世界で通用する「馬鹿」になるために、大切なコト

keisuke_matsushima_profile松嶋 啓介 シェフ20歳で渡仏。25歳の誕生日にニースに自身の店「Restaurant Kei's Passion」(現「KEISUKE MATSUSHIMA」)をオープン。3年後には、外国人シェフ最年少でミシュラン一つ星を獲得。その後、渋谷区にオープンした「Restaurant-I」(現「KEISUKE MATSUSHIMA」)でも一つ星を獲得する。2010年にはフランス政府より、日本人シェフとして初の「フランス芸術文化勲章」を授与される。

僕は20歳で日本を飛び出し、25歳には現在の店をオープンさせ、その3年後にはミシュランから外国人シェフとしては最年少で1つ星をいただいた。
20代そこそこの無名シェフが短時間で、しかもフランスという異国で評価を得ることができたのは、きっと数々の失敗を重ねながらも、ただ一心不乱に、愚直に挑戦し続けたからだと思っている。
これを「馬鹿」と言わずして、何と言うべきか。この馬鹿の能力を、僕なりにもっと肯定してみたい―ーそんな思いから、僕は雑誌連載やイベントというかたちでトークセッション「馬鹿塾」を発信してきた。
ここで紹介するのは、そんな「馬鹿塾の五訓」だ。

「馬鹿塾の五訓」

その一.
ひとり世界に立ち向かえる馬鹿者たれ。

shutterstock_112946107

「ひとりで世界に立ち向かう」なんて、言葉だけ拾えば完全に馬鹿。でも、日本を一歩出たら、そんなこと言ってられないでしょう? 僕自身も経験したことだけれど、日本人が自分以外にいない場面では、自分が日本代表となる。世界に立ち向かわざる得なくなる。
それは大変なことでもあるんだけど、その馬鹿な自意識を持てればしめたもの。「日本ってどうなる?」なんて海外の人から聞かれるたびに、自国を俯瞰してみることができるし、それが癖になってくる。「俺って意外と日本のこと知らないな」と感じたり、「日本ってこんなにいいところがあったんだ!」という気づきをを得られたり。
これは学生でもビジネスマンでも同じ。世界に飛びなすなら、馬鹿になれ! そのほうが楽しいし、新たな発見があるはずだ。

その二.
無謀な挑戦を自ら買って出る馬鹿者たれ

shutterstock_32906959

この訓戒の真意は「他人の声なんて気にするな」ということ。“無謀な挑戦”なんていうのは、あくまで他人が決めることであって、当事者からみれば、それは単なる“挑戦”でしかない。
挫折や失敗を恐れずに突っ走る人って、一見無謀に見えるけれど、その裏にちゃんと自信がある。その自信には、ちゃんと裏付けあるんだけど、他人には見えないだけ。
僕が出会ってきた多くの馬鹿者たちは、みんなそういった自信があった。傍からみると、めちゃくちゃなことをしているように見えて、本人たちは「自分ならやれる」という確信を持っている人ばかりだった。
僕自身、海外に出た時に無謀だとか言われた。でも、ゴールは見えているから、なにも怖くなかった。怖がらない馬鹿は、無謀なんじゃなくて、ちゃんと強い意思を持っているのだ。

その三.
どんな相手でも酒を酌み交わす馬鹿者たれ。

shutterstock_140611189

自分だけの常識で生きていても、せいぜい知れている。それよりも他人の文化や言語に合わせてみることが大事だ。自分のフィールドではない場所に飛び込むことで、視野も思考も広がる。
なにも大袈裟なことじゃない。酒を酌み交わすだけでいい。そもそも一緒に酒を飲むっていうのは、底辺の話ができるっていうことに他ならない。失敗談もするだろうし、間抜けな発言もあるだろう。自分の殻を破って他人とコミュニケーションが取れるわけだ。
異なる常識や異文化に触れて、視座を上げるーーなんだか難しいことに感じるかもしれないが、とても簡単なのだ。

その四.
常に新しい物事を妄想する馬鹿者たれ。

shutterstock_196378313

妄想という言葉には、ネガティブなイメージがつきまとう。でも、そうかな? 妄想するっていうことは、発想力を持って常におもしろいことを探している証拠じゃないかな?
妄想する力があれば、好奇心が湧いてくるし、いろいろなチャレンジができる。すると、自然と出会いが多くなり、また好奇心が湧いてくる。そんな良い循環が生まれる。
実際、僕がそうだ。僕は自分の職業とまったく関係ないコミュニティの友人が多い。彼らから日々、新しい栄養をもらって、生きている。
じつは生きるっていうことは、そういうことじゃないかって思う。決められた枠の中で生きるんじゃなくて、妄想を武器にどんどん外に出ていくことが、生きる楽しみなんじゃないかな。

その五.
根拠のない自信を貫ける馬鹿者たれ。

shutterstock_152853110

例えば、ベンチャー企業のトップなんていうのは、こういった馬鹿者が多いように思う。根拠なんてなくても、自信に満ち溢れているタイプ。
でも、彼らはちゃんと裏で勉強をしているし、なによりも修正能力が高い。とりあえずやってみて、駄目だって気づいた瞬間に軌道修正ができる。ちゃんと思いとか目標とかがあって、その上で行動している。ゴールが見えているから、ただの自信過剰じゃないんだ。その過程での擦り傷なんて、馬鹿者は気にしない。たとえ骨折しても、そのまま歩き出す。
最初から、完全な計画なんて立てられるわけがない。ビジネスでもなんでも、自分の物差しではかれないからこそ、馬鹿者になって、走りながら考えればいいんだ。

 

海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
「海外勤務」に憧れている人が、その夢を実現させるためには、一体どんな力が必要なのでしょうか。まず最初に思いつくのが「語学力」だと思いますが、それよりももっ...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
世界に通用する人材になるためのワークショップを開講している布留川勝さんの著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と...
世界を相手にビジネスで渡りあっていくためには、グローバルな人材でなければいけない。それには「5つのツール」が必要と説くのは、布留川勝さん。近著『パーソナル...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
世界に通用する真のビジネスマンを目指しかつ若者のグローバル志向の底上げをミッションに「サムライバックパッカープロジェクト」を掲げ、世界中を渡り歩いた太田英...
01出る杭が打たれるのは、日本だけ!世界では通用しない日本人の常識。それを語る際、まずこれは言っておきたい。よく「諸外国に比べて、日本は出る杭は打たれる風...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?前回はミシュラン三ツ星レストランを題材にして...
次の仕事が見つかるまでは、今の仕事をやめちゃいけない──。そんな世間の常識(?)を無視して退職し旅に出た、エイプリル・バークさん夫婦。彼らは、訪れた11ヶ...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
「犬が左膝の匂いを嗅ぐ」「血豆ができる」「ニシンの骨を折る」。世界には、「幸せを招くしるし」がたくさんあります。日々の暮らしに息づいている、気づくと嬉しい...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
完全予約制で、入手困難なカヌレがある。そんな噂と共に『富士山カヌレ』の存在を知ったのは、SNSの中だった。東京きっての美食家たちが賞賛し、聞けばオープンわ...