勝ちたければ、ギャンブルするな―プロギャンブラーのぶき

「ギャンブラー」とGoogleで検索すれば、上位をほぼ独占する日本人がいる。カジノ勝負で生計を立てながら世界各地を飛び回る、誰もが憧れてしまうようなワイルドな旅人。「プロギャンブラーはギャンブルしない」と断言する彼の目に世界はどのように写るのだろうか?

001.
『Playing Black Jack As a Business』

th_shutterstock_145026418

athlete_head_q ギャンブラーになろうと思ったきっかけは何ですか?

Answer

現役で大卒し入社した仲間がブラック企業に潰された。「会社って、当たり外れがある。けど入社しないと分からない」。ならば、僕は起業しよう。学友が就活しているなか、バイトを最大4つ掛け持つ。卒業の翌年で独立資金1000万円が貯まりました。

「起業したら経営が軌道に乗るまで3〜5年はかかる」と学んでいました。ならば「3~5年休みたくない仕事を選べば」起業は成功しやすくなる。僕がいつも書き貯めているメモには、やりたい仕事の候補が100個くらいあったのですが、どれも正月は休みたい。

大学卒業後、ビジネスチャンスを探しにアメリカを周遊し、タイトル買いした本がありました。『Playing Black Jack As a Business』。ギャンブルはむしろ嫌いだったけど、ラスベガスで「賢いならお金を稼げるよ」と教わった。

ギャンブルは確率と統計なはず。数学なら欧米相手に勝負できる。プロギャンブラーとして世界中を旅できれば、休みが欲しいとは感じない。【これなら本気になれる!】と思い、自分でもありえない選択し【プロギャンブラー】を目指し始めました。

002. 来月どこで何をしているかが分からない「ギャンブル旅」

th_shutterstock_112151279

athlete_head_q

ギャンブルで稼ぎながら世界を周る、という現在のスタイルに至った経緯を伺わせてください。

Answer

プロを目指したとはいえ、本当にプロが居るのか分からぬまま、がむしゃらに毎日10時間は勉強し修練しました。2年かかってようやく勝てるスキルまで到達したので、勝負し始めたら、勝ち続けて追い出されました。

ブラックジャックとは、カジノと戦うトランプゲーム。数学的にずっと勝ち続ける人はカジノにとって不利益なので、追い出されちゃうのです。これがプロの証でもあるんです。

初めて追い出されたのは、アメリカのニューオーリンズ近郊にあるカジノ。それからは次の狙いのカジノに行っては、勝って追い出される繰り返し。そうすると毎年勝てるカジノである職場が減っていきます。

2年後、ブラックジャックを辞めてポーカーへ転職を試みました。ポーカーは対人ゲームなので、カジノから追い出されない。洋書の専門書で半年ほど勉強してからいざ勝負へ。初日からポーカーで稼げるようになれました。

ブラックジャックだと各カジノでルールが異なり、アメリカでしか勝てなかった。それに対しポーカーは、世界中で流行っている上に、ルールが世界共通。だからポーカーのプロは世界中どこへ行っても稼げる。

昔から世界視野が欲しかったし、世界で住みたい国を探したかった。なので、勝負で勝ったお金で旅し続けるのは、世界最高峰に楽しすぎる! なぜみんなは「こんな最高な旅できる仕事を選ばないのか、意味がわからないです(笑)」。

僕は観光ビザにて入国するので、国を転々とせざるを得ない。勝てる波が来るか来ないかで、稼げる金額は全然違うので「来月どこで何をしているかが常に一切不明」です。こっちが聞きたいくらい(笑)。

003. ギャンブルするからこそわかる、その国の真の姿

DSCN7713

athlete_head_q

ギャンブルしながら旅するからこそ、わかったことは何でしょうか?

Answer

ギャンブルしているときって、誰もが自分自身をさらけだします。相手がポーカーフェイスしていようが、プロは多くを読み抜けます。プレイや振る舞いからさらけ出された性格を読み取ることで、その国ごとの国民性が手に取るようにわかります。特に僕がやるポーカーは、相手の人格や思考レベル、考え方、性格などすべてを読み抜きますから。

また、カジノという共通のツールを使うことで、同じフィルターを通して世界を比較できます。世界各国ですることがバラバラだと、把握することが難しい。

ほとんどのカジノって、地元民に溶け込んでいるのです。観光地にあるわけではない。カジノを探し歩くだけで、日本人が通ったこともないオリジナルな旅になる。

例えばスロベニアとイタリアの国境にあるゴリラって街のカジノタウンとか、ガイドブックに町名すら載っていない旅先。たどり着くことすら、スリリング。そして、勝負しながら地元ギャンブラーと会話できる。

例えば、ヨーロッパのオーストリアのギャンブラーは勝負中の悪運にキレて、カードを破り出したのです。とんでもないマナー違反。カジノ内にはハエもいました。オーストリアはとてもいい国だけど、こういう一面もあるのだなって。

それに対して、オセアニアのオーストラリアの主要都市・シドニーやメルボルンの夏は、町中にハエが飛んでいるのに、カジノはものすごく清潔だなとか。

004. 旅とは『決められた時間を賭け、何を感じられるか?』

全画面キャプチャ 20141220 201812

athlete_head_q

旅とギャンブルの共通点は何でしょうか?

Answer

どちらも、お金と時間を賭けて、自分の目標を達成してくところです。先に必要な情報収集して、なにが得られそうかをイメージし、プラニングしていく。現地では行動力をフル活用し、臨機応変に瞬時選択して、目標達成率をあげてく。そして運というファクターも結果に反映してくるところも共通です。

旅の目標も「自分はなにを感じたいのか?」きっちり見据えてから旅することをお勧めします。目標なき勝負は、ポジティブ思考の人なら勝っても負けても「良かったよ」と自分へ言い聞かせて終える。それは単に自己肯定です。

プロギャンブラーの勝ち方とは、いま生じている事象を瞬時に数値で捕えていきます。勝率、賭け金、敵の思考回路と視点、軍資金とのバランスなど。

直感が来ても、『きっちり理論付けできる直感なのか?』を裏付けしていく。そして同じことを10回やったら一番利益性の出る最善策を導き出す。勝負に勝ちたければ、ギャンブルするな。つまり、プロギャンブラーはギャンブルしないです。

旅も同様です。僕は『地球の歩き方』をくまなく読んで、旅先の全体像を下調べします。「なにがそこにあるのか?」の情報を仕入れず、見たいシーンを素通りしたり、ありがちな詐欺や強盗にあったりしても、それは勉強不足で自分のミス。情報収集することで、自分のしたい旅の勝率を積み上げていくのです。

特にリスク管理が大切です。プロギャンブラーは運が悪いほうの部分をミニマム化し、勝率の低いとこを削ってくことで、最低勝率を底上げしてく。

旅はお遊びじゃない。『決められた時間と言う命を賭けて、何を感じれるか?』そんな自分との真剣勝負です。旅先での貴重な時間を真剣に費やしてく。こころで、身体で、全身全霊で旅先を感じるんです。

そこまでキッチリと旅のプラニングしても、旅にトラブルは付き物。不確定要素に満ち溢れています。毎日どころか、一歩一歩がドキドキワクワク。そして、リスク管理した情報があるから、危険ギリギリのところまで旅先を感じられるんです。ブラジルのリオに深夜到着してオールで遊んだり、移動中に終電が終わったから駅で寝たり。そういう情報判断がオリジナルな深い旅を生む。

愛する旅をし続けるためには、安全というリターンを追及しています。帰ってこそ旅。だからこそ、危ない目に遭ったことがない。その結果、15年間も旅し続けてしまったんです。(笑)

005. 『ハッピー思考』それが人生の勝ち

th_shutterstock_216122221

athlete_head_q


世界のカジノに行っていて、感じることは何ですか?

Answer

海外の人たちは楽しむ思考回路を持っています。 ラスベガスのカジノに行ったら、叫び声が毎日のように聞こえてくる。「I got money!! I got money!! I got money!!」

すぐに人だかりができて、みんなで「How much?」って聞くんです。すると、振り向きざまにドヤ顔で 「20 dollar」。

はっ!! たった2000円?それでこんな大騒ぎ??(笑)。その人は、それまでに5万円負けているかもしれない。それなのに、30円で2000円だけ勝ったその瞬間のみへスポットを集中して大喜びする。日本人って細かすぎるんです。100円単位で勝ち負けを把握してる。

そうじゃない。まずは楽しむこと。それが人生の勝ちです。過去のイマイチな負け分など忘れ、小さなハッピーを大きなハッピーへしていく。ハッピーの拡大解釈。僕の命名ですけど、ポジティブ思考をはるかに超え行く思考スタイル 「ハッピー思考」。

日本人はもっと海外に出て、たった2000円勝っただけでも喜びを爆発させられる姿を見て学ぶべきです。そして、見たあとはそのハッピー思考を自分へ採り入れていく。ハッピーのカケラをおおげさに演じ続けてください。そしたら日本ってすごく楽しくていい国になります。

世界を15年も周り続け、住みたい国を探した旅バカが保証します。 「日本は最高な国だよ」と。「それはあなたのこころの持ち方しだいで感じられるよ」と。

【動画】TED風ギャンブラーのぶき【世界から学ぶ幸せのヒント@旅のから騒ぎ【Facebook】プロギャンブラーのぶきさんのfacebookフォローはこちらから!【著書】「勝率9割の選択」
プロギャンブラーのぶき/ProGambler Nobuki

15年間旅し続け、地球規模で6周、世界82ヶ国をさすらう。全荷物はバックパックひとつ。旅の資金繰りはすべて旅先でのカジノ勝負。カジノから追い出され続け、ブラックリストに載る。自己ベストの年間勝率9割は、ギャンブル界で「神の領域」と称されている。2014年には著書『勝率9割の選択』が重版され好評発売中。2015年6月は幻冬舎から旅本を出版予定。

バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
オランダを中心に展開するポップアップカジノ「The Black Box Bellagio」。無料で遊べるワケは、お金の代わりにあなたのプライバシーを使えるから。
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
コーヒー、紅茶、緑茶を“ショットグラス”で楽しむ。 世界初のオーガニックカフェインチャージバーcaffeineholic〒103-0002 東京都中央区日...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
挑戦の数だけ、成功があります。偉人と呼ばれる人たちは、この「挑戦」を誰よりも多くしてきた人です。彼らは、どうして挑戦し続けることができたのでしょう?経営コ...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
エシカルジュエリーの日本での第一人者である白木夏子さん。中南米などの鉱山から素材を自ら調達するという行動力、そしてジュエリービジネスを通じて途上国鉱山での...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
ここ、どーこだ。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...