ゲスト不参加も寂しくない?ダンボールで埋め尽くされた「結婚式」

新型コロナウイルスの感染拡大による自粛要請が人々の生活スタイルに大きな変化を与えているなかで、結婚式などの祝い事にも影響が。長い時間をかけて計画してきた結婚式を、多くの人が延期せざるを得ない状況になっている。

160人のゲストを招いて盛大な結婚式を教会でおこなう予定だったアメリカ・ミシガン州に住むあるカップルの結婚式も、残念なことに開催は不可能に......。

しかしながら、ある“ユニークな方法”で結婚式を決行したという。

どうしてもバージンロードを一人で歩かせたくなかったという新郎は、梱包会社へと出向いて、ダンボールでゲストの代わりを作ってもらうことを依頼。そしてなんと、客席を人の姿でかたどられたダンボールでいっぱいにしたのだ。

家族や友人の代わりに一つひとつ役割まで与えられたダンボールに新婦も驚き。来れなかったゲストの魂はダンボールへと宿り、孤独に感じることは決してなかったという。

クリエイティブに危機を乗り越えた2人に対して、梱包会社はダンボールを無料でプレゼント。一生の思い出になる大満足な結婚式になったそうだ。

© Dan Stuglik/Facebook
Top image: © iStock.com/CSA-Printstock, iStock.com/BlackStork
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事