住むと「!」がたくさん生まれる部屋がいい

「部屋」に求めるものは、ほんと人それぞれ。

シンプルな空間が好きな人もいれば、たくさんのお気に入りに囲まれたい人もいる。キッチンにこだわりたい人もいれば、素材やカラーにこだわりたい人もいる。

この特集東京 住みこなし研究所では、いま僕たちが心から「住みたい!」と思える部屋をさまざまな角度から検証していきたいと思います。

 

今日紹介したいのは、一風変わった「セレンディピティ」に溢れたお部屋です。

……どういうこと?

セレンディピティは、簡単に言うと「偶然の幸運」のこと。“たなぼた” よりはもっとあなたの行動や能動的なアクションに紐づいてる、というのがポイントです。

最近はおうち時間が増えた代わりに、人とのコミュニケーションが減ってしまった……なんて嘆く声もたくさん聞こえてきます。

そんな今こそ、偶然の出会いや発見が生まれそうな部屋なんてどう?

カフェのオーナー気分が味わえる
「iCafe」

たとえば、カフェみたいなお部屋。

リノべ物件を専門に扱うREISM(リズム)が展開する「iCafe(アイカフェ)」というシリーズは、まさに偶然の出会いや発見が期待できるスタイルなんです。

「いらっしゃーい」なんてつい友だちを呼びたくなる空間で、居心地のいいカフェのようでもあり、自分がオーナーになった気分も味わえちゃいます。

見てください、この大きなキッチンカウンター!背面も収納になっているので、お気に入りの食器やインテリアを飾ることができて嬉しい。

ここでのやりとりが、友だちとのちょっとした時間や交流を特別なものにしてくれます。

さらにセレンディピティは、人との出会いだけに使う言葉ではありません。部屋との関係性のなかにも、ちゃんと偶然の出会いはあるんです。

たとえば「iCafe」は、床材に実際の工事現場で使われていた「足場板」が使われていて、どんな表情の板になるかは一期一会。これはリノベーションの醍醐味でもあります。

無垢材なので裸足で歩いても気持ちがいいし、デザインとしてのユーズド感もある。

また、あなたが生活をしていくことで、経年変化によってその味わいにも深みが増す。こうやってロングライフな目線で生活をデザインできると、なんだかいつも以上に部屋への愛着が湧いてきませんか?

住めば住むほど味わいが増す「iCafe」には、自分のライフステージとともに歩んでいく、という楽しさがあります。

長く、永く、大切に住むほど「新しい気づき」が生まれる部屋なんです。

→気になる

自分も、友だちも
ワクワクする空間に。

「iCafe」なら、コーヒーを淹れてひとりの時間をゆったり楽しむのも、友だちが遊びにきたときにサーブしてあげるのも、普通の部屋でやるコーヒータイムとはひと味ちがいます。

カウンター上に備え付けられたイカ釣り電球も、iCafeならでは。おしゃれなカフェにいるような雰囲気を演出してくれます。

キッチンカウンターを挟んで、友だちとの会話を楽しんだり料理を運んでもらったり……つい妄想が広がりますね。

そうやってみんなが集まるようになると、友だち同士がいつのまにか繋がっていったり、そこから意外なコミュニティやビジネスが生まれることだってあるかも。

好きに集まって、好きに過ごす。まさに本物のカフェみたいな出会いが、この部屋をきっかけに始まることも。

「iCafe」は、その空間に遊びにきた人だって「セレンディピティ」を感じられるような、みんなにずっと愛される部屋になるはず。

→さっそくチェック

「長居したくなる」って
素敵なこと。

あまりにも居心地のいいカフェに出会うと「ずっとここにいたい」「帰りたくない」と感じること、ありませんか?

それが我が家として実現できるのも「iCafe」の魅力。

入居時からカフェ空間が作り込まれているので「帰りたくない」どころではありません。もうずっと居心地のいいカフェ空間にいられるんです。

「あの大好きなカフェみたいに、大切に、丁寧に、暮らそう」

きっと、そんな思いも強くなる。

→詳しくはコチラ

 

【他にももっと見たい!】
「セレンディピティ」に溢れるお部屋

上でご紹介した「iCafe」は、じつは全部で34もある「REISM」のリノベーションシリーズのひとつ。

ここでは、セレンディピティが溢れそうな部屋のシリーズを他にもピックアップしてみました。

遊びゴコロ全開の「Depot」

「セレンディピティに溢れるシチュエーション」といえば……自分が好きなものに囲まれた空間は外せない。そこに大好きな仲間と集まれたら最高だと思いませんか?

それを叶えられるのが、「Depot(デポ)」シリーズ。

賃貸物件にも関わらず、吊るしたり、引っ掛けたり、乗っけたりと、とにかく自由度が高く、遊びゴコロが満載!

備え付きの設備が充実していて、思う存分インテリアを楽しむことができます。天井にはレールやメッシュ材があり、植物を吊るしたり、キャンプ道具を置いたり……。

そして目玉が、ピクチャーレールがあること! 壁に備え付きのオレンジ色のロープがあり、好きな写真や絵を飾ることができます。(こんな物件を探してた人も多いのでは?)

また、キッチンとリビングの仕切り壁はメッシュウォールになっていて、ちゃんと自分を表現できるアイテムを掛けるのも◎。

工夫次第で、「自分の部屋にいる」とは思えないほど解放的な居心地にさせてくれる「Depot」。

自分好みにアレンジして、新しい発見や出会いに溢れたライフスタイルにしてみませんか?「Depot」なら、きっとそんな毎日が実感できますよ。

→詳しくはコチラ

シンプルな中に自分らしい発見を。「Plain」

styling:Rigna

一見、シンプル&ミニマルな空間に見える「Plain(プレーン)」シリーズ。なにより、壁のカラーリングがアクセントとして目をひきます。

ナチュラル&カジュアルで人気の「グリーン」や、スマートで都会的な印象の「ブルー」、ポップでマニッシュな雰囲気が漂う「イエロー」など、壁のカラーリング次第で自分のライフスタイルやファッション、アイデアも刺激を受けそうです。

とはいえ、壁のアクセントカラー以外は、あたたかみのある無垢材の床材やコンクリートの質感を残したあらわしで、素敵な北欧スタイルを演出。

ヨーロッパに留学しているような気分を味わえるかも?

シンプルなリノベ空間のなかで「自分らしさ」を見つけるのが楽しいから、まさにPlain。

適度に余白があるライフスタイルに身を置くことで、新しいマインドや価値観が広がりそうでワクワクします。

あなたなら、どの色にする?

→詳しくはコチラ

 

REISMと一緒に
東京を住みこなそう

REISMのホームページをチェックしていると「あぁ素敵だな」「こんなオシャレなところに住んでみたいな」というリノベ物件がたくさん見つかります。

でも大切なのは、あなたが「住みこなす」こと。

70%仕上がっている空間に、どんな「自分らしい30%」を取り入れ、楽しめるか。それがきっと、リノベーションというカルチャーに愛着を持って、ロングライフな視点で部屋探しに向き合うポイントになると思うんです。

なんと言ったって、毎日暮らす空間ですから。ちゃんと自分のライフスタイルや価値観に合う部屋を選びたいですよね。

 

—— 世界各国をモチーフにしている、REISMのリノベーションシリーズ。あなたが、住みこなしたいのはどんな部屋?

→全ラインナップを知りたい!

インテリアスタイリスト:遠藤慎也
フォトグラファー:八幡宏

 

【こちらの記事もチェック】