまなスタイルを楽しむのもよさそうだ。

便利な機能も欲しいけど、やっぱり時計らしいまあるいフォルムにぐっとくる。

もっとシンプルで、もっとアナログなスタイルがいい、という人には「ハイブリッド HR」もオススメ。

テクニカルすぎないルックスと、あえて削ぎ落としたシンプルな機能。1回の充電で2週間以上使えるのも心強い。旅先でも大活躍となりそうだ。

今シーンズのFOSSILのテーマ「モダンアメリカーナ」にもぴったりな、最先端だけどノスタルジックな佇まいのタッチスクリーンスマートウォッチとハイブリッド HR。

1950〜60年代の映画のワンシーンを彷彿とさせるような、どこか懐かしい見た目なのに、機能は「最新のスマートウォッチ」って、ちょうど欲しかったタイプかも。

→ハイブリッド HRはコチラ
「LunaR」は、秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチです。しかも、透明なソーラーパネルによる、自動充電が可能なんだとか。
スマートウォッチとワイヤレスイヤホンを融合させたウェアラブルガジェット「Wearbuds」が開発。スマートウォッチにイヤホンの充電機能を持たせ、抜群の音質...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
朝起きる、歯磨きをする、ごはんを食べる、着替える、仕事へ行く。毎日決まったスケジュールでやっていることはたくさんあります。これ、習慣化していたら考えずにす...
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
〈klokers〉の「KLOK02(クロック・ゼロツー)」です。使い方はシンプル。上部が時刻表示で、下部にある窓が世界24都市のタイムゾーンを表示していま...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
デジタルのテクノロジーを取り入れて日々進化する「アウトドアウォッチ」。「カシオ/プロトレック」「ガーミン」「ソニー」「セイコー」など人気ブランド勢揃い!
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
にぎやかなデザインも悪くはない。けれど、サステナブルが注目される時代性を反映したデザインは意識したい。そんな世の流れを分かっている人にこそスウォッチの「S...
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
時計で気になるのがビッグサイズ!装いがシンプルでも、それひとつでアクセントになる。だとすると、Big Boldコレクションの「BBNEON」は周囲に「お!...
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
いくつになってもやっぱりキラキラ輝くアイテムを着けたい……そんな人の手元はキッズ用ウォッチブランドFlik Flakの「GLITTERAXUS」でさり気に...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
オシャレ上手な人は着こなしに彩りがあっても、シンプルかつスマートにまとめる算段が抜群にうまい!まさにそんな巧みな洒落っ気を具現化したスウォッチ「SISTE...
昔のキーワード「シンプル・イズ・ベスト」は、僕たちの世代じゃ“ミニマリズム”として定番に。そんなミニマリストにぴったりのデザインといったスウォッチの最新モ...
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
「CASIO W-64」を着けて育ったという海外のファンが、現在使用している「Apple Watch」の時計盤をデザインして話題に。創作デザインであるが、...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。