見た目とか環境とか、大きなことじゃない。いま必要なのは「少しの変化」

僕にとっては、いつもだったらSNSを見てる30分をこの動画にあてる、そんな少しの変化だった。

それは、友人にすすめられた「GLOBIS 学び放題」。動画で、プレゼンや組織マネジメントなどビジネスの全体像を学べると人気なんだとか。

最初は、なんだか難しそうだなと思いながら見始めたけど、そういえば社会人になってからちゃんとビジネスを勉強したのなんて、初めてかもしれない。最近は「なんか楽しい」って思えてきた。

少しの変化で、
「時間の使い方」が変わった。

勉強って、きちんと時間を確保して机に向かわないといけないと思ってたんだけど、「GLOBIS 学び放題」はいつでもどこでも自分のタイミングで学べるのがありがたい。

ひとつひとつしっかり編集された動画は10分から映画1本分ほどのものまで幅広く、いずれも3分程度のピッチで見られる複数の動画から構成されている。お風呂が湧くのを待ちながら、ランチのあとの食休みに、ちょっとした時間でも学ぶことができるのがいい。

それから、コンテンツの品質が高いことも。検索すれば、無料で見れる動画やSNSの配信はあるけれど、はたしてそれが本当に正しい情報なのかどうか。探しいているとそれだけで時間が過ぎてしまうことも多い。確かな知識をすぐに得られることは、きちんと学びたい僕にとって何より大事なことだ。

だらだらと過ごしていた無駄な時間が成長時間に変わるのは、なんだか気持ちいい。

→気になる

少しの変化で、
「学びの大切さ」に気づいた。

「GLOBIS 学び放題」では、ビジネスの原理原則からトレンドまで学べる。いかに今までの自分が体系立ててビジネスを理解してなかったかが、わかるようになってきた。

あと、コツコツ動画を見て勉強できるのはもちろん、いざというときの辞書や参考書のように使うこともできて、とても便利。

たとえば、伝わるプレゼン資料の作り方や、オンライン会議でのファシリテーションなど、仕事で必要なときにその都度、仕事に役立つ知識を高速に目と耳でインプットすることもできる。こういうのってWEBで検索しても、すぐに欲しい情報には、出会えないことがほとんどなんだよな……。

他にも、有名企業のマーケティングやヒットCMのクリエイティブを例に、その立役者が舞台裏を話してくれるコンテンツなどもある。実例を元に学べるから、自分ごと化しやすい。

→詳しく知りたい

少しの変化で、
「悔しい」と思うことが増えてきた。

正直、社会人経験を積んでいるから、ある程度分かったつもりになっていた。でも、他社との会議やイベントで自分の会社以外の人と話すと「知らないことだらけなのかも」って冷や汗をかくときもある。

フィンテック、デジタルトランスフォーメーション、シェアリングエコノミーetc...。知ってるようで、いざ説明するとなると自信のないビジネス用語やビジネス知識。

「GLOBIS 学び放題」は、日本最大級のビジネススクールを運営するグロービスが提供するサービスだから、いうまでもなく品質は確か。

気になることがあれば「GLOBIS 学び放題」ですぐに調べられるから、知らないことをほったらかすことがなくなった。むしろ、もっといろいろなことを知りたい。

「仕事が忙しくて勉強の時間が取れなかった」なんて日があると、ちょっと気持ちが悪いっていうか、スッキリしない。まさか、学べないことがストレスになるなんて、自分でも驚いている。

→もっと知りたい

少しの変化で、
「自信」が持てるようになった。

しっかり知識を身につけてから準備したプレゼンがうまくいったり、得たビジネスナレッジが実際の仕事のエネルギーになるのはシンプルに嬉しい。

ひとつうまくいくと、もっと勉強しようっていうモチベーションにもなる。社会人になってから勉強している人たちって、いわゆる“意識高い系”で、自分はそうじゃないと思ってたけど、これなら続けられそう。少なくともいまは学び続けたいと思っている。1ヶ月あたり1650円(年間プラン/税込)で、3000本以上の動画がすべて見放題という価格も続けやすい。

「GLOBIS 学び放題」をはじめてから、なりたい自分が見えてきたし、その姿に近づいている気がする。

→詳しくはコチラ

関連する記事

企業や自治体がリモートワーク用の「スペシャルなオフィス」を用意する動きが出始めている。
仕事の生産性が上がったり(するかもしれない)、手軽に除菌できたりと、いま自宅で使いたい便利グッズをまとめて紹介。
同ブランド公式サイトにて、独自の研究結果をベースに導き出したリモートワークに最適な環境作りのコツを公開中。
「JR東日本」と「KDDI」が「新幹線オフィス」の実証実験をおこなうことを発表した。東北新幹線のうち、対象となっている列車の一部車両が「リモートワーク推進...
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
平日にリモートワークできるホテルや旅館を探せる新サービス「Otell」がスタート。掲載されているのは、都内から2時間以内で移動でき、仕事環境が整った個室の...
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
リモートワークや在宅勤務で、仕事場の仲間との「雑談」が懐かしいアナタにオススメしたい新サービス「RemoRoom」のご紹介。
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
「Herman Miller」が提供するオンライン無料テストで、自分の在宅勤務環境の充実度を測ることができる。テストは環境面、身体面、そして精神面から測定...
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
リモートワークや自粛生活でブームとなった「オンラインフィットネス」をまとめました。サービス選ぶときのポイントや2020年〜2021年におすすめしたい最新オ...
コロナ禍で一躍有名になった妖怪「アマビエ」が、ビデオ会議やオンライン飲み会で使える無料のエフェクトとなって登場。緊急事態宣言の全国拡大と共に、リモートワー...
パソコン周辺機器を取り扱う「サンワサプライ」から、マウスもパッドもスッキリと持ち運べる「マウス収納ケース」が登場。
何かと便利な部分も多いリモートワークではあるが、ついつい家に引きこもりがちになるなんてことも。もしこのまま今の生活を続けると、一体人間はどんな姿になるのだ...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
「コクヨ株式会社」が「UHA味覚糖株式会社」、「Whatever Inc.」と共同で、ミントタブレット「minute mint」を企画・制作。1月20日に...
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
iHerb(アイハーブ)で買える、リモートワーク中だからこそ食べられる「中毒性のある缶詰」3つをご紹介。いわしの缶詰、オイル漬けアンチョビ、スモークオイス...
廃タイヤを再利用するバッグブランド「SEAL」が、パラシュートメーカー「藤倉航装」とのコラボによって作り出した「藤倉航装/3way ビジネスバッグ AIR...
嗅覚を通して脳に伝わることで自律神経には働きかけ、心身にさまざまな作用をもたらす精油を用いれば、リモートワークをより快適に過ごせるかも?朝、仕事モードに切...
太陽光利用型植物工場にワークスペースを装備したスペース「Veggie_Works」設置され、アグリワーケーション施設として2021年2月から運用開始。
先日6日、「ハーバード大学」は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けて、9月から始まる新学期の講義をすべてオンラインへ移行することを発表した。ただ...
「MAISON SPECIAL」が、在宅で働く人に向けたセットアップ「リモートワークスーツ」を販売中。本格的なドレスアイテムなのに快適で楽チンな機能が満載。
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。