今年の冬に「絶対に寒い思いをしたくない人」のためのアウターウェア

今年の冬、「絶対に寒い思いをしたくない!」という人へ。まずはこちらをご覧あれ。

©Makuake

国際的な南極大陸の探検隊が、−34℃の状況下で着用したところ「少し暑いくらいだ」と絶賛したアウターウェアブランド「OROS」。このたび、細かすぎるほど多くの改良を加えた最新作が発表された。

それがこの「OROS エンデバージャケット」−40℃まで対応する異次元のアウターウェアだ。

超防寒性の秘密は、内側に入っているたった3ミリのスーパー素材「エアロゲル」。「NASA」が宇宙服に用いる断熱材を応用した特許技術を、世界で初めてアパレルに応用しているという。

完全防水・防汚・防風機能を搭載しながらも、通気性は抜群。アクティブに動いて汗をかいても蒸れない構造になっており、場所や天候に関わらず活躍する“無敵の仕様”といえるだろう。

全5ヵ所の大容量ポケットには、iPadだって収納可能。何かと荷物が増える冬場に、手ぶらで歩けるのは嬉しい。シンプルでスタイリッシュなデザインのため、シティユースだってお手のもの。

現時点での価格は5万5010円(税込)で、購入はこちらから。11月配送予定なので冬に間に合う!

©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
魔法瓶のような保温力が持続する「魔法瓶ブランケット」を紹介。これがあれば冬の寒さに負けずにキャンプが楽しめそう。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
アウトドアブランド「DOD」から、11月下旬、防寒着&焚き火ジャケットとして“着る”ことができ、寝具(シュラフ)にもなるスグレモノ「ジャケシュラ2」が発売。
手軽に取り入れられてエコな温活こと「湯たんぽ」。あらためて、そのよさが見直されている今、形や素材など、さまざまなタイプの湯たんぽを紹介。今回は、やたら説得...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。