自撮りがiPhoneの10倍キレイに! 旅行に「デジカメ」を持っていくべき5つのワケ

日常の自撮りでは満足できるスマホ写真も、旅行先の風景と一緒に、となると話は別。画質の良さでは、やはりスマホよりもデジカメに軍配が上がります。一方で、デジカメにはその場でSNSにアップできないという弱点も。

そんなスマホvsデジカメという戦いに終止符を打つ、新たなカメラがCASIOの「EXILIM(エクシリム) ZR1600」。別に旅行用ってワケじゃないんですが、とにかく旅先で重宝する機能が盛り沢山なんです。

EXILIM ZR1600CASIOのデジタルカメラ「EXILIM」の新モデル。本体カラーはシルバー、ブルー、オレンジの3色。オープン価格

01.
画質の良さは、
ナントiPhoneの約10倍!

casio_06

最近のスマホは、かなり画質がイイ!  iPhone6を例に挙げるなら、画素数は800万画素となっています。が、これは背面カメラを使用した場合。自撮りに使用する前面カメラでは120万画素。当然、画質はかなり落ちてしまいます。
EXILIM ZR1600の有効画素数は、1610万画素。スマホよりキレイな写真が撮れるのは当然として、その差は、背面カメラで約2倍、前面カメラで約10倍!

02.
撮ったら「もう送れてる!」
写真をスマホへ自動送信
SNSですぐにシェアできる!!

casio_04撮影した写真を、自動でスマホへ転送! EXILIM ZR1600が持つ機能のなかでも、特徴的なのがこの「エクシリム オートトランスファー」という機能です。これまでにもWiFiに対応した機種はあったけれど、面倒な操作することなく、自動というのがうれしいですね。この機能があれば、旅先で撮影した高画質な写真を、その場でスマホでチェックしたり、SNSでシェアすることができちゃいます。

専用アプリの「EXILIM Connect」をスマホにインストールするのも忘れずに!

03.
誰もが自然な「肌美人」に!
なめらかな質感にこだわり

casio_08メイクアップモードを使用せずにとった左よりも、使用した右の写真のほうが肌が美しく、なめらかになっていることがわかります。

「キレイに撮れる」とひと言でいっても、そのベクトルは様々。EXILIM ZR1600は? もちろん、上で紹介した通りさまざまなシチュエーションでその力を発揮してくれますが、なんでもキレイに撮れるんですが、とくにこだわっているのが“肌の質感”。
メイクアップモードでは、肌の色&なめらかさが演出可能です。しかも、それぞれ12段階で調節できるから、のっぺりした不自然な質感じゃなくて、自然に美しい肌に! 自撮りにこだわる人にとってはうれしい機能ですよね〜。

04.
自撮りも、集合写真も
ラクラク撮影!

「撮りやすさ」もEXILIM ZR1600の魅力のひとつ。とくに自撮りに関しては、180度開くチルト液晶&フロントシャッターで、撮りやすさは抜群です。
加えて、友だちや家族との集合写真の撮影に役立つ、モーションシャッターという機能も搭載。こちらはカメラに向かって手を振るだけで、その動きをセンサーが感知してタイマーが作動。離れた場所からでもシャッターを操作できるスグレモノなんです。

05.
日常でもめちゃくちゃ重要!
夜景や逆光にも強い

casio_03

さらに、特筆すべきは「プレミアムオート PRO」という機能。夜景や逆光、ズームといったシーンを自動判定して、設定と画像処理をカメラが勝手に行ってくれます。
この機能、旅先はもちろんのこと、日常でもかなり重宝しそうです。

最後に・・・
EXILIM ZR1600って、
普段使いでも最強なんです!

ここまで「旅先で使えるデジカメ」として紹介してきましたが、あらためてEXILIM ZR1600は旅専用のカメラじゃありません。
画質が良くて、自撮りの際に肌がキレイに写って、夜景や逆光でもバッチリ撮れて、その上、写真が自動でスマホに送られて、SNSにアップできる・・・コレって普段使いでもめちゃくちゃ活躍してくれそうですよね♪

btn_casio02_150318

Sponsored by CASIO

自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
 ずっと会いたかった女性に会えました。マキエマキさん。ちょっと(ううん、かなり?)ハードな自撮りをInstagramに投稿している50歳の女性です。その写...
男性が女性をナンパをしているところを見かけることがあります。そんな状況にうんざりしたNoa Jansmaさんは、自撮りを通して、世の男性にあることを訴える...