女性1500人に聞いた、「性生活の満足度」。いちばん満たされている世代は......?

イギリスの女性総合誌「Red」のオンライン版で紹介された、「性生活の満足度」についての記事をご紹介。

読者層はちょっとお高めの同誌。という前提で聞いていただきたいのだが、性に関するウェルネスアプリ「Lover」が、パートナーのいる女性1500人(18歳〜64歳)を対象に実施した調査によると、性生活に最も満足している女性の年齢層は、45〜54歳であることが判明。ちなみに、18〜24歳世代が次位。

どう、意外?

人生にも性生活にも円熟味が出てくる年代、ということは察しがつくが……彼らのセックスライフを満たす要因はなんだと思う?

曰く、落ち着きだったり、お互いのカラダについて熟知しているからこその安心感だったり、(たぶんテクニックに裏打ちされた)快楽のツボを心得ているからだそう。

なるほど……。

この結果を受けて、「Lover」創設者の女医Britney Blairはこう提言する。「より良いセックスのために必要な要素。それはまず、自分の体を知ることです」。セルフプレジャーで自分の“気持ちいい”を正しく理解し、それをパートナーとの行為においてもきちんと伝えられることができば、おのずと快楽の扉は開く。

これには納得、では?

ちなみに、エクスタシーに必要だと思うことを尋ねた「Lover」。1500人から挙がった答えは「自信」「シチュエーション」「前戯」「安心感」。

若い世代ほど「前戯」を重んじるのに対し、「精神的なつながり」を重要視したのは35〜44歳の女性たち。世代によって求めるものが変わっていくのも興味深いが、今回の結果を見るに、セルフであれふたりであれ「己を知る」ことが、より満足度の高い性生活への第一歩、なんて言えなくもないかも。

Top image: © iStock.com/fizkes
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事