これこれ! 2,000円の「IDカードホルダー」がかわいい

「IDカードホルダー」って、仕事の都合で常につけてなきゃいけない人も多いけど、ちょっと気になりません? 支給されるやつだと味気ないし、カチャカチャ音が鳴ってうるさかったり、ふとした瞬間にカドが刺さって痛かったり(笑)。

だからこそ、柔らかいシリコン素材の「IDカードホルダー」を知ったときは「そうそう、こういうのが欲しかった!」って感じでした。色もかわいいし(レザーだとこの雰囲気は出ない……)、つい触っちゃうムニムニ感もいい。

「質感が気持ちいい」だけでも十分 “買い” なんだけど、この「IDカードホルダー」には、まだまだヒミツがありました。

なんと、メモ帳にもなる。
コレすごくない!?

じつはこのIDカードホルダー、「腕にまけるメモ」や「メモできるスマホケース」などで累計50万個以上売れた* 大ヒットシリーズ「wemo」と、あの「コクヨ」がコラボレーションした新商品なんです。ちなみにwemoは、ウェアラブルなメモ、という意味。

胸元にぶら下げているムニムニのIDカードホルダーが、とっさに使える「メモ帳」だと想像してみてください。

ビジネスシーンでも
「手書きでメモしないと、怒りそうな上司の前で」
「ストックするほどではない、簡単なメモに」
「雑談かと思ったら、いきなり仕事の話をする先輩の前で」

など、いろいろ使えそうです。こまめにメモを取って「あ……失念してました」にオサラバしましょう。

知らない人の前でいきなり使いだしたらきっと驚かれるけど、「これ、かわいくないですか? 何度も書けるし、簡単に消せるんですよ」と返せばOK!

*2020年8月末時点

→気になる

いろんな仕事に便利!
「いつでも書ける」安心感

とはいえオフィスワークが中心で、パソコンやスマホにメモするのが習慣になってる人には、いまいちそのメリットがピンとこないかも。

でも、介護士さんや保育士さん、イベントスタッフさんのように、慌ただしく働くなかで「短期メモ」が大量に必要になる人たちにはとっても便利なんです。

たとえば、介護を受ける方のパーソナルデータや、もうすぐ無くなりそうな備品などをササっとメモしておけるし、少し濡れたくらいでは消えないので、せわしなく動き回るときほど重宝します。

また「君、これ、〇〇さんに伝えておいて〜」という会話が頻繁に飛び交うようなイベント運営の現場でも、抜け漏れなくスムーズに、かつ書いては消して、と何度も活用できます。

職種によって大小あれど「わかる〜」という人も多いはず。いざというとき「いつでも書ける安心感」があるだけで、気がラクになるんですよね。

さらに、シリコン素材であることがこういう現場でも役立ちます。万が一、患者さんや子ども、大事な機材などにぶつかったとしても、柔らかいから安心〜。

→今すぐ欲しい!

いっそ、書かなくてもいい(笑)

もちろん、仕事で「メモ帳的に使える」っていうのは、ひとつの例にすぎません。

お気に入りの絵を描いたっていいし、自分への応援メッセージをこっそり書いておいたっていい。

しかも最後のダメ押しですが、wemoは裏面に「隠し文字」が刻まれていて、暇つぶしもできる「遊べるIDカードホルダー」なんです。

よ〜く見てみると「SUSHI」「BBQ」「BEER」……!?

退屈な会議中や、微妙に空気が重いエレベーターの中……など、いろいろな単語を見つけて遊んでみてくださいね!

カラー:グレー、グリーン、イエロー

そうそう最初にも言いましたが、こんなに “気持ちいい” IDカードホルダーが2,000円。

悩むとしたら、どの色にするか、くらいですね!

→詳しくはコチラ

関連する記事

手帳によるスケジュール管理や手書きのメモにこだわるアナログ派のビジネスマンに捧げる、質実剛健な「サンダース」の「クリップボード」のご紹介です。
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
「wemo Ⅱ」は、携帯ケース型のメモ。必要なことを裏にすぐ書き留めておくことができます。ボールペンで書いても消しゴムで消して何度でも使えるから大丈夫!
印刷会社「アインズ」は「静かな空間にお腹の音が響くのをなんとかしたい」という悩みに「紙を食べる」というユニークな方法でアプローチした、食べられるメモ帳「k...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
このアイテム、カードホルダー以外の要素が強烈です。カード類やペンはもちろん、ドキュメント保存用のSDカードまで入るとあり、なかなか普段使いにも気が利いてま...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
「コクヨデザインアワード」を受賞した、幾何学の定義でいうところの線(太さがない線)でメモリを表現した「本当の定規」が商品化。
サンフランシスコを拠点とするクラウドファンディング「Indiegogo」。日々たくさんの面白いアイテムが飛び出すこのサイトで、今月一番人気だったアイテムが...
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
今までトイレットペーパーホルダーを気に留めたことがあるだろうか?じつは大いなる創造力を活かせる素敵なフィールドだったことに気づかされる展示が開催中。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
イラストレーターのNoritake氏がディレクションを担当し、〈HIGHTIDE(ハイタイド)〉と一緒に作っている〈OLL(オール)〉のカードスリーブ。シ...
小橋賢児が自身初となる著書『セカンドID』が発売することになった。既存の枠にとらわれない、ボーダーレスな視点を持つ彼が語る、本に込めた想いとは?
「wemo」は、手首に巻きつけて使える、シリコン素材の「身につけられるメモ」。油性ボールペンで書き込めて、指や消しゴムで消して繰り返し使用できます。「私は...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。

おすすめ記事

「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。