スマホは「リモート」で充電する時代?

スマホはとにかく便利だが、それは充電されているという前提があってこそ。そんなスマホを「リモート充電」できるとしたら……?そんな未来が、すぐそこまできているかもしれない。

スマホやスマート家電など、先駆的な製品で注目を集めている中国・北京発の企業「Xiaomi」が、リモートでスマホを充電できるテクノロジー「Mi Air Charge Technology」を発表した。

空間測位エネルギー伝達などといった技術に支えられている「Mi Air Charge Technology」。このテクノロジーを使うことで、スマホやスマートウォッチなどのデバイスの位置を正確に把握し、半径数メートル以内にあるデバイスにリモートで給電することができるという。

もしスマホのリモート充電ができるようになれば、スマホをわざわざ充電する、という行為自体が不要に。絡まったケーブルをほどく手間や、あっという間に断線したケーブルを買い換える出費から解放される。

また、リモート充電のテクノロジーが一般化すれば、大きなバッテリーをスマホに搭載する必要もなくなるため、スマホの形もより自由に変わっていく可能性を指摘する人もいる。

今回の発表はまだデモの段階で、実際にこうしたリモート充電技術がいつ製品に搭載されるようになるかなどは明らかにされていないが、こうした技術がすでに存在していること自体にワクワクする。

リモート充電により、スマホは「充電するもの」ではなく、「充電されているもの」になる。商品化の実現が待ちきれない。

Top image: © Xiaomi
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
スマホにピタッとくっつけて、ワイヤレスで充電してくれるモバイルバッテリー「AIR PLUS」がクラウドファンディング「GREEN FUNDING」に登場。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
デザイナーズアイテムを販売する「LEXON」から、充電しながら除菌もしてくれるスマートフォン充電器が登場。スマートフォンを内部に置くと、充電がおこなわれる...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
まるでパンを焼くおしゃれなトースターのような形をした「Phone Toaster」。スマホの除菌だけでなく、便利な機能が多数搭載。
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
もしも「ハーマン・カードン」が「スマホ」を作ったら、どのようなルックスになるのだろう? デザイナーJames Tsai氏は、そんな疑問をもとに自らプロトタ...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
10月4日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Sunslice」の「Photon」は、クレジットカード...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
スマートフォンを充電しながら99%UV除菌できる「Smart Cleaner」。
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
「HAKU」はミニマリストに向けた、必需品(+α)だけを持ち運ぶためのバッグ。
Energizer社の「P18K Pop」は、電話を90時間できて、音楽を100時間聴けて、動画を2日間見れます。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのもの。動画に盛り込まれている...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
「Allbirds」が100%植物由来の「プラントレザー」を開発。
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
応援購入サービス「Makuake」にて、先行販売を実施している「Langogo Mini」は、音声録音、文字起こし、編集・共有、翻訳を1台で行ってくれる、...