お父さんがいつも飲んでいたお酒が、最近自分もおいしいと思えるようになった話。

もうすぐ、父の日がやってくる。

でも母の日と比べるとなんだか盛り上がりに欠けるし(笑)、照れ臭くてついサラッと済ませてしまう人も多いみたい。

どんなプレゼントがいいのか、喜んでくれるのか、そもそも受け取ってくれるのか。

そういえば僕がまだ小さい頃「お前が大きくなったら一緒にお酒を飲むのが楽しみだ」なんて、お父さんよく言ってたっけ……。

最近の家飲みはだいたいコレ!
「焼酎の炭酸割り」

でも「お前が大きくなったら……」なんて言われてたのは遠い昔の話。いまじゃ僕自身が糖質とかプリン体を気にするくらい立派な “大人” だ。

変わってないことと言えば、いかにもお酒に合いそうな味の濃いガッツリ飯が好きなこと。

「お前は将来ゼッタイ、酒呑みになるだろうな」。

何回、同じことを言われたか。

 

さてさて、近所のタイムセールでゲットした餃子とアジフライで晩酌でも始めますか。

→黒霧島 父の日セットをプレゼント

「炭酸割りなんて邪道だろ」って
言われたけど

ちょっと酔いも回ってきたし、久しぶりにお父さんに電話でもしてみよう。

なぜか出たのはお母さん(笑)。よくあることだ。

「いま、お父さん何してんの?」「テレビ見ながら飲んでるよ」

父は昔から晩酌は焼酎派だったし、それはいまも変わらない。

 

電話の向こうから聞こえてきた太い声。

「なんだお前も焼酎飲んでんのか。炭酸割り? 昔は邪道だなんだって言われたけどな」

悪態をついてくるのは、まだまだ元気な証拠だ。

「いや、お父さんも今度試してみてよ、黒キリの炭酸割り」

「どうだろな。ちゃんとメシも食ってるのか?」

「食べてるよ、餃子」

 

黒キリの炭酸割りと餃子。お父さんだって試せばきっとハマるはず。

僕の餃子好きは、父ゆずりだ。

今度は僕が教えてあげよう。

→黒霧島 父の日セットをプレゼント

今年の父の日は、離れていても
黒霧島で乾杯を。

まさか自分がお父さんと同じお酒で晩酌することになるなんて、子どもの頃は想像もつかなかった。

「電話での話し方とか、お父さんそっくりになってきた」

呆れた母のセリフも、ほろ酔いのせいかなんだか褒め言葉みたいに感じられる。

 

今年の父の日は、6月20日。まぁちょっとくらいズレたって大丈夫。

思い出したときにでも、またお父さんと乾杯しよう。

 

お父さん用と、自分用。
「黒霧島 父の日セット」
30組60名の親子にプレゼント!

アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、30組60名の親子に「黒霧島 父の日セット(黒霧島25度 900ml瓶、黒ッキリボールグラス、黒霧島に合う 亀田の柿の種 味噌モツ鍋風味)」の父の日セットをプレゼント。

いまあなたが住んでいる自宅の住所と、離れて暮らすご両親が住む実家の住所、それぞれに黒霧島をお贈りします!

賞品:黒霧島 父の日セット(黒霧島25度900ml瓶、黒ッキリボールグラス、黒霧島に合う 亀田の柿の種 味噌モツ鍋風味)
当選人数:30組60名様
キャンペーン応募方法:応募要項に同意のうえ、アンケートへのご回答で応募完了となります。※応募はお一人様1回に限らせていただきます。
応募期間:2021年5月31日(月)〜2021年6月17日(木)17:00

今年の父の日は、離れていても “黒キリ” で乾杯してみてくださいね。

→応募はコチラ

飲酒は20歳から。飲酒は適量を。
飲酒運転は、法律で禁じられています。
妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。

関連する記事

お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
普段の家飲みの締めくくりに最適なポートワイン。“ポルトガルの宝石”と謳われるルビータイプのポートワインのなかにあって、抜きに出たコクを感じられる「テイラー...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「GREEN FUNDING」にて販売中のタンブラー付きボトル「Firelight Flask(ファイアーライトフラスク)」は、お酒の味にこだわるだけでな...
「GO POCKET」は、もっと日本酒を飲むシーンを自由に選べるようにすべく開発された、どこにでも持ち運び自由な一杯飲みきりタイプの日本酒。スキー場やスポ...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
コロナ禍で余剰になったビールや、世界初となるタガメで作ったクラフトジン、ペットボトル入り生ビールなど、2020年に発売された注目のアルコール飲料を5つ紹介...
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。